転ばぬ先の社会保険労務士のブログ

転ばぬ先の社会保険労務士のブログ

立川市で開業している社会保険労務士です。助成金や就業規則を通じて「転ばぬ先の杖」になれるよう日々、精進しています。みなさまに役立つ情報を発信していきたいと思っています。


東京都立川市の女性労務士、毛塚真紀です。

女性労務士ならではの視点で、経営者様の「困った」を「よかった」に変えるため日々業務に取り組んでおります。


備えはもちろん、すでに起きてしまっているトラブルに対してもお困りの際は是非ご相談ください。

労災申請、給与計算、就業規則作成、年金制度、年末調整や労働保険手続き
職場のトラブル相談から女性活用対策、助成金まで会社や事業所でお困りの事がございましたら
何でもご相談ください。

【対応地域】
東京多摩地区(武蔵村山市・立川市・八王子市・昭島市・東大和市・福生市・羽村市・瑞穂町・国立市・小平市 等)
東京23区、埼玉県(所沢市・狭山市・入間市)、神奈川県


ご質問やご不明な点がありましたら、ぜひささいなことでもご相談下さい。
女性労務士ならではの視点から、細かいケアやアドバイスを経営者様の立場・味方となってご提案させて頂きます。

お問い合わせ・ご相談フォームはこちら。



にゃーご利用いただくときのお願いにゃー

当ブログに掲載している情報に関しましては、法令等改正の性格上、エントリが書かれた時点の最新の情報であり、お読みになっている時点での情報が常に完全、正確であることを保証するものではないことをご了解ください。

特に助成金情報につきましては、常に変化しています。お読みになっている時点では変更や廃止になっている助成金もありますのでご注意いただきますよう、お願いいたします。

また、法令等の解釈については一般的な法解釈であり、当然のことながら私見も含みますので、内容につきましてはご自身のご判断にてご利用ください。

$転ばぬ先の社会保険労務士のブログ-2011-05-04 10.18.35.jpg2011-05-04 10.18.35.jpg


ネコネコネコネコネコネコネコネコネコネコネコネコネコネコネコネコネコネコネコネコネコネコ

社会保険労務士 毛塚事務所のホームページはこちら です。

facebookはこちら です。よかったら友達になって下さい。




Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
今日はとある方のお話を伺ってきました。

この頃は会社の社長さんのご相談だけではなく、個人の方のご相談も増えています。
いつも思うのは、煮え詰まっている方は考えが止まってしまっていて、客観的にご自身の立ち位置が分からなくなっているということです。

「会社の常識」が「世間の非常識」ということが分からなくなっていらっしゃる。「いつもそうやってるから」「みんながそうしてるから」「最初からそう言われてるから」という習慣に捕らわれてしまっています。

そこで「何かが違う」「こんなはずではなかった」という違和感を覚えているのだけれど、その違和感が何かが分からないため、おかしいのは周りではなく、じぶんではないか?と苦しんでしまうのです。

お話を聞かせていただいて、何が「問題」と感じているのかをほぐしていきます。雇用契約、長時間労働、人間関係などなど「法律的には」どういう状況が「是」とされているのか、それについてご自身で何がしたいのか、です。

中には「自分は何もしたくないけれど、いつの間にか周りが変わっていて、なにもかもが解決していつの間にかとても幸せになっていればいい」と思っていらっしゃる方もいらっしゃいますが、そんな都合のいいことは土台無理な話で、ご自身が覚悟もって何をするのかを決定しなければなりません。

客観的に自分の立ち位置が分からずに、自分がおかしいのではないかと、頑張りすぎて身体や心を壊してしまうのも間違いだと思いますし、義務を果たさず、得手勝手な権利を振りかざすのも間違っていると思います。

たまには立ち止まって、自分の立ち位置を確認するのはとても大切だと感じます。もしもその立ち位置がわからない場合は、どうかご相談ください。

1388806103702.jpg



テーマ:
1月の2日は「仕事を初める日」と言われて育ったので、1月1日はのんびりしていても、2日からはいつものペースでいつもながらの「仕事」を始めます。

さすがに書初めはとんとご無沙汰ですが、文字を書くこと。箒をかけること、すり鉢で山芋をすること、などなど一通りを済ませるので私は今日が仕事始めです。

とはいえ、役所などが仕事をしているわけではないので、本格的な仕事始めはもう少し先で、今日は今年1年間の仕事の見直しを行いました。

例えば、36協定の提出日の確認して予定表に写すとか、労使協定の確認とか、法改正による就業規則の改正部分の提案のピックアップとか、冬のKindleフェアで半額になったのをこれ幸いにと大人買いした本を読むとか。

明日は就業規則の勉強をしよう!なんだかわくわくしている自分が可笑しいくらいです。年末に買った大きな本で勉強します。


テーマ:
皆さま、明けましておめでとうございます。

リアルで、ネット上で、昨年中はお世話になりました。昨年は思いがけず、いろいろと経験させていただいたり、勉強させていただいたりの連続でした。

今年も昨年よりももっといろいろな事を勉強していきたいと思っています。昨年の年末から使っている時間管理のツールを、もう少し使いこなしていきたいです。まだまだ何か出来るのではないかと、あれこれ探して試しています。

