コライダスコープ 

コライダスコープ 

人の世は
七色に輝く儚い雅
それはまるで万華鏡のように。。。

大野智と嵐、鈴木亮平くんを見守っています。


テーマ:

娘がバイセクシュアルであることを私に告げたのは

今から5年ほど前の高校生の時でした。

何の予告も無く、ある昼下がりダイニングテーブルに座っている時

とてもカジュアルな環境で言われましたっけ。

 

 

その時の娘の表情を今思い出すと、

とても真剣で眉間に皺を寄せていましたから

かなり考えた上での覚悟ある告白だったのだろうと想像できます。

 

 

その時は

ぇ。。。という感じの静かで小さなショックを受けながらも

この子はその意味を深く知っているのかな

今の時点で本当に確信できているはずがない

と、口にはせずともそんな疑いが湧いてきた事を憶えていて

私の取り合えずの あ、そうなの? という軽い受け答えに少しリラックスしたのか、

好きな女の子が居て仲良くしている事も加えて聞かせてくれ、

その子はちゃんと優しくしてくれてる?と尋ねただけでした。

 

 

思い返すと、娘にはどちらかというと男友達が多かったのですが、

14歳の頃から頻繁に男の子に交際を申し込まれるようになっても

何年かの間一度も受け入れた事が無く

その所為で仲良くしていた男友達が皆去っていくと悲しんでいた事がありました。

 

 

娘は暫く男の子と問題にはなりそうもない事に安易な安堵感を持ちながらも

比較的感情的な子だし、多感な時期なのに

何故仲良しからの申し出も断るのかな?とずっと不思議に思っていたのですが

本人からのカミングアウトがあった後の今では

きっと自分のセクシュアリティーについてずっと悩んでいたからなんだろうと頷けます。

 

 

バイセクシュアルという、

男女両方に恋愛感情や性的欲望を感じる人を指すカテゴリーへの世間の目には

ゲイやレズビアン、トランスジェンダー、Q、Xジェンダーへのそれよりもさらに厳しいものがあり

何よりも怖いのは、それらの同じコミュニティーに属する人達にも

バイに対する理解を持たない人が多くいて、

彼らにでさえバッシングを受けやすいらしい事です。

 

 

だからなお更そんな生き方をよく知りもせずにわざわざ選んでいるのだとしたら辛すぎる

と思う一方で

いや、世間に認められにくい事だからこそ、わざわざそんな事を選んだりはしないだろう

選べない事だから自分に正直にいるのだろう

というお決まりのような自問自答を繰り返して自分を納得させていました。

 

 

カミングアウトした後、娘の事を知る友達だった子が初めてのボーイフレンドとなり

徐々に折り合いは悪化してしまったけれど

その相手に誠実に暫く交際を続けていて

その間も私の中ではやはり様々な葛藤が繰り広げられていました。。。

 

娘が自分はバイであると広く公表している事に対する周りからの風当たりへの不安

 

自分の意見や信念を躊躇いなく発表できる娘の勇気への誇りと懸念

 

この子が本当にバイなのであれば情報をもっと集め知識を深めねばという焦り

 

何も知らない日本の家族、特に狭い世間に住む老いた母には受け入れる器が無いだろうという空虚感

 

この事を友人や知人に話さないでいる動機の正当化とそれが投影する醜い弱さへの罵倒

 

一般的ではない自分を受け入れ正直に、そして強く生きようとする娘への賞賛

 

バイであることは勘違いだったといつか言ってくるのではないか、できるなら娘には

シンプルな人生を送って欲しいというの仄かな願望を持つ自分への叱咤

 

そんな実に様々な事がぐるぐる頭の中で巡り続けていました。

 

 

実は性的欲望は男性にしか感じない私にも

自分がレズビアンだったら良かったな、男だったら良かったなと、妄想した事は何度かあります。

そんな事を思うのは私だけでしょうかね?? 

