こんにちは。


普段使っている言葉で、何故そのように言うのか、名前の由来が面白い単語、分からない単語ってありますよね。
皆さんも絶対に見たことがある石材『ピンコロ石』。
可愛い名前なんですが、何でピンコロ??

そんなピンコロ石で小さな花壇を造りました。

綺麗な立方体ではなく、不定形なところが味が出ます。

↑常緑ヤマボウシ(月光)とホワイトセージ

↑施工前は芝生のお庭でした。

↑ラフに配置して、お客様ともイメージやバランスを共有します。

↑施工部分の芝を剥いで、土を掘りならします。

↑基礎に砕石を敷き、モルタルで積んでいきます。

↑雨が降らない事を祈りながら、積んでいきます。


↑モルタルは乾くと汚れが目立つので、タワシやスポンジで洗い流します。

↑完成です。

砂利と芝生の境界線は、既存のピンコロ石での仕切りです。今回は、そのデザインと連続性を持たせるため、サビ色のピンコロ石を選びました。

これから少しずつ植物を植えて楽しんでいって下さいね!


耕太郎でした。



弊社では、お庭のデザイン設計や植栽の他にも、お庭の定期メンテナンスも承っております。

【お問い合わせ】
Mail= staff@kohno-shizenen.com
電話= 070-5547-2379(担当:田代耕太郎)
 
株式会社河野自然園
 
↓たにまるを「ぽちっ」と押していただけますと、更新の励みになります♪
ガーデニングへ
にほんブログ村

こんにちは。


何故か、昨夜から『恋に落ちて(小林明子)』が頭から離れない耕太郎です。

今の子達は『ダイヤル回して手を止めた』と言っても意味が分からないのかもしれませんね〜。


今月のアグリス成城趣味のコンテナ&ハンギング講座』は、梅雨に負けないお花いっぱいハンギング(スリットバスケット)です☆


ご予定があり、レギュラーメンバーにお休みがありましたが、その代わりに新メンバーが2名もご参加下さりました!

有難うございます!!


↑ピンク&ホワイトでまとめた可愛いらしい作品。




↑ピンクをベースにしながら、銅葉のベゴニアが引き締め役になっている作品。


↑イエロー&ホワイトでまとめた爽やかな作品。

新メンバーのお二人は、ハンギング(スリットバスケット)を作られるのは全くの初めてでしたが、とても丁寧に植え込みをされ、上手に仕上げることができましたよ!
花苗は予め私がセッティングしておりますので、初心者の方でもどなたでも楽しく素敵な作品を作ることができます。
植え方や細かな苗の向き、デザインの考え方など、たくさんお伝えします。
喋りすぎて覚えきれないと思いますが。(笑)

アグリス成城では

 「趣味のコンテナ&ハンギング <組み合わせのセンスと植え込みのテクニックを学ぶ>」

をテーマに通常は毎月第3木曜日、14:00~16:00に講座を開催しております。 

1回のみの受講も可能です。

様々な植物の中からお好きなものを選んで植えられますので、選ぶ楽しさを感じていただけます。


癒されながら、楽しくハンギングバスケットや寄せ植えを作りませんか?


>>アグリス成城講座について

 

ご興味を持たれた方は、こちらよりお申込みくださいませ♪

>>アグリス成城講座のお申し込みはこちらから



弊社の農園ハウスでも講座を開催しています。


 
↓たにまるを「ぽちっ」と押していただけますと、更新の励みになります♪
にほんブログ村 花・園芸ブログへ
にほんブログ村

こんにちは。

もう梅雨入りですかね!


雨に降られながら一人現場作業していると、

『はじまりはいつも雨(ASKA)』を口ずさんでいる耕太郎です。

もう30年も前の曲なんですね!


横浜市西区のY邸にて、マンションバルコニーのコンテナ植栽のメンテナンスへ。

最初に施工させて頂いてから、2年くらい経ったかな。

樹木剪定と下草の植え替えを行いました。



伸びた枝が暴れているのがお好きな施主様なので、活かせる植物は残しつつ。

新しい植物がこれから成長し、モサッとなるとベストです。

↑アカシアブルーブッシュの足元は、ミメテスクラッカージャックレッドを主役にして。
↑ユーフォルビアミルシニテスとオレガノケントビューティーの絡み。
↑ハゴロモジャスミンミルキーウェイの蕾

咲かないでこのままでも良いなーと思ってしまう。



弊社では、お庭のデザイン設計や植栽の他にも、お庭の定期メンテナンスも承っております。

【お問い合わせ】
Mail= staff@kohno-shizenen.com
電話= 070-5547-2379(担当:田代耕太郎)
 
株式会社河野自然園
 
↓たにまるを「ぽちっ」と押していただけますと、更新の励みになります♪
ガーデニングへ
にほんブログ村