3月のお知らせ | 横浜市鶴見区の「ここから鍼灸整骨院」のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

横浜市鶴見区の「ここから鍼灸整骨院」のブログ

横浜市鶴見区鶴見中央2丁目の「ここから鍼灸整骨院」です。スポーツなどのケガの治療から交通事故。整体、ストレッチ、骨盤調整などの自費治療まで幅広いメニューでお待ちしております。各種保険取扱。

陽ざしや風の感じがだいぶ春めいて来ましたねニコニコ

 

「春眠暁を覚えず」という言葉にあるように、

強い眠気を感じる人が多い時期です。

 

元々の意味は、「春の夜は短く、また気候もよいので、

ついつい寝過ごしてしまう」という意味ですが、

現代を生きるワタシたちの場合

その眠気は陽気のせいだけでなく、

花粉症の薬などが原因の可能性も。

 

花粉症などの治療薬として使われる「抗ヒスタミン剤」

副作用で眠くなることもあるようです。

 

ヒスタミンという物質は、血圧を下げたり、

筋肉の収縮の時に働いたりする以外にも、

花粉やハウスダストなどアレルギーのもとになる物質に反応して、

生体防御機能としてアレルギー反応も起こします。

 

この反応が過剰に出ると、花粉症や喘息になるわけです。

 

その反応を抑える為に、抗ヒスタミン薬が処方されるわけですが、

ヒスタミンは、目が覚めているときに盛んに活動し、

脳全体を覚醒させておく役目も担っているんですね得意げ

 

その為、

 

花粉症の薬を服用する

 ↓ 

ヒスタミンが抑えられる

 ↓

アレルギー反応は抑えられるが頭がぼんやりして眠くなる

 

ということが体の中で起きる可能性があります。

 

なので、最近では、眠気などの副作用が出にくい

「第2世代」と呼ばれる抗ヒスタミン薬が

処方されることが一般的になってきているようです。

 

特に今頃の時期に、十分睡眠がとれているのに

お薬で眠くなることが多い人は、

お医者さんや薬剤師さんによく相談してみてくださいねビックリマーク

 

「薬飲んでないのに眠いんですけど。。。」という方はにひひ

 

 ・朝起きたらすぐに日光を浴びる

 ・日中適度に体を動かす

 ・生活リズムをなるべく一定にする

 ・入眠の1時間前からテレビ、パソコン、スマートフォンなどを控える

 ・午後3時以降はカフェインを摂らないようにする

 

等々、睡眠の質を見直すことを試してみてくださいねグッド!

 

さて、いつものように前書きが長いですが

3月のお知らせです。

3月20日は祝日(春分の日)ですが、

 朝9時から午後2時30分まで受付致します。

 21日(土)は都合によりお休みさせて頂きます。

 21、22日と連休になりますので、お気を付けくださいね。

 

・花粉症対策の置き鍼(シール型の鍼)が好評です。

 「呼吸器」「アレルギー」「免疫力」に関係するツボに

 置き鍼をすることで、症状を抑える効果が期待できます。

 1回480円です。

 

 詳しくはこちらをご覧くださいね。

 https://ameblo.jp/kokokara-info/entry-12573478257.html
 

 

o゜・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*

 

鶴見中央2丁目の「ここから鍼灸整骨院」
ホームページはこちら

むちうち、交通事故治療もお任せください。
交通事故治療専門サイト
最新の治療機器と熟練の手技で
あなたのそのツラい痛みに応えます!

平日 9:00~12:30 15:00~20:00
土曜 9:00~14:30
日曜・祝日休診

横浜市鶴見区鶴見中央2丁目15-28
電話:045-716-8510
JR鶴見駅、京急鶴見駅より徒歩8分 鶴見図書館そば

Google Mapはこちら