こんにちは

 

梅雨に入りまして不安定な気温が続いています。

わたくしも、

うがい薬とトローチのみでやっと風邪っぴきが治ってまいりました。

 

サルの域はるかに超えてるの、あたし

の、

 

サルの底力つーかね、自力ですわ。

 

 

梅雨冷えとも申しますように、

皆さまも体調管理をなさってどうぞお体ご自愛くださいませ。

 

 

さて、

本日もお庭の様子などを綴ってまいりたいと思いますので、

今回もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

まずはこちら、

まだまだ開花しています、

 

 

 

 

 

白万重

 

 

これさ、

咲き進むとやね、

 

 

 

 

こんななるんやね、

 

知らんかってん (・´ω・`)

 

ここには、

 

 

 

 

見えへんけど蕾もまだある    

 

 

しかし

どっちがホンマなのか今さらながら、

もしかしたら、

 

どうでもエエかもしれんnobashibo^2*

 

 

 

そしたらこちら、

 

挿木の、

 

 

 

 

 

mary rose

まだ挿し木から幼児期です。

 

 

こくないくちはやね

挿木ばっかしなんで、

 

 

 

 

おんなじもんしかないねん (^ω^)

 

 

 

ではこちら、

地植えの、

 

 

 

 

 

 

インテグリフォリア系 hakurei

 

 

 

 

 

 

少しずつ開花してきましたやん。

 

 

 

でやね、

こっちも挿し木

 

 

 

 

 

ビチセラ系 hanna

 

こちらも去年かその前の挿木なので小さな苗です。

 

 

 

では、

本題の目線かえさしてもらいますね。

 

今季一番花の剪定後に、

まずはこいだけ挿木しましたねん ( ̄Θ ̄) 

 

こちら、

 

 

 

 

 

コレとね、

 

 

 

 

 

 

コレでね、

立派に成長した後に、

STローズ作ろかなって思っとりますねん。

 

いったいイツになるのか

ジブンでも正直、

 

分からんけどねえ (^ω^)

 

 

 

 

そしたら他はやね、

 

 

 

 

3度目挑戦ですわ 笑

 

 

 

どーも樹木類は、

 

 

 

 

つかん (・´ω・`)ゞぽり渋谷 すばる「ば」り

 

 

成功したらなんぼでも送りますよ、

鉢植え管理してえな。

 

 

 

でやね、

樹木はアカンゆうてもやね、

 

こちらは、

 

 

 

なんでか知らんけどこればっかしに

セミが集まる、

 

 

 

 

 

2018yerの挿木、

シマトネリコは大成功 ⌒(・8・) ⌒

 

 

けどコレをどこで管理しよか、まったく予定なし

 

 

でやね、

 

 

お!!

やっとこくないくんは、

樹木の挿し木の、

成功失敗の原理が理解できましたよ。

 

 

 

なぜ、

アメリカデイゴとスモークツリーが、

常に失敗なのか分かりました。

 

あっ!そーか 分かった。

 

あたまエエなぁ~3年目にしてやけど 

 

 

なので先回アップしました、

裏のおばぁちゃまの家の、

 

 

 

 

 

 

このハクモクレンは、

90%失敗に終わると思うわ。

 

 

why?why?why?why?

よくよく考えたら間違いなくアカン、

これでは。

 

 

やり直しです。

 

 

 

他の成功率高しのこちらは、

飽きもせず、

 

 

 

 

近所のオバちゃんが欲しいゆうとりましたのであげる。

バラ、クレマチスはほとんどつくよ。

 

 

 

その、

クレマチス今季挿し木は、

今のところこちら、

 

 

 

 

他は、

少し気温が安定してから予定です。

 

 

そしたら目線かえますね

 

 

今週は、

 

 

 

予防、治療の定期的薬剤散布行いました。

 

噴霧器新調したら、

噴霧量がハンパなく無駄なしで40Lで済みましたよー

って、

今まではいったいなんやの?

