緊急帰国!!本場のアジアの発酵漬物作りませんか? | 魚料理教室 料理研究家是友麻希の日記

魚料理教室 料理研究家是友麻希の日記

~奇想天外な料理とライフスタイル~


テーマ:

こんにちは。

 

是友麻希です。

お待たせ致しました!!!

 

発酵好きの皆様、必見です!

おそらく日本初かもしれません。


発酵ライフ推進協会 

特別講座「インドの漬け物アチャール作り講座」です。

 
皆さまは、インドのアチャールという発酵食品をご存じでしょうか?
簡単に言ってしまうと、インドカレーの横のチャツネと同じような役割で
いわゆる日本の福神漬けです。
 
野菜や魚介類、果物などを発酵させた漬物で
インドの生活には欠かせない発酵食品です。
 
今回、そのアチャールを作って、ご自宅で発酵させていただく!という
初のレクチャーを開催します。
 
しかも、アチャール風味ではありません。
本場のアチャールです。
漬け床のスパイスは、本場インドから、
持ち帰り、そのまま、発酵ライフ推進協会に来て下さる
先生をお迎えしています!
大西孝典先生です。
大西先生は、私がこの8月に当協会を立ち上げた際、
まっさきにインドから連絡をくださり、また一緒に私と発酵をやりたいと
言ってくださった、本当に素敵な方。
 
涙が出るほど、うれしかった~♪
発酵を通じて、みんなを幸せにしたい♪
そんな想いを同じくする同士でもあります♪
 
さて、そんな大西先生が、
帰国します!!と連絡をくれました。
こんなチャンスは、滅多にありません。
アジア諸国で発酵の伝道師として御活躍中の
大西先生から、本場アジアの発酵技術を学びませんか?
 
以下、詳細です
 
**********************
 
緊急帰国!!! あの大西孝典先生が帰国します!

インド在住で、日本の発酵食文化の伝道師としてご活躍中の大西孝典さんをお迎えして、インドの発酵漬け物「アチャール」の作り方を学びます。インドにおける漬け物は、カレーのお供の福神漬けのようなもの。マスタードオイルをベースにスパイスを漬込み、野菜や果物を発酵させます。日本でも簡単に手に入る食材で本場仕込みの本格的なアチャールを作り、お持ち帰り頂き、ご自宅で発酵させて頂きます。

アジア諸国で、麹造り・発酵食作りをレクチャーしながら,世界の発酵食を研究されている大西さんだからこそ知りえる世界の発酵食情報が満載の講座です。今回は、ビザ更新の帰国のタイミングに、当協会でレクチャー頂きます。講座後は、インドから大西さんが当協会のために持ち帰ってくださった発酵調味料を使ったアジアンランチをお楽しみ頂きます。

大西さんと、当協会代表 是友麻希の発酵トークショー付き。日本では見ることがなかなかできないアジア諸国の発酵食品を試食しながら、世界の発酵事情を学びましょう

 

 

日程:2017年11月22日(水)

時間:10:30~13:30(15分前から入室可能)

場所:丸の内「にっぽんのひとさら」

千代田区丸の内3-1-1国際ビルB1 にっぽんのひとさら

03-3201-2878

 

*詳細はこちら

http://nippon-hitosara.com/


対象:アジアの発酵食に興味のある方。漬け物作りに興味のある方。

 (入会金などは不要です)

 

講師大西孝典先生
定員:30

受講料:10,800円(税込) ※事前振り込みとなります。

(講座、テキスト、実習材料費、発酵ランチ込み)

持ち物:筆記用具、エプロン、約500gの漬け物を持ち帰る袋

 お申し込み:発酵ライフ推進協会 事務局

       info@hakkolife.com

       ・お名前・お電話番号・申し込みクラス名・日時

をご記入の上、お申し込みください

 

キャンセル規定:お申し込み人数が12名に満たない場合は、

          中止となる場合がございます。

          中止の場合は開催の1週間前までにご連絡致します。

          また自己都合によるキャンセルは1週間前までにお願いします。

材料の準備の都合上、1週間を過ぎてからのキャンセルは

キャンセル費用がかかりますので、ご注意ください

 

沢山の皆様のお申し込みをお待ちしております

 

【講師プロフィール】

大西孝典先生

発酵ライフ推進協会 特別講師

大阪府出身。20代前半に渡印、南インドでの生活を終え、アメリカ合衆国ニューヨーク州に留学。その後、タイ王国、ヨーロッパなどにて勤務する。

日本に一時帰国した後、宮崎県にてタイ料理店を経営、その後、タイ王国にて半導体ディーラーとして勤務。海外在住中より日本食が不足しがちな海外において、現地の素材を使い、限られた器材を利用して作る発酵食品作りを始める。2015年に退職後は日本食品などの物資の無い北インドのヒマラヤ山中にて、現地在住の少数邦人やインド人に現地の素材を使用した麹、味噌などの発酵食品の作り方をレクチャーしている。現在はタイ王国および、インド北部に在住。

 

魚料理教室を主宰する魚・酒肴料理研究家さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス