ゼッケン120番

ゼッケン120番

びわ湖毎日マラソン大会完走が目標  なんとかする!

 

 

 

 

 

 つくばマラソンが中止を発表した。

 水戸が中止なのだから当然だろう。

 

 

 

 これでマラソン大会どころか

あらゆるスポーツ競技は行われない。

 

 

 

 

 俺は試合に出たくて練習している。

 走ることは嫌いだ。

 

 

 試合が楽しいから

もっと試合を楽しめるように

日々鍛錬を重ねて来た。

 

 

 東京マラソン中止で気が抜けたんで

翌日からは一時間走るだけにしていた。

 

 

 他ニン任せのコロナだけに

終息までジョグする気力が続くのか

今度ばかりは自信がない。

 

 

 

 鍛え上げた脚だけを頼りに

独りで闘えるマラソンだが

大会が開催されなくては

目標不在で気力が湧いてこない。

 

 

 

 一日10km走って置けば

三か月で闘える脚に戻せる。

 

 ここは休養を決め込む。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 10/25開催予定だった水戸が早々に中止を決めた。

 

 良い判断だろう。

 

 

 

 

 秋からの大会申し込みが延期されているようだが

開催可否の基準すら作成することもなく

検討という名の様子見をしているに過ぎない。

 秋以降の各大会も、どのようなコロナ対策を進めているのかは公表無しだ。

 それでいて金は返しませんってのは如何なもんか?

 

 

 

 

 

 シーズンを棒に振ったので、春先の大会に申し込んでいた。

 

 

 

 

 青森は帰国者一人が感染者だと分かった翌日には

待ってましたとばかりに中止を発表した。

 中止は決まっていたようで、補償もすぐ知らされた。

 来春の参加権利かクオカード5000円を選択できる。

 良心的なようではあるが、コロナ感染一人でも出たら中止を

大会サイトに記載していてほしかった。

 

 

 

 損切りは速いほど被害が少ないのが鉄則。

 来春の補償などないのは東京マラソンと同じ。

 クオカードを返してもらう申込をした。

 

 

 

 やります宣言していたのにもかかわらず

一転して奥州は大会中止を発表した。

 岩手県は未だにコロナ感染者を出していない。

 経費を差し引いての返金を検討中らしい。

 

 

 奥州だけは俺の余計なお世話だっただろう

全国のマラソン大会開催状況メールに耳を傾けていただき

丁寧な返事をいただいた。

 

 

 

 春先の大会は中止で良かったと思う。

 拡散状況を注視だけで何の対策も練らないのだから

コロナ拡散の可能性は大であっただろう。

 

 

 

 大会サイトに

周りの大会の状況を踏まえて

みたいな記述をしている今秋大会に主体性はゼロだ。

 

 

 

 

 たまたま感染者が判明していないだけだろうが

俺が岩手県知事だったら

東京都が沈没したら、岩手県が政治の中心で頑張りますって言うだろうね。

 

 

 東京マラソン中止以降、足並みそろえて中止。

 

 収束ではマラソン大会他、プロスポーツ開催は出来ないのだから

コロナ終息を待つしかないんだろう。

 

 

 

 

 予防するワクチンもなければ、特効薬もない。

こうなると当面の終息はあり得ないのだから

各スポーツ活動でのコロナ指針を作らなければ

日本国においてはスポーツ大会は数年行われないということだ。

 

 

 

 収束で動いていかなければスポーツは出来ない。

 

 福岡県に宣言出ているが俺の住んでいるのは田舎だ。

 現在のところ終息しているが、市のスポーツ施設は閉鎖。

 

 感染者ゼロの市町村は全国にいくらでもある。

 

 足並などそろえる必要はない。

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2月17日
翌日には冷静沈着に対応している大会があった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

第6回 宮島マラソンは予定通り開催されます

東京マラソンが一般ランナー中止となりましたが、下記の信頼できる情報及び、マラソン大会に参加する方の層(持病有の高齢者は一般にマラソンを走らない)及び、科学的なデータに基づき、第6回 宮島マラソンは予定通り開催されます。

ただし、65歳以上など高齢の方、持病のある方(基礎疾患のある人とは、糖尿病や高血圧、腎臓病など慢性疾患があって、定期の内服薬を要する人 )は感染後、重症化する可能性がありますので、個々の状況を勘案の上、見学や参加など、ご自身で判断していただきますよう、宜しくお願い致します。

下記もご参考まで 

新型肺炎に関する情報(COVID-19) 

-発生状況について
 2/24現在
  患者数:80,150人
  死亡:2,701人
  回復:27,668人

-年齢別死亡率

2/24現在

年齢 死亡率

80歳以上

14.8%

70-79 歳

8.0%

60-69 歳

3.6%

50-59 歳

1.3%

40-49 歳

0.4%

30-39 歳

0.2%

20-29 歳

0.2%

10-19 歳

0.2%

0-9 歳

データ無

男女別 死亡率

性別 死亡率 *
男性 2.8%
女性 1.7%

*男性の方が死亡率が高い理由に中国では喫煙率が圧倒的に高いということを考慮にいれる必要がある。

持病別 死亡率

持病名 死亡率
循環器疾患 10.5%
糖尿病 7.3%
慢性閉塞性肺疾患 6.3%
高血圧 6.0%
5.6%
持病無 0.9%

 

 

 

 

 大会の成功を祈る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 東京マラソンの観衆は例年であれば

200万人前後らしい。

 

 

 国内最大のイベントということだが

大規模イベント自粛要請が出ているのに

未だに中止を決定していないというのは

如何なものだろうか。

 

 

 一般ランナーとボランティアを

4万人排除したが、一番問題なのは

沿道を埋め尽くす観衆の数ではないのだろうか。

 

 

 この事実を誰一人問題視していない日本国民は

3月1日を後悔の日と記憶に留めるに違いないだろう。

 

 

 何のために200人だけをわざわざ走らせるんですかね。

200万人押し寄せるかもしれない観衆の対策は

バッチリなんでしょうね?

 アベ、コイケのノータリン!

 

 

 

 愛娘の中学校で本日、二年生が20人早退したそうです。

 

 

 ちょうど二週間前に関西へ修学旅行へ行っていたそうです。

 

 俺は愛娘を明日から休ませます。

 コロナで汚染された校舎へ一日でも通わせないためです。

 

 

 未だに学校からは何の指示もありません。

 明日は他の子は登校ですが

愛娘は休ませます。

 

 

 東京マラソンが開催される

危機感ゼロの異常な国ニッポン。

 

 

 合掌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 サッカーJリーグは各地満員の観客で開催された。

 

 プロ野球オープン戦も連日開催されている。

 

 

 

 東京マラソンに端を発した

マラソン大会開催中止の影響。

 

 

 

 

 ランナーにとっては悪い前例を作られた格好となり

主催者側には都合の良い前例が出来上がった格好だ。

 

 

 

 俺は市民ランナー抽選参加の運頼み大規模大会を避けてきたが

来期はさらに徹底、厳選した大会に参戦することにした。

 

 

 

 裁判には判例というものが存在する。

 判決の結果の積み重ねであるから

似たり寄ったりの争いごとの判決はほぼ同じ判決が下される。

 

 

 

 黒幕はアベなのか、小池のババァか知らないが

マラソンにかかわる走る側を甘く見たのは事実であろう。

 

 

 

 俺は日本陸連は大嫌いだ。

 金儲け団体だ。

 

 

 

 開催には困難が伴うであろうが

開催中止は楽だ。

 

 

 

 

 一度作られてしまった

マラソン開催中止の前例は

永遠に続く。