娘が小学校入学から2週間。
まだ小学校のシステムに慣れないまま、PTAの委員になった私です。

どうせ一年生の間は早く帰って来るし、仕事しづらいなら委員やったる!と思い切って見たけどなんとかなるかな?笑い泣き

さて、今日ふと書きたくなったのは「自信」について。

私のクライアントさんに割と多いのが、自分に自信が持てないとか、自己肯定感の薄い方って多いんです。
みんな優しくていい人ばかりなんですけどね〜お母さん

「自信を持てない」の根っこにあるのは
昔、親から受け取った言葉や態度からの影響とか、パートナーからの影響とか、
完璧主義だったり、不思議と昔からって人も割と多いです。
日本には謙遜の文化もあるしね。

私も昔は自信持てなくて辛かったので、その気持ちは分かります。ハートブレイク

私は親の心無い言葉とか(←悪気無し)、完璧主義だけど完璧になんて何一つ出来ない自分とか、
そんな自分が嫌いだし、自信持てるわけ無いと思ってました。

でもね、気がついちゃったんです。
自信って自分勝手なもんなんですよ。
どの自信だって根拠なんかないの!

誰かが認めてくれても、それはその人の基準なだけだし
実績を作っても、その実績の内容に自信もてるかは自分次第。(実績は他の人が納得するにはとても有効ですし、意味あるよ)

誰かが愛してるって言ってくれても、一瞬ホッとして、その後それを無くす不安があるなら結局自信にはなってない。

自分以外の誰も本当の自信なんて与えてくれないんです。

「自信」は今日の自分を認め、未来の自分を信じられる力。
と私は思っているんだけど、

そうすると「自信持てない」ってのは、今の自分は本当の自分じゃないと思っていて、未来の自分が信じられない状態。
出来ない自分を信じてるって事になっちゃう。ダウン

本当の自信は誰も傷つけたりしないものなので、
根拠なんていいから勝手に自分を信じていいんです。グッキラキラ

(自分を認めて、ここからの自分を信じらるというのは
グラウンディングができてる状態。
夢みたいな浮ついた事思っているのとは違うよ。ニコニコ)

それでもどうしても誰かの許可がいるって言うなら、もー私が許可しちゃう。爆笑

こんな文章ここまで読んでくれてるんだもん、そんな真面目に真剣に人生に取り組んでるあなたは自信持って大丈夫。
ダメな日があっても、あなたの全部がダメじゃないに決まってる。

なんの根拠なくちょっと自信を持って生きられる様になった私から、私のお仲間へ。
暑苦しいエールを受け取ってもらえると嬉しいですハート


毎日の生活の中から「幸せに生きるヒントひらめき電球」を受け取り、生かすお手伝いをしています 

☆女性専用です  

詳しくはこちらのホームページ をご覧くださいませ (PC版のみ) 

 

旗 初めての方へ 旗 メニュー 旗 ご予約状況 旗 お問い合わせ 旗 お申込み

先日、春休み恒例の主人の田舎へ帰省してきました。
帰省ついでに足をのばして伊勢神宮へ行った記録です。車

娘にとっては初の伊勢神宮。
お参りの作法、はしゃがない事、道の真ん中を通らない事、お願い事はせず感謝する場所だと教えました。お願いキラキラ

子供ながらに神聖な場所だとは伝わるようで、しっかり守ってくれました。照れ←親バカ

お参りのその時、すーっと清々しい風が吹いて、幕(みとばり、というそうです)が上がりました。

感謝を述べている間、その風をずーっと感じる事が出来て「あぁ神様が御姿をあらわしてくださったんだな」と感じました。

そう感じたのは私達だけじゃなかったようで、同じタイミングでお参りされた方はみんな感激してましたよ。ニコニコ

↑この奥ですね。

実はちょこちょこある事なんでしょうけれど、伊勢神宮の観光ボランティアの方も
よかったですね、と優しくその気持ちを受け止めてくれてました。照れ

「この清々しい風を、私と繋がりのある人達にお裾分けしたい」とぼんやり思いながらお参りしたせいか、
この後私はエネルギー酔いして休憩所でお茶をがぶ飲み…えーん

主人と娘は御朱印をスタンプラリー気分で集めているので、伊勢神宮の御朱印ゲットー!と喜んで帰ってきました。グッド!


今、お参りに行くと平成感謝の記帳を受け付けていて、私達も書いてきました。
そしてそのお礼がこちら。


伊勢の土で作られた素朴な勾玉(をかたどった物)

なんだかほっこりハート
平成に感謝しつつ、次の令和の時代がより良きものになります様にむらさき音符



毎日の生活の中から「幸せに生きるヒントひらめき電球」を受け取り、生かすお手伝いをしています 

☆女性専用です  

詳しくはこちらのホームページ をご覧くださいませ (PC版のみ) 

 

旗 初めての方へ 旗 メニュー 旗 ご予約状況 旗 お問い合わせ 旗 お申込み

前回の記事で書いた横にスライドするドアの話の続きです。

前回のママ友から友達になったっていいじゃない、と認めた途端に娘のクラスメイトを半日預かる事になりました。

同じ小学校に通う予定の女の子なので、
ちょうど仲良くなるのにイイね!と喜んで引き受けましたが、これもまた楽しかったのです。

お返しに別の日にお家にお誘いいただいたんですが、
その日は私のお友達とランチ予定が入っていて
「子供も一緒に行くから、午後から遊びに行きます」とお返事したら
「よかったら子供だけ預かるからゆっくりランチしておいでニコニコ」と言ってもらえて。

その選択肢、全く考えもしなかったわー笑い泣き

自分が預かるのはなんの抵抗もないのに、
お友達に預かってもらう、しかも友人とのランチなんて理由で‼️

今までの私なら「いやいや、悪いから!」とすぐお断りするところなんですが
娘もお友達と遊んで待ってるのがいいと言うし。(そりゃそうだ)

思い切ってお言葉に甘えちゃいましたピンクハート

娘はお友達やお姉ちゃん達と遊んでもらって、お昼に焼きそば一緒に作ってご馳走になって…
途中から私も参加させてもらったけど、親子共々楽しかった。

もう1組のお友達親子も一緒に、夏休みは日中暑いから家で一緒に遊ばせようって約束もして…
本当に有り難くてしょうがない。

お友達やママの人柄がいいのはもちろんなので、甘え過ぎちゃいけないけど。

もう ママ友は友達なのか?ドア🚪があったのかすら謎です。
私がドアがあると思いこんでいただけなのか⁉︎
あってもシャワーカーテンくらいペラペラだったのでは。
…きっとそうなんでしょうね〜タラー


ちょっと幼稚園の3年間を損した気もするけど、今日は気がついた自分を褒める事にします。ハート