薬膳カフェの花チラシ寿司 | アトピー肌から美肌をめざすブログ 鳥取イヌイ薬局

アトピー肌から美肌をめざすブログ 鳥取イヌイ薬局

鳥取の漢方相談専門のイヌイ薬局で、アトピーや不妊症など4万件以上のご相談の中、よく聞かれる疑問についてお伝えします。アトピーの改善には、漢方のお薬、食事、スキンケアが必要で、美肌を目指すには肌が本来持つ生まれ変わる力を引き出すことが大切。

こんばんは

鳥取で創業95年、薬膳と中医学でアトピーから美肌を目指すイヌイ薬局です。

今日は、イヌイ薬局の薬膳カフェ、真室茶荘で人気の花チラシのお寿司について

 

花チラシ寿司といっても、本当の花びらは少しだけですが、オーガニックのビーツと大根を花びら状に切って、大根はオーガニックの赤しそパウダーで色づけて花びらに模しました。
 

大根は
消化を助け
気を巡らせてイライラを収めます。
 

春は「肝」が不安定な季節で、
大根は、古くから
「大根好きの医者いらず。」
といわれてきました。大根の種子は生薬の「来腹子(ライフクシ)」といって消化促進や、痰を切るお薬として処方のなかで使われています。、
また、

大根の葉は入浴剤として冷え、オリモノに使われています。大根の葉っぱのお料理も少し苦みがあって大好物です。

 


大根は、お腹を丈夫にし、消化を促進させる働きがあるので、
食べ過ぎ、胃が重い、お腹の張り
を緩和するといわれています。
 

また、痰を切り咳を止める作用があるとされ、ある一定年齢以上の方々は「大根飴」がなつかしいのではないでしょうか。民間薬として長らく人気がありました。
さらに、大根は気の流れを整え
興奮状態を抑え、
気持ちを落ち着かせます
ので、怒りっぽい時、イライラした時、ストレスを感じた時などにおすすめです。
花チラシのお寿司はお花見がおわるまで続きます。