生と死のミステリー〈奇跡の脳〉ジル・ボルト・テイラー | マジョリカの恋するように旅をして

マジョリカの恋するように旅をして

恋旅 神旅 宙旅 光と闇のクロスする瞬間


テーマ:

 

 

奇跡の脳  平成21年2月 新潮社より刊行

 

「脳科学者であるわたしの脳が壊れてしまった」

ハーバード大学で脳神経科学の専門家として活躍していた

著者であるジル・ボルト・テイラー女史は

37歳のある朝、脳卒中に襲われます。

 

幸い一命は取りとめましたが、脳の機能は著しく損傷

言語中枢や運動感覚にも多大な影響がありました。

以後、8年間に及ぶリハビリを経て復活を遂げた著者は

科学者として脳に何を発見しどんな新たな気づきを得るに到ったのでしょうか。

 

この本は激しい脳出血から完全に立ち直った神経解剖学者による世界で初めての記録。

 

37歳のある日、喋ることも歩くことも文字を認識することも

何もかも出来なくなってしまった著者は

この本を通して、人間の脳の美しさと回復力の逞しさを物語っています。

 

それは、常に変化に適応し、機能を回復する脳本来の能力に由来するもの

左脳が完全に壊れたことによる右脳への旅は、深い安らぎに包まれたものでした。

 

「頭の中で何が起きているの?」

 

答えと情報を見つける代わりに

私はこみ上げる平和の感覚に満たされていきました。

いつもの頭の中のお喋りの代わりに

あたり一面の平穏な幸福感に包まれているような感じでした。

 

左脳の言語中枢が徐々に静かになるにつれて

私は人生の思い出から切り離され

神の恵みのような感覚に浸り心が和んでいきました。

傷ついた脳の中で広がる虚空にうっとり魅せられていきました。

 

私は生まれて初めて、生を謳歌する

複雑な有機体の構築物である自分の体と本当に一体になった気がしました。

 

脳卒中の最初の日

左の方向定位連合野が正常に働かないために

肉体の境界の知覚は皮膚が空気に触れるところで終わらなくなってしまいました。

 

魔法の壷から解放されたアラビアの精霊になったような感じ.....

大きな鯨が静かな幸福感でいっぱいの海を泳いでいくかのように

魂のエネルギーが流れているように思えたのです。

 

肉体の境界がなくなってしまったことで

肉体的な存在として経験できる最高の歓びより

なお快く素晴らしい至福の時が訪れました。

 

意識は爽やかな静寂の流れにあり

もう決してこの巨大な魂をこの小さい細胞の固まりの中に

戻すことなどできはしないのだと私はハッキリとわかっていました。

 

脳の機能が右側へシフトしたことにより

私は他人が感じることに感情移入するようになっていきました。

話す言葉は理解できないけれど

顔の表情や身振りから多くのことを読み取ることができたのです。

 

まったく予期していなかった脳の深部への旅のあと

からだの面でも認識や精神の面でも

完全に回復したことに感謝すると同時に驚いています。

 

左脳の神経学的なネットワークの昨日を失ったとき

その機能だけでなく過去に持っていた感情的な反発やマイナス思考などの

多様な人格的特徴も失ってしまいました。

 

左脳が回復に到る時に何度も繰り返し頭をよぎった疑問は

回復したい記憶や能力と、好き嫌いや感情や人格をそのまま取り戻す必要があるのだろうか?

 

たとえば自己中心的な性格、度を過ぎた理屈っぽさ

なんでも正しくないと我慢できない性格、

別れや死に対する恐れなどに関係する細胞は回復させずに

流体でなく個体のようで、宇宙全体とは切り離された

「自己・セルフ」を取り戻すことは可能なのだろうか?

 

あるいは、欠乏感、貪欲さ、身勝手さなどの神経回路につなぐことなしに

お金が大切だと思うことができるのだろうか?

 

この世界で自分の力を取り戻し、地位をめぐる競争に参加し

それでも全人類への同情や平等な思いやりを失わずにいられるのだろうか?

 

そして最も重要なこと

左脳の個性を前にしても、新たに発見した〈宇宙との一体感〉を

保ち続けることができるのだろうか?

