人間関係からの立ち直り場『言流』 心と数秘術鑑定の部屋

人間関係からの立ち直り場『言流』 心と数秘術鑑定の部屋

東北の自然あふれる山形で、幸せのために心理カウンセラー・数秘術鑑定士として活躍しています。知識のおすそ分けと変化への実行に繋がるお話を、少なからず皆様へ♪

成功することを良しとし、失敗することを悪とする。

 

 

価値を結果から決めつけてしまう悲しい生き方があります。

 

 

誰も悪いと思っていないのに、人が気にしないところを大きく取り上げ、自分が重罪人のように思いこんでしまします。

 

 

成功した時は、凄く嬉しい。

 

 

失敗した時は、地獄。

 

 

そんな生き方を強いられてしまいます。

 

 

根本には、親の教育があり、親から命令されるように育てられます。

 

 

すると、良し悪しのみで決めつけ、結果を見ることを覚えないでしまいます。

 

 

目標を立てたとしても、大きすぎてすぐに挫折し、小分けにどうすればいいのか考えることができないので、せっかく計画したことが達成できずに、自分を苦しめてしまいます。

 

 

何度やっても同じ結果です。

 

 

ずっと続けば、何をやってもすぐにやめる感情に振り回される人に変わってしまいます。

 

 

たった一つの成功体験でも、過程を良しとできる世界を味わうことが出来れば、全く変わり、「悪い」という考え方が、過程の中の良い部分へ目が届きやすくなります。

 

 

まずは、細かい小分けから。

 

 

いきなり大きなことを全てやろうとせず、

 

 

小さなことから終わらせましょう。

 

 

 

 

 

 

 

諦める心理状態を生み出す原因を知っているでしょうか?

 

 

ドーパミンの分泌、セロトニンの不足などの脳内物質が目につくと思います。

 

 

脳内物質はあくまでも、原因を身体の働きから見ているものであって、ドーパミンが低下した原因を突き止めようとまでしませんし、人の心は体の機能で測ることが出来ることを前提に研究されます。

 

 

しかし、脳内物質は環境や出来事に反応したものですので、神話のような完全性をありません。

 

 

本当の原因は、心の中にあります。

 

 

諦め癖の大きな原因は、小さい時に親から何かを成し遂げることを止められたことがあります。

 

 

例えば、小学校のときに夏休み課題で図工の作品を作っているとき。

 

 

豚の貯金箱を作っていたのに、途中で親が乱入して、「あーでもない、こーでもない」と批判し、子供の成果を自分の思い描いた成果に合わせようとします。

子供は、完成させたとしても、親から「遅い」「もっとこうすればいい作品になっただろう」「俺がやったら。。。」と批判されたとき、自分の評価してくれる人から否定されたと思い、作品を完成させた達成感は全てマイナスに切り替わり、「つまらない」「やりたくない」ことへ頭の中に刻み込まれます。

 

 

何度も続けば、自発性がなくなってしまいます。

 

 

よく言われるのが学習性無気力です。

 

以下、Wikipediaの引用です。

 

心理学者のマーティン・セリグマンが、1960年代にリチャード・ソロモンの元で学生生活をしていた時期に思いつき、それ以来10年間近くの研究をもとに発表した。抵抗や回避の困難なストレスと抑圧の下に置かれた犬は、その状況から「何をしても意味がない」ということを学習し、逃れようとする努力すら行わなくなるというものである。

学習性無力感は、1967年にセリグマンとマイヤーが犬に対して条件付けを用いて行った研究[7]によって提唱された。また別の1967年の論文の、実験の内容は以下である。

犬を以下の3つの群に分け、オペラント条件づけに従って、電撃回避学習を課した。

  • 頭部を動かすと電撃を停止できる群。
  • 第一統制群:パートナーが受ける電撃を同様に受ける。
  • 第二統制群:電撃を受けない。

第一統制群の、自分では電撃を停止できない犬は、回避行動をとらず、電撃を受け続けた。こうした実験によって非随伴的な刺激が与えられる環境によって、何をやっても無駄だ、統制不能だという認知を形成した場合に、学習に基づく無力感が生じるとし、学習性無力感が提唱されたのである。

続いて、サカナ、ネズミ、ネコ、サル、ヒトでも、適応的な反応を起こさなくすることが、実験にて観察され、その学習性無力感の症状が、うつ病の症状に類似しているとされた。

 

引用終了

 

 

親が子供を否定し続けていくだけの教育を行ったときは、子供は「何をしても失敗する、意味がない」と学習し、諦めの習慣を得てしまいます。

社会に出た場合は、仕事を覚えようとしても覚えることを諦め、自分を責め立てて自殺未遂に追い込んでいったりします。

 

 

親による子供の成功批判が、間接的に子供を殺す要因に変わります。

 