他にも少なからず居るような気がします(笑)

 

 

だから娘も私の妄想に似た気持ちを抱いているのかも知れないという憶測をした事もありました。

実際動物のセクシュアリティーにははっきりとした境界線で区切られない部分もあると思いますし。

 

 

でも私自身の場合それは、女性との会話、感情交換、女性からのサポート発言や行動が

男性とのそれよりも心地よいと感じる事が多々あったからであって

女性の体を持つ、女性らしい人に惚れる事ができるかといったらそれは私には無理なんですよね。

 

 

アメリカの女性コメディアンに、Tig Notaroというレズビアンが居て、私は大好きなんですが

彼女は知らない人には男性に間違えられるほど男性的な外観を持っていて

その上不幸な事に乳癌を患い両方の乳房を切除し、その後の乳房の整形手術は受けていないので

本当に声を聞かないと女性だとはわからない。

しぐさも感覚も男性的なその人に対しては、その魅力にほんのり惚れてしまうかもと思った事はありました。

私の脳内ではTigは女性側に存在している男性です。(笑)

 

そんな事も踏まえながら、ある時確信に近い気付きを持つ事ができました。

やはり娘は私には想像でしか理解できない性質を持っていて、

女性にも性的欲望を持っているんだなと。

 

 

一番分かりやすいかも?な軽い例を一つあげるとしたらこんな事かも。

 

例えば、親子揃ってK-Popが大好きな私達ですが

才能があるなと思える女性スターを認める事はあってものめり込む事は無い私に対して

娘はガールズグループにもボーイズグループにも同じ感情を持っている事。

両方に同じテンションで、同じ熱意をもって惚れていることが分かるんです。

自分には無い感情だという事がわかります。

 

 

そんなこんなで、

今はとにかくそのままの娘の姿を受け入れているよ、愛しているよ、サポートするよ、

そんな気持ちを直球でもカーブでも伝えていく事に集中しています。

 

 

娘との関係は、親子ですから摩擦が全く無い訳ではありませんが、

話し合う機会も話題も沢山あって笑う機会も多く、今良好です。

そしてこれからも成長していく彼女の事をもっと深く知っていきたい。

 

 

今回、以前から書けたらいいと思っていたこの記事をやっと書く事になったきっかけが

そんな娘の婚約でした。

LGBTQXコミュニティーに属する娘の事情を知っている普通の男性とです。

 

 

以前交際していた男子とは、山あり谷ありの激しい関係にあり

よく泣いて帰ってくる娘にとても辛いものを感じていましたが、見守る姿勢を保っていました。

 

 

もうできるだけの事はした、もうどうにもならない、諦めるしかないといって自分で別れてきた時

私はこれで一つ成長したね、とホッとしたものでした。

 

 

今回婚約をしたお相手との関係は、その以前の彼とのものとは打って違い、

彼と一緒にいて帰ってきた時の娘はいつもリラックスしニコニコと幸せそうで

私もほっこりとした気持ちになれていたので、とりあえず良かった。。。

婚約する少し前から私の事をMamaとテキストしてきていた可愛い子でもあります。

 

 

結婚式は二年先という遠い日だそうですが、

それもまたまだ若く不安定な二人の現実的な計画として良いと思っています。

 

 

これを書いていて新たに気づいたのは

私は実際娘が男性と結婚するにあたって

自分のバイである部分をどう処理する積りでいるのか知らないという事。

これまでの娘の行動を見てきて、

相手に対して誠実であるという事は外せないはずなので

これから話す機会を設けて、

彼女と彼女のフィアンセの心構えを知っていきたいと思っています。

 

 

これを書けてよかった。

隠すつもりは無くても、どんな理由があろうと言わないでおくこと事は

娘の存在と尊厳を汚すものだとずっと思っていたので。

 

 

私に、学ぶ機会と凝り固まった概念を打ち砕く試練をくれる子供達に

感謝しています。

 

 

最後まで読んでくださった方々、

ありがとうございました!

 

 

 

コライダ

 

 


テーマ:

タノワッショヨー

 

다녀왔어요

 

韓国語でカジュアルな ”ただいまー” らしいです

 

それにおひさしぶりー

 

 

 

誰にゆーとるのかわかりませぬが。

 

 

 

相変わらず願うよりも多くの紆余曲折に動かされながら生きてます。

 

 

 

先日、早朝に仕事場への運転中

 

視界から流れゆく葉が全て落ちた木々やそのずっと向こうに

 

澄んだ冬の空気を通して見える雪をかぶった山々を目にしながら

 

ステレオから流れる曲に胸を震わされて

 

ふと感じたんです。

 

 

 

私には分からない言語で紡がれた詩を

 

美しいメロディーに編み込まれて鼓膜へ、脳へ、送られてくる

 

ヒトが創造した芸術

 

 

 

それは年齢、性別、人種や文化、言語の違いを乗り越えて

 

人に与えられた感じる心に訴えてきてくれる

 

 

 

今まであまり親密には感じていなかった国、文化にも

 

こんな間接的な触れ合いがあるだけで

 

愛着を感じるようになれるなんて

 

とても素晴らしい事だなと。

 