 

左脳の機能を取り戻すために、せっかく見つけた右脳の意識

価値観、人格のどれくらいを犠牲にしなくてはいけないのだろうか?

 

宇宙との結びつきを失いたくない

自分自身が周囲のすべてから切り離されたひとつの個体だなんて感じたくなかった。

頭の回転ばかりが速くなって真の自分に触れることを忘れてしまうのは嫌だったのです。

 

現代の神経科学者たちは

右脳と左脳の非対称性を神経学の面からのみ説明するだけで満足しているように思われます。

左右の脳の構造に含まれる心理学的、人格的な違いについてはほとんど語られることはありません。

 

右脳の個性が話し言葉や順序だった思考を理解できないという理由だけで

笑いものにされめちゃめちゃにけなされるのです。

 

しかし私は脳卒中により内なる自分を発見したのです。

左脳マインドを失った経験から深い内なる安らぎは

右脳にある神経学上の回路から生じるものだと心の底から信じるようになりました。

そしてこの回路はうつでも機能しており、いつでも誰でもつなげることが可能です。

 

安らぎの感覚は、現在の瞬間に起こるなにかです。

それは過去を反映したものや未来を投影したものではありません。

内なる安らぎを体験するための第一歩は

まさに〈いまここにいる〉ことなのです。

 

西洋の社会は

左脳の「する・doing」を、右脳の「ある・being」よりも

高く評価し、報酬を与えます。

 

悟りは学ぶことではなく、学んだことを忘れること。

 

内なる安らぎを体験するためには

決して自分と切り離すことができないエネルギーと分子の永遠の流れの一部であることを思いだすこと。

じぶんを包む全体と一心同体なのですから自分が弱い、脆いなんて感じるはずがありません。

 

左脳マインドは、私をいずれ死にいたるひとりの脆弱な人間と見ています。

右脳マインドは、私の存在の真髄は永遠だと実感しています。

 

いずれ私は自分を作っている細胞を失い

三次元の世界を知覚する能力を失うかもしれませんが

このエネルギーはただ幸せに満ちた穏やかな海に還っていくだけ。

 

現在の瞬間にもどるためには

心を意識的にのんびりさせる必要があります。

それには急ぐ必要はない、と決めることです。

左脳マインドが慌てふためいて、思いを巡らせ、熟考し、分析している時でも

右脳マインドはゆっくりくつろいでいるのです。

 

最後に著者は

エネルギーの動きや直感について触れずに終わらせることはできないと語っています。

敏感な右脳を持つ人は私が言いたいことをわかってくれることでしょう。

 

右脳は、左脳の限界を超えて

エネルギーを感知することができるように設計されています。

私たちはエネルギー的な存在で

右脳は直感的に知覚する微細なエネルギーの動きを認め解読します。

私はからだのいうことを聴いて自分の本能を信じるだけ。

 

同時に右脳マインドは

因果関係が引き起こす現象を全て賞讃します。

全てが全てに影響を及ぼすエネルギーの世界で

右脳マインドの洞察力を無視するのは馬鹿げています。

 

右脳は全体を感じとり、周囲や内部の全てのものは

宇宙という織物に織り込まれたエネルギーの粒子で作られていることを理解しています。

あらゆるものがつながっています。

 

レイキ(霊気)風水、鍼灸の技術や瞑想がうまくいく理由は

医学的には(科学的)謎のまま

これは、いかに右脳が機能しているかという事実に

左脳や科学が未だ追いついていないからなのです。

 

もしあなたが歓びを体験する能力を失ったとしても

歓びの回路はまだ残っているから安心して!

不安と恐怖をあおる回路によって抑制されているだけ!

 

あなたが心の重荷を捨てて

自然な喜びの状態に戻れることを心から願っています。

 

解剖学者・養老孟司氏と脳科学者・茂木健一郎氏の書評が素晴らしいです。

 

ジル・ボルト・テイラー「TED」講演

 

 

My  Stroke of Insight   奇跡の脳 Jill Bolte Taylor.ph.D.

 

 

 

 

 

 

majolica@高島敏子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス