今日は強い雨が降ったり止んだり。

 

昨日のお客さん三人家族は、7時半から8時の間を希望されたので、7時40分頃から朝食を食べてもらった。

 

お母さんは若く見えるので、17歳の娘さんと姉妹に見える。

 

9時前から新盆御見舞に二軒を廻り、一度戻ったらお客さん達が帰るところで、お見送りをしてからTも見送り、また三軒へお見舞いに行って帰ってきたら10時半。

 

11時少し前にお寺さんが来て、直ぐにお経をあげて頂き、お茶を飲みながら色々と話をした後、11時45分頃、長男に駅まで送って行ってもらった。

 

12時頃、昼の支度組とお墓参り組に分かれ、行ける者でお墓参り。

 

この時は雨が降っていなくて好かった。

 

帰って来てから、支度組が用意してくれた料理を並べて、Tがお土産に持ってきてくれた富士山ビールで乾杯し昼食会。

 

昨日、Tが釣ってきてくれイワナとアマゴや・・

 

甥が25㎝位の大物のアマゴを筆頭に、釣ってきた12匹くらいの川魚を持ってきてくれていたので、全部で25匹くらいの天然の川魚を焼いて皆で頂いた。

 

独り一匹ずつ食べて、欲しい人用は別皿。

 

メンバーは、お袋と私たち夫婦、長女の長女、長男家族四人、三女、次女のところの四女。

私のすぐ下の妹、弟、二番目の妹と旦那、三番目の妹とその次女。

 

計16名。

 

私の弟や妹の旦那も、コロナのせいもあり、何年ぶりかで来てくれて集まることができて嬉しかった。

 

 お墓に迎え火を焚きに。

家族の集合写真を撮った時、フラッシュ撮影にしたままで、お墓で迎え火の写真を撮ろうとしたら、スマホケースの赤い色できれいに撮れなかった。

 

 

我が家の盆棚。

 

ご先祖様も帰って来て、喜んでくれているだろう。

 

 一昨日、桂川で鮎掛けをしてきた常連のTが、12匹ほどあると言って我が家にプレゼント。

 

何人か釣り人が居たらしいがほとんど釣れない中、12匹は驚異的らしい。

 

 

 今朝は裏の川で釣ってきたが、一番最初に大きなのをバラしてしまったと悔しがっていた。

 

22㎝の岩魚と19㎝位のアマゴは夜塩焼きにし、10㎝から12㎝位のは天婦羅にした。

 

10㎝前後のものはリリースしているのだが、針を飲み込んだり顎を傷つけてしまったものはリリースしても死んでしまうので、持ってきたという。

 

先日、やはり常連でホームページ管理者のA君が、朝、裏で竿を出したが一匹も連れないで帰って来ている。

 

 

 9時過ぎに朝食を食べ、開田に行くと言って出かけ、5時前に帰ってきたが結構な釣果。

 

やはり22㎝位のイワナやアマゴから、小さなものまで15匹ほど釣ってきて、明日我が家の一族が集まった時食べてくれと言ってくれた。

 

 

 今年夕顔を作ってみたら、最初の一個は大きくなった時無くなってしまい、猿に取られたようだった。

 

その後もカボチャは十数個食べられてしまったが、夕顔は無事大きくなっているので、猿も不味いと思って取るのをやめたのだろう。

 

妻が調理中。

 

輪切りにしたものを放射状に切り

 

内側の種とワタの部分と、外側の皮の部分を切り落として煮る準備。

 

食べられるようにするためには手間がかかる。

 

 お昼に妻籠にできたラーメン屋さんへ。

 

長男の同級生が女将で、旦那さんと営業している。

 

開店して一ヶ月くらいだろうか・・、行こうと思いながら、予定が合わなかったり行くと休みだったり。

 

以前は居酒屋だった店を改築しているが、改築前の店内がどんな間取りだったか思い出せない。

 

私はチャーシュー麵の大盛り。

 

妻と孫は中華そば。

 

孫はラーメン好き。

 

流石に全部食べきれなくて私が残りを食べたので、普通の二杯分は食べたかも。

 

薄味好きの私には少ししょっぱい気がしたが、妻達は丁度好いと言っていたので食べ比べてみたら確かに丁度好い。

 

塩辛く感じたのは、沢山のチャーシューが乗っていたせいかもしれないが美味しかったのでまた行って食べ比べてみよう。

 

 

 午後は孫達の川遊びに、長男が来て付き合っていた。

 

 

 四時前に、常連の滋賀県のTさん家族三人と、奥さんの妹さん家族三人、併せて六人が「ただいま!」と言って到着。

 

川遊びがしたいと言うのですぐ着替えて行ったが、奥さん独りで川遊び。

 

中学生の従姉弟同士は、川に入らず涼んでいる。

 

毎年暮れに来ていたので、今回川遊びをしたり、料理も違うものを食べられて満足されたようだった。

 

 予約メールで住所や食べられないものを聞いたのだが返事がなく、代わりに「エアコンは有りますか?」というメールしか帰って来ないので、心配したが昨日のお客さんは名古屋のご夫婦だった。

 

7時半に朝食を食べ、昨日は柿其渓谷に行ったので、今日は阿寺渓谷に行き、蕎麦を食べて帰ると仰って9時前に出発して行かれた。

 

少しでも涼しい内にと、お墓の掃除に行ったら、お墓の下の中山道の路肩が左右とも猪に荒らされている。

 

ミミズを掘って食べているのだろうが、今年から田んぼを作らなくなって、人が来なくなったのも原因かも。

 

草むしりと草刈りをしたした後、前々からお墓の上の木が大きくなって被さるようになっていたので、雑木を切らせてもらった。

写真の左下がお墓。

 

木を片付けていたら時間がかかり、午後1時前に取敢えず帰って来てお昼を食べ、午後2時半から小四と小三従姉妹同士の孫と川遊び。

 

三日ほど前も裸足で川に入ったのだが、足の裏の皮が薄くなったのか、痛いのと滑って転びそうになり、スマホを水没しそうになったので、今日は地下足袋を履いたまま川に入った。

 

曇り空で気温は低めで、水の冷たさより孫達は虻(アブ)が苦手。

騒いでいて直ぐに行動に移せない。

 

この浮き輪?を膨らませるのに、私の肺活量を使い十分かかった。

 

3時40分に川から上がり、濡れたズボンのまま長靴を履いてお墓に行き、真柏の垣根の剪定。

 

 

生垣の下は墓仕舞いされていた。

 

まだ持主の家があり、草刈りに来ていたので話を聞いたところ、5月に妻籠の光徳寺の一区画に移したのだとか。

 

土手が膨らんで生垣が下がり、崩れそうなのも移転した理由かも。

 

縁が無くなったので斜面も今後は我が家で管理しなければならない。

 

竹を持ってきて、サツキや桔梗が倒れないように竹に縛りつけておいた。

 

墓石の上もスッキリして明るくなった。

 

私も出来れば、家の近くにお墓を移したいくらい。

お袋は「オレの生きとるうちはお墓を構わんでくれ!」と言っているので当分無理だが・・。

 

 

 スマホを傾けて撮ったいるわけではない。

 

分かり辛いが、下の写真の中央に古株があり、昔ここに松の木が立っていた

 

マツクイムシの被害で枯れて、立っていた部分は片付けたが、伐った下の根が腐って石塔が傾いている。

 

一番手前の一本は、祖父が刻んだ手作りで、鶏靈碑。

 

野菜類を収穫する時の籠が、小さなのは二週間くらい前、大きい方は三日ほど前に、紐が切れたので代えた。

 

真田紐の幅広の方なので少し穴を大きく広げて紐を通した。

 

これでまた10年くらいは、私がやっている間は大丈夫だろう。

 

 今日はお袋のデイサービスの日。

 

孫は朝ご飯を食べてしばらくすると、昨日に引き続き朝寝。

 

妻は昼前、クリニックへ通院で居ないので、孫は宿題をしたりテレビを見たりしていた。

 

妻は「帰りが昼に間に合わないから、○○ちゃんはラーメンが好きだで、ラーメン屋さんに行ってきたら?」と言う。

 

開店してから一度も行っていないことから、行ってみたがきょうは休業日。

 

「何でもある物で好いか?」と聞くと好いと言うので、家で何か食べようと戻る途中、暖簾が出ていたので思いついて「蕎麦でも好い?」聞いてから家の近くの金剛屋さんへ。

 

何を食べるか聞くと「ざるそば!」

 

私は大盛り。

 

ご近所のよしみでかき氷をサービスしてくれた。

 

 

蕎麦は完食し、かき氷も少し残しただけ。

 

個々の自在鉤の魚は鯉。

 

帰ってしばらくして、妻も帰ってきたので私は草刈りに。

 

斜面用にしているハンドルの小さな一台の草刈り機の調子が悪い。

 

仕方なく、ハンドルの大きな草刈り機を急斜面で振り回すのは、疲れるし捗らない。

 

6時半過ぎまでやっていたが汗だくで疲れ、シャワーを浴びてお茶を飲んで喉の渇きを押さえ、今日は休肝日。

 

写真は撮り忘れたが、今日の夕食の一品は久しぶりのピーマンの肉詰め。

 

美味し!

