こんにちは。
理学療法士の佐々木です。

新型コロナウィルス感染症が長引いているためか、最近では「痛いから病院に来た」ではなくて、「力が入らない」とか「体力が落ちた」ことを心配して来院される患者さんが以前より増えたように感じます。

 

体力の低下や活動量の低下は実は結構怖くて、最近の研究では、

・変形性ひざ関節症の悪化

・転倒/骨折の増加

・認知症の発生

・介護度の増加

・うつ病の発生

・心臓病の発生

・がんの発生

が起こりやすくなることが判明しています。

 

…体力低下で、がんやうつ病まで?!って思った人も多いかと思いますが、

これらの情報は現在の医療のトレンドでもあり、「活動量を増やして病気を未然に防ぐ」ことを目標に、

歩いた量に応じて保険料が安くなる医療保険の登場や、大企業における健康管理アプリを使った職場の新たな衛生管理の試みとして行なっている事例が散見されます。

 

どうにも終わりの見えないコロナ禍、なかなか体を動かす機会も限られますが、

「予防のための治療」、そう思って運動を行うことが大切です💡

どんな運動がいいのか分からない?そのような場合は、気軽にご相談来ていただけますと幸いですd(^_^o)

こんにちは☁️🧸
クリニックアテンダントの波田野です。

今年は記録的な大雪が降り除雪作業など大変ですね💧
当クリニックもスタッフみんなでたくさん除雪作業をしました😥
これからまだ雪の降る日がありそうなので、雪道などでお怪我されないよう気をつけてください☺️



皆さんお体に気をつけてお過ごしください🕊🍃


あけましておめでとうございます🌅
看護師の高橋正典です。
昨年は「コロナ」なしでは語れない一年となりましたが。
そんな中でも、改めて普通の日常にあった大切なものを皆さま再認識されたのではないでしょうか。
今年も、クリニックスタッフ一同全力で尽くして参りますので宜しくお願い致します。