アートセラピー&カウンセリング

アートセラピー&カウンセリング

ーアートセラピーでにこやかな毎日をー

「てんかん」という病名を知っていても、

詳しことは知らないというのが一般的な認識かもしれません。

 

てんかんを持つ人は、100人に1人。

珍しい病気ではありません。

 

「てんかん」を持つ人の多くは、

発作がなければ日常生活を普通に過ごせます。

ただ、周囲の人たちに発作の理解がないために、

特別な病気のように扱われたり、

偏見を持たれることがあります。

そのために就労が上手くいかなかったり、

人間関係で悩み、

二次障害として

「うつ病」や「不安障害」を

発症することもあります。

 

私は今までに、成人てんかん患者さんの

心理療法を数多くさせていただいています。

当事者の方、ご家族、支援員さんに

てんかんの理解のために心理教育も行っています。

 

てんかんに詳しいカウンセラーは全国的にあまりいません。

 

主治医に聞きにくいことがあるかもしれません。

誰にもわかってもらえない、、、

孤独で疲れたときには

カウンセリングや心理療法を受けることにより、

こころが安心するかもしれません。

一度、お問合せください。

 

りんく・りんく京都

何気なく描いた一本の線、そこに意味はないのだけれど、その線をじっと見ていると、不思議と潜在意識が湧いて出てくることがある。
今、自分を何を考え、何を求めているのか、、、答えはちゃんと自分が知っている。

アートセラピーで、いろんなことがわかるよ‼️