アートセラピー 休日こころの相談室

アートセラピー 休日こころの相談室

ー脳から読み解くこころのかたちー

 

ボディスキャンってなんのことだかわかりますか?

ボディスキャンとは、

自分の身体の隅々まで意識をして

感じてみるということです。

 

自分の身体に意識を傾け、

足の指から頭の先、そして内臓に至るまで

今の自分がどのような身体であるかを

観察していくのです。


足の指のそれぞれが意識してください。

目の奥を意識してください。

痛い、痒い、重いなど

身体が訴えてきることに

気づけるかもしれません。


今まで気づかなかった身体の声が

聴こえてきませんか?


身体を意識することで、

緊張や力が入り過ぎている場所がわかります。

その緊張や力を取り除くことにより

身体の不調が軽減します。

やり方は簡単ですが、

慣れるまでは何度もやってみてください。

 


ボディスキャンに興味を持った方、

ぜひやってみたい方は

↓ ↓ ↓

 

 

 

何かの目標に向かっているつもりでも、

ふと我に返ると、本当にこれでいいのか

本当にしたいことができているのか。。。

突然迷いだすことがあります。

 

やりたいことが複数ある場合は

余計に迷うかもしれません。

やりたいことがわかっていても、

それができない状態だということも

よくあるかもしれません。

 

もう一度冷静に考えてみましょう。

やりたいことが決して

優先されているとは限りません。

やりたいことの配分がすごく少ないかもしれません。

でも、この配分がわかっていると

焦ったり、迷ったりすることが減ります。

 

今は、このぐらいなんだなとわかるだけでも

落ち着くことができませんか?

 

小さくなっている配分を広げるには

どのぐらいの時間をかければよいのか

労力はどうか、今必要なのか、などを

考えることができたら、

目標を立て直したり、

本当は何がしたいのかが

明確になってきます。

 

ゆっくりとお茶でも飲んで

物思いにふけってみてください。

 

まったりとアートセラピーをしてみませんか?

↓ ↓ ↓

 

 

本来、こころは感じる場所です。

あたまは判断してくれます。

からだは判断に従って行動します。

「こころ」と「からだ」「あたま」には

それぞれの役割があります。

上手に役割が果たせると、

私たちはとてもHappyな気分になります。

 

感じる「こころ」の役割を無視して

「あたま」で判断ばかりしていると、

感じた気持ちが寂しがります。

 

「あたま」を優先して

頑張れ!頑張れ!と

からだを動かしていると、

「からだ」が疲れてしまいます。

 

「こころ」「からだ」は自分から主張が

できないので、「あたま」が

見守ってあげる必要があるのです。

 

疲れや緊張、不安、怒りや喜び、痛み。かゆみなど

「こころ」「からだ」が教えてくれていることを

じっくりと「あたま」=思考を休ませて

味わってみるのです。

 

きっと「こころ」「からだ」の声が

聴こえてくるはずです。

この声を無視せずに、

労わってみてください。

 

そうして

「こころ」「からだ」「あたま」

この3つを仲良くさせてみてください。

自分のことや、状態が良くわかりますよ♪

 

 

誰かと「こころ」と「からだ」と「あたま」を

分かち合いたいと思っている人は

↓ ↓ ↓

 

「こころの声」もからだの声と同様に、

ちょっとだけ時間をとって聴いてみます。

こころが楽しいと言っている?

こころが悲しいと言っている?

こころが寂しいと言っている?

 

楽しい、悲しい、寂しいなどの感情が

聴こえてきたら、解決しようとせずに、

その気持ちだけを受け止めてみます。

 

あぁ、悲しいと思っているんだね。

そう、寂しいんだ。

 

私は、あんなことを言われたら悲しいと感じるんだ。

私は、こういうときに寂しいと感じるんだ。

ただそう思うだけでいいんです。

 

こころは様々な感情を受け取る受信聴かんです。

せっかく教えてくれているんだから、

それを無視してはいけないのです。

 

こころは、判断せずに、

あなたの感情をただ教えてくれるだけなのです。

あなたがそれに気づけばいいのです。

 

普段の忙しさに、こころの声に気づくことが

出来なかったり、後回しにしすぎると、

大切なこころの柔軟さが失われ、

枯渇してしまします。

 

なにをやっても気づいてもらえない

あなたのこころは次第に

乾燥してぼろぼろになってしまうのです。

 

ちょっとだけ

あなたの「こころの声」に耳を傾けるだけで、

あなたのこころは満たされる感覚を

体験するでしょう。

 

いつもはつらつとしたあなたでいてください♪

 

 

こころの声を体験したい人は

↓ ↓ ↓

 

 

 

前回、こころとあたまとからだの声について

お話ししましたが、

今回は、「からだの声」をテーマにしたいと思います。

「からだの声」とは一体どういうことでしょう。

からだの声を聴くとは。

 

そう難しいことではないのですが、

お腹が空いた、お腹がいっぱい、

頭が痛い、頭が重い、

腕がだるい、腰が張っているなど

からだは毎日いろんなことを

教えてくれているはずなんです。

 

毎日の忙しさに紛れてしまった

このからだからのメッセージを

無視続けると、からだの不調が出てきます。

 

ごはんをそんなにたくさん食べなくてはいけませんか?

お酒をそんなに飲まなければいけませんか?

それってからだの声を無視していませんか?

あたまや感情を優先していませんか?

ちょっとだけからだの声に耳を傾けてみてください。

 

からだは、もういらないと言っていませんか?

腰が張っているとか、

腕がだるいと言っていませんか?

 

からだに耳を傾けるという作業を

続けていると、自分の状態が

よくわかるようになってきます。

そして、もし腰が張っていると気づいたら、

緊張している腰の力を抜いてください。

呑みすぎていると胃が言っていたら、

呑むのを休憩して、

会話を楽しんでみてください。

 

そんな風に

「からだの声」に耳を傾けることにより

からだの不調に気づくことができ、

前もって対処することができるのです。

 

一度試してみてください。

 

 

自分のからだの声を聴いてみたい人は

↓ ↓ ↓