 

 

そんな音楽は国境を持たない的な事はもう周知の事実だけれど

 

そしてイタリア語にはもう感じていた事だけれど

 

日本語以外のアジア系言語に関して

 

同じ事を個人的に初めてはっきりと自覚、確認できた事に

 

なんだか心動かされて。

 

 

 

アメリカにいてもやはり 

 

土地柄もあるのでしょうけれど

 

日本と韓国の間には無言の摩擦があって

 

勉学においても技術においても

 

競争心のようなものも存在していると感じています。

 

韓国の食やテクノロジー文化には深く馴染んでいても

 

個人的にはなんとなく超えられない壁を感じていたんですよね。

 

でも最近少しお近づきになれたのが嬉しい♪

 

 

 

でね、もう一つ思う事。

 

 

 

どうしてポップって軽くあしらわれる傾向があるのかしらね?

 

 

 

人気が絶大だからポピュラー・ミュージックと言われるわけで

 

大衆に訴える力を持ってるキャッチーな音楽。

 

脳にも心にもすんなり入ってくる音楽。

 

ポップにだって質の高低はあるわけで

 

私は好きなポップは非常に好きです。

 

 

 

個人的な経験から言ってしまうと

 

他のジャンルを愛する音楽愛好家達には

 

ポップが好きだと言っただけで

 

音楽好きというジャンルから除外されるみたいな雰囲気。

 

 

 

ここで白状するけれど

 

私多分クラシックジャズと言われているジャンルが好きじゃないです。

 

耳に心地が悪い。

 

芸術だということは理解できるんです。

 

でも心がほぐれません。

 

今までそのことを知ってた人は夫だけ。

 

 

 

ええ、多分聴ける耳を持っていないだけです。

 

 

 

クラシックはある程度落ち着いて聴いてられるし

 

素晴らしさが理解できるし

 

酷く心を乱される事がないから選ぶ事も多々あります。

 

 

 

クラシックロックもプログレッシブロックも

 

R&Bもブルースもフュージョンも

 

おおざっぱに言えば好き。

 

グラスルーツとモダンジャズとブルースとロックを合わせたような

 

独特な音楽を作り上げてきた

 

Dave Matthews Bandも大好き。

 

 

 

ジャニーズの楽曲は私にとっては独特で

 

ジャズ調が基礎だったみたいな事もどこかで読みました。

 

嵐にハマったのは本当に予期していなかったことで

 

彼らが門を開けてくれたことで

 

年齢やジャンルに関係なく

 

どんなものでも薦められれば触れてみようと思うようになって。

 

 

 

ただここ数年

 

嵐や智の活動の質になんとなく変化がみえてきた事を感じていて

 

一つの活動を見ても自分が満足できず

 

次の楽しみまで我慢するのに疲れてきていたのもあると思うのだけれど

 

そのお陰と言っていいかどうか('◇')ゞ

 

観ていて楽しくて感心したり笑ったり

 

聴いていて興奮したり感動したり胸を震わせ泣いたりできる

 

もう一つのグループが好きになれました。

 

 

 

 

何故に唐突に韓国語でご挨拶したのか、その原因でもある

 

KPOPでも人気の高いBlock Bというグループ。

 

 

 

ダントツ魅力的なのは、自分たちで楽曲を作りプロデュースしている事。

 

(ZICOという子がプロデュースする音がとても好き!)

 

元気、かっこいい、面白おかしい、クール、やんちゃというような沢山の顔を持ちあわせていること

 

7人のメンバーそれぞれがとても強い個性と魅力、才能を持っていること

 

歌もラップもダンスも受け持ちがあってエンターテイメント性が高い事

 

 

 

あとKPOPには一貫している事かも知れないけれど

 

日本語版も出してくれているし

 

DVDなどは全て国境のないオールリージョン、

 

英語や日本語の字幕を入れてくれていることも親切でありがたい。

 

 

 

私が通勤時に感動を感じた、車中でかかっていた曲は

 

"A Few Years Later"

 

 

ビジュアルなしで車の中でCDを聴くと

 

メロディーの美しさも際立ちます。

 

特にテイルという「天使の声」の持ち主が歌う最後は

 

鳥肌が立って涙してしまうのはお決まりw

 

ボリューム上げてイヤフォンで聴いてね

 

 

 

彼らの曲は構成が良く聴きごたえがあって

 

殆ど大好きだからどれをご紹介しようかとても迷うのだけど

 

今の個人的ヒットをアップしておこうかな

 

 