仕事の方では、昨年あたりから厚生労働省が本腰を入れ、社会保険の加入を厳格に求めて来るようになりました。昨年は新規適用のご相談が多く、いくつも新規適用の手続きを行いました。

年金事務所の呼び出し状も見せていただきまして、これからはこういう風になるのか、とか、特に建設関係の会社さんについては、許認可の更新の条件に社会保険に加入していることが加わったりとか、国土交通省の方針で社会保険に加入していない従業員は現場に入ることが出来なくなったりと中小企業にはますます厳しくなる予感がします。

昨年、平成25年4月に施行されたいくつかの法改正によって、考えられるリスクなどがいくつもありますので、これからはどうすればいいのかを今から視野に入れておかないと「その時」が来た時に、本当に困ることになります。

これからも少しでも皆さまのお役に立てるように頑張っていきます。お気軽にお声掛けください。

1388538421620.jpg


テーマ:
年末に購入して便利に使っていたKindleが何だか変になってしまいました。

どこも押していないのに「シャットダウンしますか?」と聞いてきて、「キャンセル」にしてもいきなり勝手にシャットダウンし、その後、何もしないのに再起動、そしてシャットダウン、再起動・・・

ちゃんと動いたかと思っても、またシャットダウンの繰り返し。どうやっても直らないので、カスタマーサービスに問い合わせてみました。

Amazonの問い合わせはちょっと変わっていまして、ページの一番下にある「カスタマーサービスに連絡」というサイトへ行き、問い合わせ内容を選択して、電話の問い合わせの「すぐに電話が欲しい」という項目を選択すると、Amazonから即時に電話が入ります。それはびっくりするくらい早かったです。「すぐに電話が欲しい」ボタンをクリックして、一呼吸置いたとたんに電話が来ました!


さて、それからいろいろと状況を説明します。

「カバーを付けたままだと、まれにそのような症状が起こることがあります。」
「初期設定に戻せば、直ることもあります。」

のアドバイスを基に、色々と手を尽くしてみました。そして、一定の法則を見つけます。
机の上に置いて使えば問題なく使えるものの、手に持って一定の角度以上に傾けると症状が起きてしまう・・・はい、タブレットの意味がありません。


「一定の角度以上に傾けると起こるということは、機械的な問題だと思います。交換させていただきます」

と、おっしゃっていただき交換することになりました。

発売前から予約して買ったものですから、もしかして初期ロットの不・・・いや、むにゃむにゃ。まあ、新しいKindleが来るのならば、問題はないかと交換の手続きをお願いしました。

それが、9月23日の朝9時半頃。
そしてその日の18時頃に「ピンポ~~ン!」
仕事早っ!!


具合の悪いKindleを梱包して、郵便で送る手配をして(もちろん、着払い)これで、交換終了です。余りの手際の良さにびっくりしました。

そして今日は新品のKindleを快適に使っていますが、一つ問題が。
当たり前ですけど、ブックマークしたとことか、マーカー引いたとこはみんな消えていまして、既に読んだ本もすべて「新着本」扱いになっています。
・・・しょうがないんです。しょうがないんですけど!!! 

「もう一回読むという楽しみをもらった」と思うことにします。
もう一度読んで、ブックマークしたり、マーカー引くっていうのもいいかもしれませんね。


09-01@09-27-18-494.jpg

上から目線の命です。

テーマ:
8月1日から支給される雇用保険の失業保険基本手当高年齢雇用継続給付金育児休業給付金・・・専門用語が並んでとても面倒くさいですね。

ざっくりというと、失業手当の1日分の金額、60歳以上で再雇用されて給与が下がった場合にハローワークから支給される給付金、育児休業を取っている間に支給される給付金、介護休業を取っている間に支給される給付金の額が、8月1日から下がります。

これらの金額は厚生労働省が調査している「毎月勤労統計」という統計の「平均定期給与額」が上がったか、下がったかによって決定されます。

またまたざっくりと。基本給や各種手当のうちの「変動しない給与」が、昨年に比べて上がった場合は連動して上がり、下がった場合はこれまた連動して下がるという仕組みになっているのです。

平均して基本給などが上がっていなかったため、それに連動して失業給付金も下がるということになります。具体的な金額ですが、失業給付金の上限額は退職した年齢によって違ってきますので、詳しくはこちらのパンフレットをご確認ください(PDFが開きます)

上限以外は年齢による差はありませんので、お間違えの無いようにお願い致します。

高年齢雇用継続給付、育児休業給付、介護休業給付につきましては、こちらのパンフレットでご確認ください(これもPDFが開きます)

8月1日以降の金額が変更になりますので、現在、失業給付金を受けていらっしゃる方は、8月1日以降の認定日に変更された金額が受給資格者証に印字されると思います。

いろいろと思うところもありますが、既にそのように決められているので受け入れていただくしかありません。

ご不明な点がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

KIMG0055.JPG

銀河は写真が苦手なので、いつもそっぽを向いた顔しか撮らせてくれません。
とってもフォトジェニックな仔なので、自慢をしたいのですが・・・



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス