ここプロのブログ

ここプロのブログ

障碍者のメディア事業所「ここリカ・プロダクション」【多機能事業所(B型・移行・就労定着)】で働く人々が書くブログです。

先日、給付された10万円で、GoogleのWiFiルーターとその拡張ポイントのセットを購入した。このおかげで、我が家は一軒まるごと安定したネットに繋げれる環境になった。

この拡張ポイントはスマートスピーカーの機能も持っており、設置してあるリビングによく居る母は、喋りかけて音楽などを聞いている。

 

音楽のサービスは、YouTube Musicで月額980円を支払っていたが、もう数百円払うとYouTubeであのうっとしい広告も入らなくなると言うので、そっちのサービス(YouTube Premium)に変更した。

 

月額1180円。

 

いろいろなサービスが乱立しているから1000円を超えると高い!と思いがちだが、ネットが生活に根付く前の昭和育ちの自分にとってはヘブンである。

 

大学生の頃に一番音楽を聞いた。周りの友人はカラオケで、BOØWY、COMPLEX、や尾崎豊を歌い、自分はB’zを良く聞いて、歌っていた。

 

テレビのCMでこの曲いいぞ!となると、レンタルCDショップに行き、何泊借りるか決定して、録音する媒体であるカセットテープをどの種類にするか決めて購入し、自宅に行ってCDをかけながら付属するカセットデッキで等倍速でテープに音を入れる。

 

アルバムはいいさ、そのまま入れていけば。だけど、自分のお気に入りの曲をカセットに入れるには、どの曲順にするか録音前に考えて、CD用意して、1曲が終わったら次のトラックもしくは違うCDと、、、そんな風にテープに入れ込んでいくのだ。今でも、もちろんプレイリストがどのミュージックアプリにあるからお気に入りの曲を集めるとか順番に関しては理解はできます。で、ダラダラなんてしていたら、返却日が過ぎて延滞料金が課金されるのだ。

 

そんな自分のお気に入りのテープを作り車の中で聞いたり、仲間とドライブに行く時なんかは、このテープかけてくれ!なんて言われて、それ聴きながら遠出なんかするのである。

 

今思うと、その時は贅沢に時間を使っていたなーなんて思う。自分の好きな音楽についての作業だったから苦だと思わないし、楽しかった。

 

それに引き換え、最初の話に戻るけど、

 

月額1180円。音楽は聴き放題。

 

音楽というのは劇的に安くなった。価値が下がったとも言える。

似たような感じで、母親が「昔はバナナは運動会の時にしか食べれなかった高級なフルーツなんだからね」なんて話をしていた。

 

音楽やバナナは大切なのだろうか?

それは大切ではある。

 

でも、自分にとっては、それに付属するエピソードが一番大切なことだと思うね。

カラオケの思い出、ドライブの思い出、、、

あ、友人が亡くなって癒しを求めて聞いた坂本龍一、、、

 

そんなエピソードも月額に含まれると、最高なんだけど。

欲張りすぎ、、、

 

NO MUSIC, NO LIFE.

よりは、

NO LIFE, NO MUSIC.

こっちがピンとくるね。

 

ではでは。

あばよ!

(マルコ)

 

最近は結構忙しい日々を送っています。一週間分考えてFAXで発注をする作業をしました。その中で今まで一人でメニューを決めていたのに、7月8日から私も加わり一緒に注文をしています。後、メニューを考えたり、人数分計算したりと結構頭使ってます。言語障害を持っている私にとっては、良い訓練の場です。これからもいろんな事に挑戦していきたいです。  マエノ

7月に入りましたが、天気が安定しませんね。

そんな中、ここプロでは昼食を外でのバーベキューにしました。

前日までは雨が続いており、天候を心配しながら食材を買い出しに行きましたが、当日は気持ちのよい天候に恵まれました。

 

ここプロ前の敷地は手狭だったので、こころのリカバリー総合支援センターの前庭での会食です。

私たちが食材の調理や炭コンロの準備をすませた頃には、ここプロで仕事を済ませたメンバーも集まりました。

 

(北海道らしく!?)ジンギスカンやホッケの差し入れもあって、昼食にしては

とてもボリュームのある昼食になりました。

食材を余さないように完食しましたので、午後は満腹で仕事にならない人もいたようです。

 

このご時世なので、ソーシャルディスタンスを意識して会食しています。

快晴のもと、爽やかな風もあって、気持ちのいい時間を共に過ごしました。

 

服部

 

コロナ禍で、バタバタとしているなか、先週の火曜日(6月16日)に、開所7年目に突入しました。

このところ、節目を考える余裕もなく、仕事をしてきましたが、この一年、どのように仕事を進めるのか?

