出版物『光のおと』 直感の小部屋 ~天国の鍵~

出版物『光のおと』 直感の小部屋 ~天国の鍵~

こんにちは「直感の小部屋」です。京都のオフィスを中心に、スピリチュアル・カウンセリングやヒーリング、各種セミナー等を行っています。日々爽やかに過ごすことを指針に、天上界(全ては1つの世界から)今、あなたにとって最も必要なメッセージをお伝えしています。





キラキラ 『光のおと』 (1,200円+税) 新村 祐巳著  




表紙デザイン 写真家 宮本和義 氏




出版取次 鍬谷書店


発行 アトリエM5 (アトリエエムファイブ)











※全国の書店、又は、AMAZON (アマゾン)
楽天ブックス
セブンネット
hontoネット
等でもお取り寄せできます。







~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~・☆・~☆・~・☆・~・☆・~







[dramaBox]https://app.dramaboxdb.com/ios/open?c=Ykw76TZw4XD4MHaw_41000102807_DIJPF1000005_fb_568131387 UA8322


YouTubeより


いつもありがとうございます。

今回の「追記」は多めに書いております。

よろしければ是非どうぞ。


ふ~天上界より~

更に時代は次元の壁が薄くなり、刻一刻と状況は変化する。それは意志と思いが集まる毎に。
意志と思い、つまり自我を持つ心には「祈り」が生じる。それは人類種だけの特権では無い。
人の心と感情が転写した生物、野生生物、その他にも、意志と思いが顕著に伸びて来ている。

さて今までの人の意志と思いは多分に「我欲からなる祈り」となっていたが、変化が生じて、
他者や社会を考慮したり利他的なものを含む内容となって来ており、その傾向が増えている。
それに連動するように、次元の層が薄くなり「祈りが到達し易くなって来ている」のである。

物質が変化し易くなっており、時に粒子に戻って再生されたり、同時にワープも起こり易い。
あらゆる物の変化が容易であると言える。よって人自体も事象も変化してしまうことがある。
記憶が改竄されるというよりも、実際に現実が変わるので「記憶と違う景色」にも遭遇する。

「無意識の内に」時空間を移動してしまうかも知れない。その場合には些細な変化に気付く。
自らの意志と思いが「魔法のカーペット」のように自分を運んで行く。無自覚であろうとも。
祈りだけでは無く実際の能力としても必要に応じて、今までを超える能力が開花する時代へ。