 

 

やっぱ噴霧器選びは慎重にしたほうがええと改め思いました。

 

 

あれほど苦痛な消毒でしたが、

楽しく出来るようになりました。

今回は梅雨時期なので展着剤も選びいれました。

 

 

小さなお子さんなどが見えるご家庭さんは

抵抗力ありませんゆえ、

やはり十数年後の危険度に農薬散布には、

気をつけて作業なさってくださいね。

 

 

特に地面に顆粒剤ではなく、

液剤を土に撒く

 

これはご存知のように小さなお子さんには、

散布より危険です。

 

いわゆる噴霧より、

ゆっくりの効き目で効果がゆっくりのぼると言う原理。

除草剤もご存知のようにお子さんにはかなり怖いのです。

土に液剤を撒く、除草剤両者共ゆっくり発がん性ございます。

 

 

 

私はどうしてもと言う時には、

 

除草剤の代用で煮沸熱湯をかけます。

結構効き目ありますよ、試してみてくださいね。

 

 

 

で、

再び目線かえさしてもらいます。

こちら、

 

 

 

meadow sage

 

株分けしたダケで、

 

 

 

 

あっちも、

 

 

 

 

 

┣¨ヤ!

 

こっちにも増えまくる 

挿し木なんかせんでエエゆうよね(;^ν^)

 

 

 

 

 

で、

少しずつ、

 

 

 

 

カラミンサが開花してきましたが、

こぼれ種でどこにでも生えてきて、

あー、

 

たまらんくなった  (;ω;)

 

 

 

アンタもそう思うやろ?

 

 

 

 

挿し木ばっかしとったらアカンで。

 

 

 

でやね、

 

こちらの、

 

 

捨て値で買うたバネッサも、

 

 

 

 

 

昨日夕刻に、

 

 

 

 

切り戻したんで1番花はお終い。

 

 

 

そしたら挿木しまくりの、

 

 

 

 

 

エリオステモンもめ産後ダイエットタ

 

切るブーン

 

 

 

そしたらバラは?

 

あるやん。

絶え間なく、

 

 

 

 

 

ドリフトRが咲いております。

 

 

他は、

 

 

 

蕾ってな・・・もうええわ。

 

 

 

で、

目線変えます。

こちら、

 

 

ルピナスと判明いたしました。

 

 

なので再度豆をいただいてきました。

いわゆる欲がふっかいのでケチつーことですよね。

 

 

で、

2種あってね、

 

 

 

 

パープル系統

 

 

 

そしてお写真の、

 

 

 

 

 

ピンク系統の種

 

これがやね、

めんどくさっくてやね。

 

 

l\ァl\ァ ゆうてやね、

目ぇが見えないんですわ。

 

普段の視力は1.2なんやけどね。

 

目ぇがああゆうてね

 

 

久しぶりにかけた、

TGC

 

 

すっげーわ(⊙⊙) 

 

 

 

 

デスクワーク時ソフトにたまぁ~に使っていましてね、

その後はまったく使わんかったんです。

 

 

結果、

あれだけあった豆から出したら、

 

 

 

 

こんだけって

少ないよね。

 

 

いやいやいや ホンマはもっとあるよ (^ω^)

 

おばぁちゃまに図々しくあくる日にも行ってやね、

気良くいただいたしね。

 

 

そしたら秋になったら、

こくないくん=けこちゃんは、

 

 

 

 

 

う~

テンション ↑ あげあ

 

 

種まき

なんか楽しみだなあ

 

 

 

 

 

けどもっと撒きたい気もするけど、

もう植える場所がありません、ホンマ

 

去年挿木したピエールも今季1番花を見て処分しました。

他バラも思い切って数本、実は先日処分しました。

処分、処分しまくりましたねん。

 

 

やはりアレですね、

なんでもかんでもはアカンよね、

ジブンの気に入ったバラを数本栽培が一番いいですね。

やっと気がつきました、っておっそいかもしれん。

 

 

 

お 

そうゆうたらこちら

 

 

 

以前暮らしていましたフェレットのお写真が出てきました。

 

 

 

そうゆうたらやね、

年2、3度のお客さんやけどね、

 

このコも

 

 

 

イタちゃん

 

かわええなあ~

 

フェレットとどこもかわらへんねん。

おんなじだよね(^ω^)

 

 

ウチはね、

迎えいれたコは全て長生きなんです。

このコも8年でした。

 

 

ハムスターも7年いました。

うさぎインコもいましたよ。

 

生きのも大好きな、

ムツゴロウ一家の、

こくないくん一家ですわ。

 

 

長寿の秘訣は、あんまイジらない(笑)

早くゆうとほかりっぱなしの全て自由

 

 

ららはどうかな?

15年はいっしょにいるつもりです。

 

 

ではここらへんで切りますね。

 

今回も最後までお読みくださいまして、

大変ありがとうございました。

 

そしたらまたね~ (^ω^)

まいどありがと。