 

 昼前の10時頃から、親戚にお中元を配ったり、中津川方面へ詩吟の書類を届けたりして、午後は2時過ぎから孫の川遊びの付き添い。

 

動画を家族ラインにアップしたら、「毎度毎度、ジイが一番楽しそう爆  笑」という返信が来る。

 

確かに、毎年川遊びをして写真や動画を撮ってLINEに流しているが、楽しい照れ

 

小三になるがビビりで、流れる川の水が恐い・・

 

虫が嫌いで、蜘蛛ばかりでなく蜘蛛の巣も嫌い。

虻が来れば大騒ぎ。

 

私の右足首の上に、川虫のヒラタがくっついていて、それを見つけて大騒ぎ。

 

「お魚さんの餌になるんだよ」と教える。

 

 

 3時頃、理容師の板ちゃんがお袋の出張散髪に来てくれた。

 

低い椅子しかないのでやりにくそう。

 

 

 日陰から草刈りを始め、庚申塚の上を刈っていたら、6時20分頃妻が呼んでいる。

 

何かと思えば「選挙に行くよ!」

忘れてた・・。

 

今日は知事選挙の投票日。

 

慌ててシャワーを浴びて着替え、妻籠交流センターに行って投票を済ませたら6時40分。

 

私達夫婦にお袋の3人、投票締め切り間近だったが、投票率、59%に貢献したかな?

 

 10時頃だったか、強い雨が降ってきた。

 

大桑まで行く用事があったので、雨の降っている間にとでかけ、詩吟の書類を配ったり、親戚へお中元を配ってきた。

 

大桑に行ったら、全く雨は降っていなかった。

 

午後から片付けをしたり、お客さんを迎える準備をしておいてから草刈り。

 

五時少し前、次女のところに行っていた妻が、次女のところの小三になる四女を連れて帰ってきた。

 

草刈りをしていて気づかず、後ろから声を掛けられビックリ。

 

また少し背が伸びたようで、孫の成長は嬉しい。

我が家は皆色黒だが、この子は白い。

父親似なのだろう。

 

 

 今日は常連のアキラ君夫婦が来てくれている。

 

アキラ君は我が家のホームページを作り、管理者をしてくれていて、全て無料で本当に助かっている。

 

いつものように食べてもらいながら話をしたが、アキラ君が来るようになって1~2年後にホームページの話が出た。

 

車の潤滑油関係の会社に勤め、ホームページつくりは専門ではないが、会社のホームページを立ち上げた経験を持つ。

 

ホームページを作ってくれた時、「ホームページを作っても、更新しないのは駄目だ!」「ブログを書きなさい。」と言われ、調べたら、2009年6月に準備し、7月に書き始めている。

 

十三年続けていることになるし、アキラ君は十五年くらい来ていることになる。

 

最初は一週間に一度とか、3~4日に一度書いていたら、常連達が「毎日見ている。今日は疲れたから寝る・・という一言で好いから毎日書いてくれ!」と言われて今日に至る。

 

ホームページをリニューアルすれば、「今度はFacebookもやりなさい!」

 

書かない日があると「何かあったんじゃないか?」と、常連達が心配している様子なので休めない。

 

ブログやFacebookで、会ったことも無いが多くの友人を得た。

考えてみれば、色んなご縁があって今がある。

 

 私が「ポント」とひそかに読んでいる食べ物。

 

畑から採ってきた完熟トマトの皮を湯剥きし、適当な大きさに切ってタッパーなどに入れて、ポン酢を掛けて冷蔵庫に入れておいただけのもの。

 

もう二杯目。

 

 

  お盆の松明を準備。

 

八等分にミカン割りし、二分割していく

 

 

 

芯の赤い赤脂(あかし)だけ使い、しらたの部分は囲炉裏の焚き付けにする。

 

写真を息子にLINEで送り、作るように連絡しておいた。

 

 雨降りを待っていた。

 

7月にカボチャが猿の被害に遭い、26日に家の前の斜面の雑木やボサを伐った。

 

焼却処理をしようと、そのまま置いてあった。

 

雨で葉が濡れてボサの燃えは悪いが、消防署への焚火届け出書類に、降雨中か降雨後という条件をこちらから付けてある。

 

股関節やら膝や足首が痛く、燃やす場所まで引きずって行くのが大変。

 

9時頃から6時頃までかかり、ほぼ燃やすことができた。

 

明日以降、少し乾いてから落ち葉を掃いて片付けるつもり。

 

カッパを着ていても中はびしょ濡れで、6時過ぎにシャワーを浴びた後は、長袖シャツにベストを着こんだ。

 

日本酒をあまり飲まない私でも、こういう日は熱燗か、焼酎のお湯割りが飲みたい。

 

が・・、今日は休肝日。

 

 猿が出て来ないようにボサを刈ったのだが、四日ほど前にもカボチャを食われ、明るくした効果が無いので次の手を考えなくてはならない。