どういう展開を考えるのか?今までやってきたことを活かすにはどうしたらいいのか?など考える時間がたくさんあります。

今までは、「人や組織、仕事とどう繋がっていくのか?」ということを考えてきましたが、今は「どのように人と人との距離を保って生活するか」という時期です。それでも、私たちが考える「つながり」は、身体的な距離は取っていても、人とつながることは出来るのではないか?というものです。

世の中が落ち着いてくると、一層「つながる」ということの意味が問われる気がします

今ある時間を大事にしながら、先のことも考えられたらいいと思っています

 

7年目なので、ラッキーセブンな年(?)になるようにしたいですね

 

 

 

 いよいよ出発の時だ!12:50発新潟駅行バスの中へ乗り込む。豪華な装備で、特別な気分にさせてくれる席でありがたいのだが、新潟駅に19:20着予定、おおよそ7時間の長旅が始まる訳である。

 新潟駅には、定刻通りの1920頃着だった。

 いよいよフェリーに乗り出航の時間だ。新潟のフェリーターミナル2305発~秋田経由~苫小牧港到着は、翌日の1720着予定だ。

 フェリー内では、相棒が私に対しての心の内を少し明かしてくれた。相棒は初めて道外へ出て、何もかも初体験であり不安もあったとのこと、その中私がある程度相棒をナビやエスコートしたことに、感謝の意を示してくれたのだ。私はそれを聞いて嬉しくなり、私からも相棒がいて助かっている事柄を伝えた。

 いよいよ苫小牧港への到着アナウンスがながれて急いで身支度を済ませてロビーで下船待ちをした。振り返ってみれば色々あったが相棒の意外な面が見え、のんびりとした渡航体験と東京の刺激やパワーをもらったこと、新しい人との出会い、人の忙しさと目的の達成など総じて言うと旅は楽しく良い経験をしたと思い、また東京へ行きたいと思った(個人でも)。 完  

 

到着2日目、きらりの仕事までまだ時間があったので私の意向で相棒と秋葉原と中野に行くことにする。

その後は相棒が行きたい渋谷へは1人で行ってもらうことに。

相棒から後から聞いた話だが渋谷では時間が無くセンター街すら入れず、写真だけ撮ったとのことだ。

これを聞いた私は、あまりにも相棒にひどい仕打ちをしてしまったと、申し訳ない気持ちでいっぱいだ。

その後私は仕事場である明治大学駿河台キャンパスへ向かった。

到着すると、これでもかと私に対しデカデカとそびえ立ち、近代的威圧感を与える。

これが明治大学のキャンパス内にある、リバティタワーだ!と感動した。

中に入るとまず広いリビングが、ガラス窓が上まで続き明るい日差しが差し込む。

ここプロの会場はその中の15階だ。

高速エレベーターで上がってみるとなかなかの高さで目がくらむ(私は高所恐怖症で)。

そこから会場の部屋へ向かうと東京駅でもお馴染みの二人が待っていてくれた。

だがすぐ一人足りないことに気づく。

何となく嫌な予感がしていたが、相棒がまだ来ていない。

私は相棒と連絡しつつ外へ迎えに行き、無事に合流できた。

本人は遅刻してヘコんでいる様子だった。

いざ開場時間になり、女性二人の来客が!習うより慣れろという事で、いざ実践!参加者からの高評価もいただけてやりがいのある楽しい仕事だった。

参加したその女性の話によると精神障碍者の知り合いがいるのがきっかけで、今は自分で福祉の勉強中とのことだ。

私はもっともっとこういう人が増えて欲しいものだと思った。(続く)