この曲、頭から離れなくてちょっと困ってるw

 

 

これは日本語の番組だよ

 

 

 

おまけは天使の声、テイルくんを描いたイラスト

 

久しぶりに描いたし。

 

この子は一番年上で一番ちっちゃいw

 

タトゥーを沢山してるのでダボダボの服で隠してる本当は男らしい子

 

熱帯魚好きで名前全部言えるとかいう噂。

 

 

 

ところで明日忍びの国がとどきます。うほ。
 


テーマ:

届きましたよう🍀新しいアルバム初回盤。

 

CD全曲聴いた上で

一通りDVDの鑑賞をしてみました。

 

そこから感じたのは

嵐さん、

将来をしっかり考えて準備しているんだなあということ。

そして再びCDを聴くともっと素敵に聴こえて

好きだなって。

 

DVDからもCDからも

自分たちが世に出していく音楽を大切に扱い

コンサートとの関連性を考えながらもそれに縛られず

これまでの経歴をもち、資源にアクセスできる彼らだからこそできることを探し

これからの嵐の行方に取り組んでいきたいという姿勢が伝わってきます。

 

40台を目の前にした彼らの真剣勝負の様な。

 

少し目頭が熱くなりました。

 

「無題」という名の箱には閉じ込めてしまう壁がない

試せるものはできる範囲で自由、だから

将来への方向性を見つけるための実験にもってこい

 

それを試してみる機会があった

今がよい機会だった

 

インタビューを拝見してそう受け取りました。

 

”変に新しい事を求めなくてもいい

今までの嵐が好きなんだから

そのまま変わらずにいて欲しい”

 

そう願うファンの方たちの声は私も聞いているけれど

そこに対するプロ側の気持ちを

どこかで読んだ事があるんです。

 

”ファンの為に、ファンが望むものだけを作る

というだけでやっていけるほど

アイドル稼業は生半可なものじゃない

自分で道を切り開いていく覚悟が必要なものなのだ” という主旨の記事を。

 

嵐の言葉ではないです。

どなたか記憶にないけれど

アイドルの世界を知り尽くしている方なんだなと。

 

勤勉な潤君は嵐の成長と飛躍を真摯に考えていてくれて

多分彼の人脈を上手く活かして音の幅を広げてくれている

 

翔ちゃんのビジョンは

今回のインタビューからはよくわからないけれど

嵐の将来を考えるなら何かしないと、という気持ちがあるのは同じ様で

”ソロやらなくてもいいんじゃない?”という言葉の前には

実際に個々がソロでやりたいことが無いようだったからこそ

新しい何かを探した

という事情が見えます。

 

まだそれぞれの嵐に見えてきていなかったソロをカットする代わりに

なにか新しいものをやってみたなら
それほど違和感がないかも。

 

智の発言にはよく「バランス」という言葉がでてきて

語彙の少ない彼にとってバランスとは

多数の意味を持つと思うんですよね。

話題、対象によって変わる意味をくみ取るのが楽しい

 

今回の彼のバランスという言葉に感じたのは、

嵐を5人の個体の集まりとしてみるのではなく

5人で形成された嵐というグループを一つの個体としてみた場合の

一番効果的な融合性を探ってみている、という意味なのかもしれないとも。

 

潤君もそれを言っていたかもしれない。

 

又、智の「逆に」というのは、無題という課題が逆に

何か新しいものを見せてくれるんじゃないかと思っている

そう言っているようにも聞こえますね。

 

ニノと相葉ちゃんは受け入れているという印象かな

 

ニノが言ったように、みんなで話し合ってきた過程があってこその

今回のアルバムの企画だから

良かったねって。うん。

 

ニノ、少し疲れているよね

まだ完成していないユニット曲について

何か言うために絞り出している感じがあったし。

 

相葉ちゃんはなんていうのかな

個人的にもとても充実している印象がとても強かったです。

今は葛藤が少なそう。

そう見せるのがプロなのかもしれないけれど。

 

わたし、このアルバムで

もっと嵐が好きになりました。

 

うん、智のソロも聞きたかったよ、

でも、このアルバムは好きです。

そして

彼らが実験と点検を試みた先に

どんな世界が広がっていくのか

目撃したいって思います。

 

嵐、ありがとう。

 

智、翔ちゃん、相葉ちゃん、ニノ、そして潤くん

いつもお疲れ様。

 

これからもあなた方の活躍を見守らせてね。

 

そして智、次はソロを入れてくれないかな。

待ってます。

 

 

 

Ameba人気のブログ