マジョリカの恋するように旅をして

マジョリカの恋するように旅をして

恋旅 神旅 宙旅 光と闇のクロスする瞬間


テーマ:

 

いよいよ今週末は

古代出雲と吉備国へタイムワープするタイムトラベラー木内鶴彦ツアーvol.2
木内さんと大の仲良し★巨石写真家の須田郡司さんも同行
ツルちゃんグンちゃんコンビにてお届けするその名もイワクラ星人ツアー乙女のトキメキ

そして11月は
幻の富士王朝があったとされる場所に再建された不二阿祖山太神宮へ
収穫されたマコモの葉でお正月のしめ縄飾りを作り
不二阿祖山太神宮と縁のある神社も巡る1泊2日の旅神社

 

サッチー亀井クリヤヨガ

ヒカルランドパーク潜入

サッチー亀井ブログより

 

地球のポータル“スターゲイト”をひらく

三次元でのガチガチのアタマとカラダをどうにかしたくて

クリヤヨガ・サッチー亀井先生のセミナーに飛ぶ気まんまんで参加してきましたよ

24時間365日ランニング姿のサッチー先生から教わった

地球のポータル“スターゲイト”をひらく心魂運動と心魂呼吸がすごい!

 

●ヘルメス杖のポーズ
●ゼロ(零)磁場のポーズ
●トトの涅槃(ニルヴァーナ)のポーズ
●イナンナとヘルメストート(猫と牛)のポーズ
●宇津保舟(UFO)のポーズ
●森羅万象を司る神事(神氣)天風雷雨地のポーズ
●天津金木スワスティカ(卍)のポーズ

ポーズをとっていると

過去・現在・未来を貫く意識と超ニュートラルな感覚がわきおこり

宇宙の一点に漂う覚醒意識状態へとなっていくのでした…。

 

マスタリング・シリウステクノロジーサッチー亀井シリウス星直系クリヤヨガ 
2018年は残すところあと2回!

 

2018年12月2日企画 八ヶ岳シリウスツアー

地球を一周!パンゲアツアーのプレイベントは日本の八ヶ岳から

はじめてサッチー先生とツアーの打ち合せをさせて頂いた時

肉体のチャクラと世界の聖地がシンクロする場所の数々を教えていただき大興奮!

サッチー亀井資料より

 

地球の原初の力を秘めた約束の地こそパンゲアだった

パンゲアとは?

およそ45億年の果てしない時間を過ごしてきた地球。

今でこそ6つの大陸に分かれていますが約2億年前までは1つの大陸だったといわれています。

ドイツの気象学者アルフレッド・ウェゲナーによって発表された「大陸移動説」では

かつてパンゲア大陸と呼ばれていました。

 

プロウインドサーファー時代に世界中を歩き神秘体験を重ねたサッチー亀井さんは、

実は中学生時代にパンゲアの天女に遭遇そこにいた日本の神様とは?

そしてサッチーさんが天女と約束した地こそ、パンゲアだったのです。

 

 

シリウス星人は旅の達人

聖地と知らずに行ったセドナで神秘体験

自力でクラブワールドを立ち上げた大村真吾さんもシリウス出身。

パンゲア構想のスケールが大きすぎて旅行会社クラブワールド

大村真吾社長に相談したところふたりが同郷シリウス星出身だとわかり

さらにサッチー亀井さんの話が面白すぎてプロジェクトに加わってくれることに♪

波動軽々★クラブワールド大村真吾さん

 

爆笑シリウス星人・しんごちゃんねる  大村真吾×サッチー亀井

●世界に共通する古代からのシリウスシンボルマーク
●ビーサンで領事館から電話がきたスペインサンチャゴ巡礼
●グランドキャニオン瞑想キャンプのリーダーはホピ族のマヤの末裔
●収録中におきた超常現象
●幽体離脱中にパンゲアに足を踏み入れたサッチー亀井
●シャンバラ・レムリア系の本を夢中に読んだ中学生時代
●地球上のポータルが移動している!
●エーテル体にある8つめのチャクラはアスタリスクチャクラ

 

 

八ヶ岳の野草創作フレンチ・アシェットで野草料理を食す

あしぇっと八ヶ岳

地球人の肉体をもって生きるには何を食べたら一番よいのでしょうか?

