∵ 寒い一日・・雪まで・・

テーマ:

 

 寒い一日で、10時過ぎには雪が降り出し、止んでは何回も降り出すという不安定な日。

 

昨日採らなかった椎茸を採りに行ったら、見落としもあり結構大きく開いていて、昨日採ればよかった。

 

こんな日でも歩くお客さんも多い。

 

中には冷えて体調を崩したと思われる子供も居て、「すみません・・。トイレを貸してください・・」

小三か四年生くらいの男の子が入ってきて、お父さんと二人で頼むので、直ぐに上がってもらった。

聞けば恵那市の一家で、今日は両親と小一くらいの弟君と四人で中津川駅から歩いてきたという。

こういう地元に近い人達が来てくれるのは嬉しい。

 

大分膨らんでいた花桃の蕾も、今日の寒さで一休み。

一輪だけ寒そうに咲き初めている。

 

豆炭の火起こしが昨日壊れた。

多分ぶつけるか何かして衝撃を与えたのだろう。

以前に壊れたのを溶接して使っていたが、鋳物なので上手く付いていないのは承知していた。

古い針金を螺旋にして今季は使い、秋口に買えば好いと思っていたが、この寒さなのでまだ必要なことから買って来た。

 

 

 フェイスブックに、最初の大きくなりすぎた椎茸の画像を載せたら、詩吟関係の先生方から食べ方のレクチャーがあり、やってみた。

 

マヨネーズと、とろけるチーズ乗せ。

別々でやってみた。

 

醤油を少し垂らし、焼いて食べたが、好みとしてはマヨネーズがバカウマ。

 

12cm位の大きさだが、厚みが2cmくらいあり肉厚で、美味かった。

 

三十年くらい前、少し凝って作っていた時期があり、自生している山葡萄を焼酎と氷砂糖で漬けて寝かしてあったのを出してきて一杯頂いた。

 

その頃、詩吟の飲み会に一本持って行き、皆に飲んでもらったことがある。

「美味しい!」と皆で飲んでくれて、中に婦人会長をやっていた先生が見えて、酒に飲まれるような人ではなかったが、家に帰って気が緩み、玄関を入ったところで靴下がどうしても自分で脱げない。

旦那さんに、結婚して初めて靴下を脱がせてもらったと、後々飲み会の時などによく言っていた。

 

一寸甘いが、飲み易い。

度数が高いので酔いが回る。

 

滲み出た汁も少し醤油辛かったが飲んでしまった。

 

今人生で一番体重が重い。

しばらくはマヨネーズ椎茸がマイブームになりそうだが、減量中なので我慢しないといけないかな・・。