この旅の始まりは、参加方法の打ち合わせだった。僕の中では飛行機で行くのが当然だと思っていた。

ここで問題が!僕の相棒が肺への影響で飛行機に乗れない体質だというのだ。

これを聞いた一人がフェリー案を持ち掛ける。

僕も最初に聞かされた時は冗談だと思っていたが、結局一緒に行くことになる。

僕もフェリーは初めてだったし、飛行機だと2時間の距離を約27時間かけて移動するという事で不安もあった。

 

いよいよ出発の時間だ!札幌駅から苫小牧港へ高速バスで約2時間乗車し、フェリーへ向かう。

フェリー内ではあまりにも長い時間を過ごすわけだから、やる事と言えば寝るか散策かお風呂か食事ぐらいだ。

ひとつ相棒と約束した事がある。

それは朝、日の出をカメラで撮る事だ。

おそらく海辺に浮かぶ日の出の明かりは奇麗だと僕に想像させた。

だが僕は朝早くに起きられず、見逃すことに。

相棒から「バッチリ撮っていたよ」と朗報が!

相棒は頼りになる人だと安堵の気持ちになった。

甲板に出てみたが、部屋着では真冬の太平洋は寒すぎた。

ようやく船旅も終わり、大洗からまたバスで移動する。

次は東京駅だ。

約3時間の乗車だが、近づくにつれて僕の気持ちは高まっていく。

スカイツリーが見えてきてドキドキし、夜景を抜けて、目的地に辿り着く。

ここで、飛行機で到着した2人と無事合流出来て一安心。

僕はホテルに入るや否やベッドへ倒れこんだ。 (続く)

こんにちは。

ナベヤマです。

3月も中旬になり、卒業の季節ですが皆さんもご存じの通り、世間は「コロナウィルス」で

大変なことになっています。

色んなイベントが中止になる中、僕は空気を読ますに、前回のすぎちゃんさんと同様に

家族紹介!!

まだ目の開かない時からもらってきた黒猫の「ちび」君です。

人(猫)一倍警戒心が強く、お客さんが来たらすかさず、猫パンチ!!

ご近所さんには、「あの家の黒猫には要注意!」と言われていました。

そんな、やんちゃな「ちび」は、実家で僕が体調を崩して横になっていると

おなかの上に乗ってきて、丸くなって寝ちゃったり可愛いところも。

そんな「ちび」ももう17歳、おじいちゃんです。

病気にもかかったりしたけれど、元気になりました。

多分、今も丸くなっているのかな?

元気で長生きしてもらいたいです!!

 

昨年6月から働いています、すぎちゃんです。

ブログ初登場の今回は家族を紹介します。
「きいろちゃん」です。
昨年11月、娘の誕生日にやってきました。娘が希望したプレゼント。

最初の名前はイエロー。

どうにも呼びずらく、日本語名に改名してきいろちゃんになった

ハムスターのジャンガリアンイエローです。

とにかく、可愛い!

みんな可愛がりすぎて、喜ぶ姿をみたくて、ひまわりの種をあげすぎました。

肥満になり、今はダイエット中です。
55gから51ℊになった、きいろちゃん。

平均体重は30~40ℊだそうです。

甘やかすだけが愛情でないことを改めて考えさせられます。
おやつを食べれるようになるまで、頑張れきいろちゃん!

1月までは雪が少ないといわれていましたね。

スキー場もゲレンデに雪が少なくてオープン出来ないと言われていました。

しかし、今月に入ってから大雪の日が多くて、札幌周辺でも除雪が追い付かないほどでした。

私も、JRでここプロに通っているのですが、雪による車両不具合や降雪などの為に遅れることが多く、家に帰ったら疲れ切っていることがありました。

家の前の除雪が大変な方も多かったと思います。私の場合は健康上の理由で、自宅前や階段、ゴミステーション前の除雪を免除してもらっているので、とても助かりました。

来週以降も大雪や寒い日があると予想され、色々と大変な思いをすると思いますが、私は暖かい春が近づいていると思って残りの冬を乗り切ろうと思います。