 

一般的に諦め癖を治すためには、細分化すれば達成する目星がつきやすくなり、ポジティブに考えやすくなると考えられています。

 

 

これは通用する場合もあるという話です。

 

 

多くの場合は、褒められたことがないので、自己肯定感が極端に低下しています。

 

 

自分から行動したことを自己評価しただけでは、気持ちが達成感を覚えにくいため、第三者の肯定的な言葉が必要です。

 

 

この時は、自分の身の回りの友達や親以外の人が重要になってきます。

 

 

身の回りの人や親しい人は、自分と同じ気質を持っている人がほとんどで、環境が全く変わらず、成長や変化を期待しにくいです。

 

 

全く別の第三者が必要になるので、心の専門家の訓練を受けることが最短距離になります。

 

 

諦め癖は、人生を棒に振る恐ろしい癖です。

 

 

是非とも、真剣に向き合い、人生を乗り越える力をつけて頂きたいです。

 

 

 

読んでくださってありがとうございますウインク

 

 

本日も皆様に良い一日をハート

 

 

 

ランキングやってます。ポチってくれたら、嬉しいです爆  笑

      

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ    
にほんブログ村   自分磨きランキング

 

 

山形の数秘術・心理カウンセリングルーム『広原のうさぎ』

心の窓を開く、数秘術・カウンセリングへ

先延ばしにする癖を持っている人は世の中に多いのではないでしょうか?

 

 

すぐやる。

 

 

思い立ったら即行動。

 

 

考えるより手を動かす。

 

 

行動することが億劫で、人生をダラダラ生きてしまう人には、よくあることであり、悩みにもなってしまいます。

 

 

いざ、気持ちの切り替えをしないから悪いんだとか言われていても、どうやって気持ちを切り替えるのかなんてわからないです。

 

 

先延ばし癖は人生において、大きなリスクを伴います。

 

 

早死にするリスク

 

失業のリスク

 

破産のリスク

 

出世のチャンスを失うリスク

 

人間関係が悪化するリスク

 

 

先延ばしの特徴や原因はどのようなものなのでしょうか?

 

 

カルガリー大学のピアース・スティール教授は、この先延ばし癖を衝動性が関係しているとの研究結果を出しました。

 

 

一般的には、不安だから動けないとされていますが、衝動性の低い人は不安が行動の要因になります。逆に、衝動性の高い人は、不安を感じると行動を中止します。

スティール教授によると、衝動性の高い人は、強い感情の対応策で、別の行動をしたがると考えています。

 

一方、シェフィールド大学のフューシャ・サーワ教授の見つけたものは、先延ばし癖がうつ病や不安症、身体の病気に与える影響で、病気を治すための生活習慣が身につかずに、健康被害を及ぼし、自分を責めることで病気を忘れようとする行動をする傾向があることでした。

 

 

 

リスクの多い先延ばしですが、改善する方法もあります。

 

1 リスクを考え、行動を選択すること

極端な例であれば、「好きなものを先に終わらせるのか、嫌いなものを先に終わらせるか」の選択をとることです。

 

 

2 「自分には出来る!」などの自分を奮い立たせるポジティブなひとりごと

不安要因が少し和らぐため、不安回避の衝動的行動を抑えます。

 

 

3 細かく区切り「やること」を明確にすること

「本を金曜日に読む」という目標設定を

「金曜日の夜21時から30分本を読む」という具合に目標を明確にします。細かくすることで、目標を実行する際のひとつひとつの行動の難易度が低下します。

 

 

4 やることを写真やイラストで見えるようにする

視覚刺激が与えられるようになり、自分の行動の優先順位を把握しやすくなります。

 

 

先延ばしを回避する手段は、如何に自分の思考が衝動性に邪魔されずに、優先順位を冷静に判断できるかになります。

脳の癖を改善することが、先延ばしを治す方法です。

また、先延ばしを行わせている原因には、不安感情を抱かせる思考パターンがあることも隠せない事実になっています。

精神の未発達が原因になっているとも言えます。

 

 

精神の未発達は、同じ行動を繰り返させる要因になります。

 

 

カウンセリングや認知行動療法などの手段を取り入れると、不安から解き放たれやすい自分へ変われ、自然と先延ばししない自分になります。

 

 

先延ばしの本当の原因に目を向けてみませんか?

 

 

 

読んでくださってありがとうございますウインク

 

 

本日も皆様に良い一日をハート

 

 

 

ランキングやってます。ポチってくれたら、嬉しいです爆  笑

      

にほんブログ村 ライフスタイルブログ なりたい自分へ    
にほんブログ村   自分磨きランキング

 

 

山形の数秘術・心理カウンセリングルーム『広原のうさぎ』

心の窓を開く、数秘術・カウンセリングへ