地球が誕生するころ、人間にとって必要な食べものが予め設定されていたといいます。

それが植物….野草なのです。

古代から未来にいたるまで、薬草でもある野草を食すことは新未来人にとって必須です。

 

 

 

新未来人のための覚醒ボディーワークを伝授

地球では、輝く肉体を持ち、霊性を高めるべく

誰もがボディーワークと瞑想が必須の時代になってきました。

ぜひ覚醒ボディーワークを体験してみましょう。

パンゲアツアープレイベント・八ヶ岳編では

禊のための古神道ヨガを伝授いたします▶︎老若男女OK

 

2018年12月2日(日)
シリウス星人☆地球の歩き方サッチー亀井と大村真吾と行く超古代文明パンゲアを巡る地球最強パワースポットツアー

新宿駅発着  日帰りバスツアー

参加料金:35,000円 / 家族割65,000円

 

八ヶ岳パンゲアツアーはこんな方におススメ

●爆笑シリウス星人の超スピトークを聴いてみたい
●古神道、禊、に興味がある
●八ヶ岳に行ってみたい
●野草料理を食べてみたい
●錬金術に興味がある
●世界中の聖地の話が聴きたい
●新未来人のためのボディワークを体験してみたい
一度は参加してみたいヒカルランドツアー!日帰りツアーなら行けるかも〜

 

 

UFOUFOUFO合掌UFOUFOUFOUFO

 


テーマ:

 

 

奇跡の脳  平成21年2月 新潮社より刊行

 

「脳科学者であるわたしの脳が壊れてしまった」

ハーバード大学で脳神経科学の専門家として活躍していた

著者であるジル・ボルト・テイラー女史は

37歳のある朝、脳卒中に襲われます。

 

幸い一命は取りとめましたが、脳の機能は著しく損傷

言語中枢や運動感覚にも多大な影響がありました。

以後、8年間に及ぶリハビリを経て復活を遂げた著者は

科学者として脳に何を発見しどんな新たな気づきを得るに到ったのでしょうか。

 

この本は激しい脳出血から完全に立ち直った神経解剖学者による世界で初めての記録。

 

37歳のある日、喋ることも歩くことも文字を認識することも

何もかも出来なくなってしまった著者は

この本を通して、人間の脳の美しさと回復力の逞しさを物語っています。

 

それは、常に変化に適応し、機能を回復する脳本来の能力に由来するもの

左脳が完全に壊れたことによる右脳への旅は、深い安らぎに包まれたものでした。

 

「頭の中で何が起きているの?」

 

答えと情報を見つける代わりに

私はこみ上げる平和の感覚に満たされていきました。

いつもの頭の中のお喋りの代わりに

あたり一面の平穏な幸福感に包まれているような感じでした。

 

左脳の言語中枢が徐々に静かになるにつれて

私は人生の思い出から切り離され

神の恵みのような感覚に浸り心が和んでいきました。

傷ついた脳の中で広がる虚空にうっとり魅せられていきました。

 

私は生まれて初めて、生を謳歌する

複雑な有機体の構築物である自分の体と本当に一体になった気がしました。

 

脳卒中の最初の日

左の方向定位連合野が正常に働かないために

肉体の境界の知覚は皮膚が空気に触れるところで終わらなくなってしまいました。

 

魔法の壷から解放されたアラビアの精霊になったような感じ.....

大きな鯨が静かな幸福感でいっぱいの海を泳いでいくかのように

魂のエネルギーが流れているように思えたのです。

 

肉体の境界がなくなってしまったことで

肉体的な存在として経験できる最高の歓びより

なお快く素晴らしい至福の時が訪れました。

 

意識は爽やかな静寂の流れにあり

もう決してこの巨大な魂をこの小さい細胞の固まりの中に

戻すことなどできはしないのだと私はハッキリとわかっていました。

 

脳の機能が右側へシフトしたことにより

私は他人が感じることに感情移入するようになっていきました。

話す言葉は理解できないけれど

顔の表情や身振りから多くのことを読み取ることができたのです。

 

まったく予期していなかった脳の深部への旅のあと

からだの面でも認識や精神の面でも

完全に回復したことに感謝すると同時に驚いています。

 

左脳の神経学的なネットワークの昨日を失ったとき

その機能だけでなく過去に持っていた感情的な反発やマイナス思考などの

多様な人格的特徴も失ってしまいました。

 

左脳が回復に到る時に何度も繰り返し頭をよぎった疑問は

回復したい記憶や能力と、好き嫌いや感情や人格をそのまま取り戻す必要があるのだろうか?

 

たとえば自己中心的な性格、度を過ぎた理屈っぽさ

なんでも正しくないと我慢できない性格、

別れや死に対する恐れなどに関係する細胞は回復させずに

流体でなく個体のようで、宇宙全体とは切り離された

「自己・セルフ」を取り戻すことは可能なのだろうか?

 

あるいは、欠乏感、貪欲さ、身勝手さなどの神経回路につなぐことなしに

お金が大切だと思うことができるのだろうか?

 

この世界で自分の力を取り戻し、地位をめぐる競争に参加し

それでも全人類への同情や平等な思いやりを失わずにいられるのだろうか?

 

そして最も重要なこと

左脳の個性を前にしても、新たに発見した〈宇宙との一体感〉を

保ち続けることができるのだろうか?

 

左脳の機能を取り戻すために、せっかく見つけた右脳の意識

価値観、人格のどれくらいを犠牲にしなくてはいけないのだろうか?

 

宇宙との結びつきを失いたくない

自分自身が周囲のすべてから切り離されたひとつの個体だなんて感じたくなかった。

頭の回転ばかりが速くなって真の自分に触れることを忘れてしまうのは嫌だったのです。

 

現代の神経科学者たちは

右脳と左脳の非対称性を神経学の面からのみ説明するだけで満足しているように思われます。

左右の脳の構造に含まれる心理学的、人格的な違いについてはほとんど語られることはありません。

 

右脳の個性が話し言葉や順序だった思考を理解できないという理由だけで

笑いものにされめちゃめちゃにけなされるのです。

 

しかし私は脳卒中により内なる自分を発見したのです。

左脳マインドを失った経験から深い内なる安らぎは

右脳にある神経学上の回路から生じるものだと心の底から信じるようになりました。

そしてこの回路はうつでも機能しており、いつでも誰でもつなげることが可能です。

 

安らぎの感覚は、現在の瞬間に起こるなにかです。

それは過去を反映したものや未来を投影したものではありません。

内なる安らぎを体験するための第一歩は

まさに〈いまここにいる〉ことなのです。

 

西洋の社会は

左脳の「する・doing」を、右脳の「ある・being」よりも

高く評価し、報酬を与えます。

 

悟りは学ぶことではなく、学んだことを忘れること。

 

内なる安らぎを体験するためには

決して自分と切り離すことができないエネルギーと分子の永遠の流れの一部であることを思いだすこと。

じぶんを包む全体と一心同体なのですから自分が弱い、脆いなんて感じるはずがありません。

 

左脳マインドは、私をいずれ死にいたるひとりの脆弱な人間と見ています。

右脳マインドは、私の存在の真髄は永遠だと実感しています。

 

いずれ私は自分を作っている細胞を失い

三次元の世界を知覚する能力を失うかもしれませんが

このエネルギーはただ幸せに満ちた穏やかな海に還っていくだけ。

 

現在の瞬間にもどるためには

心を意識的にのんびりさせる必要があります。

それには急ぐ必要はない、と決めることです。

左脳マインドが慌てふためいて、思いを巡らせ、熟考し、分析している時でも

右脳マインドはゆっくりくつろいでいるのです。

 

最後に著者は

エネルギーの動きや直感について触れずに終わらせることはできないと語っています。

敏感な右脳を持つ人は私が言いたいことをわかってくれることでしょう。

 

右脳は、左脳の限界を超えて

エネルギーを感知することができるように設計されています。

私たちはエネルギー的な存在で

右脳は直感的に知覚する微細なエネルギーの動きを認め解読します。

私はからだのいうことを聴いて自分の本能を信じるだけ。

 

同時に右脳マインドは

因果関係が引き起こす現象を全て賞讃します。

全てが全てに影響を及ぼすエネルギーの世界で

右脳マインドの洞察力を無視するのは馬鹿げています。

 

右脳は全体を感じとり、周囲や内部の全てのものは

宇宙という織物に織り込まれたエネルギーの粒子で作られていることを理解しています。

あらゆるものがつながっています。

 

レイキ(霊気)風水、鍼灸の技術や瞑想がうまくいく理由は

医学的には(科学的)謎のまま

これは、いかに右脳が機能しているかという事実に

左脳や科学が未だ追いついていないからなのです。

 

もしあなたが歓びを体験する能力を失ったとしても

歓びの回路はまだ残っているから安心して!

不安と恐怖をあおる回路によって抑制されているだけ!

 

あなたが心の重荷を捨てて

自然な喜びの状態に戻れることを心から願っています。

 

解剖学者・養老孟司氏と脳科学者・茂木健一郎氏の書評が素晴らしいです。

 

ジル・ボルト・テイラー「TED」講演

 

 

My  Stroke of Insight   奇跡の脳 Jill Bolte Taylor.ph.D.

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 

緑に輝く翡翠は永遠の生命力をもつ霊石∞奴奈川姫の産所へ

2018年9月22日〜24日  アマノコトネさんと翡翠の女神を訪ね巫女修行の旅

 

9月24日  番外編

奴奈川姫の産所から帰るだけの予定が翡翠海岸へ

ぬなかわヒスイ工房でゲットさせていただいた作品も持ち帰れることに

 

ホルスの目の石笛

 

 

 

 

 

 

 

帰京してからアマノコトネさんのOfficeの玄関にはこんな素敵なオブジェが

全てひろってきた糸魚川翡翠海岸の石ちゃんワールド

まるで海の中にある祈りの孤島の場所のよう💙

 

 

ドライバー・コバちゃんもお宝をゲット😆

 

 

お別れの瞬間・笑・さいごまで楽しかった♪

 

 

ツアー報告Blog過去最大3回シリーズを超え今回は4回となったのでした。

 

お世話になりました

奴奈川姫 奴奈川族のみなさま 

ホテル国富アネックスさん 

ホテルセンチュリーイカヤ さん

Cafe Resturant Buonoさん 

高原交流センター-白馬山麓国民休養地さん 

手打ちそば 菊右ヱ門さん 

頸城自動車の田村ドライバーコバちゃんドライバー

ぬなかわヒスイ工房の山田修さん

ご参加いただいたみなさま

ありがとうございました義理チョコ感謝

 

そして4回もブログに写真をアップしているうちに

山田修さんが伊勢へ大首飾りの納品の旅に出て

気がついたら大変なことになっていました!!

 

朝日新聞 三重 松浦武四郎の大首飾り、レプリカ完成 松坂市

 

日本経済新聞 松浦武四郎の首飾り再現 古代勾玉など243個

 

産経ニュース 探検家・松浦武四郎の首飾り再現 古代勾玉など243個
 

伊勢新聞 松阪 武四郎愛用の大首飾り複製 北海道の名付け親・生誕200年記念 三重

 

 

 

蝦夷地探検家・松浦武四郎

 

縄文人見習い・山田修

 

こんどカンパイさせてくださいね〜

 

 

厳しさと優しさを兼ね備えた 何ものにも媚びない動じない

現代の巫女(69人の光・サポーターがついています)

めのみち(女の道)提唱者  アマノコトネさん 来年は石川県へご一緒します。

 

 

沼名河の 底なる玉 求めて得し玉かも 
拾いて得し玉かも あたらしき君が 老ゆらく 惜しも

 

乙女のトキメキ完了乙女のトキメキ

 


テーマ:

 

緑に輝く翡翠は永遠の生命力をもつ霊石∞翡翠色の河の流れに魅せられて

2018年9月22日〜24日  アマノコトネさんと翡翠の女神を訪ね巫女修行の旅

 

23日の夕方、先に帰る4名の方々をお見送りし

3日間ともに過ごしてくれた山田修さんともさようなら👋

これから大首飾り納品のための一大仕事が

 

 

残る13名は日本海沿いをひたすら走り上越方面直江津へと向かったのでした。

 

9月24日 

大国主命と奴奈川姫が愛し合った場所という居多神社♥️

 

 

 

お向かいにある地味めのお土産ショップでなぜか盛り上がる(笑)

 

 

能生白山神社  古代奴奈川族、奴奈川姫を祀り産土神社としたのがはじまり

閑散としていましたが、ここでは筒粥神事など興味深い神事が行われているよう

昔は神事や祭りのときはかなり賑わっていたようです。

 

 

え?狛怪獣

 

 

弁天岩  厳島神社

 

水の女神 市杵嶋姫命いちきまひめのみことが祀られています

 

 

 

さてさて昨晩は直江津駅前のビジネスホテルであるにも関わらず

見目麗しく味も麗しい懐石料理に舌鼓、もちろん新潟ですから

神のお酒日本酒も素晴らしく日本に生まれて喜びを感じる瞬間です。

 

昼食まで時間に余裕があったのでドライバーのコバちゃんが

カニのどでかい看板があったところへ連れていってくれました。

日本海いちのカニ直売所!!「マリンドリーム能生」

昼食前なので食べ過ぎないでくださいね〜と叫ぶも

みんな一斉にいなくなったのでようやく見つけたと思ったら...綺麗に残骸が

コトネさんがみなさんにごちそうしてくれました😋

 

 

そしてツアーラストの食事場所へ 

実際に伺ったら店内もお料理も景色も器もとても素敵なお店でした

次回の糸魚川ツアーを企画したときはまた訪問したいと思っています。

⇩⇩⇩

手打ちそば 菊右ヱ門さん

 

玄関には大きな翡翠

 

 

おすすめ‼︎菊右ヱ門セット 手作り野菜の天ぷらたっぷり 

蕎麦茶おいしい〜 笹寿司おいしい〜 手打ち蕎麦おいしい〜 

カボチャおいしい〜 ゴーヤもおいしい〜 海老が2本も〜

天ぷらは入店してから揚げるのでさくさくの揚げたてが食べられます。

 

 

 

オーナーの岩間洋子さんと ごちそうさまでした💞

 

 

お土産も購入できます💠

 

 

あたたかなおもてなし ありがとうございました。

 

 

奴奈川姫の産所へ 

 

 

 

 

どうやらここは●●●●の場所だったようです。

道のど真ん中にマムシも出現するなかがんばって歩きました🐍

 

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

アマノコトネ日記▶︎ヌナガワ最後の日Add Star

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

ツアーはここでおわりの予定がなんと山田修さんから連絡をいただき

新幹線に乗るまでのあいだ翡翠海岸へ連れていってくれることに🌊

 

わーい😆

 

つづく


テーマ:

 

緑に輝く翡翠は永遠の生命力をもつ霊石∞いよいよ糸魚川へ

2018年9月22日〜24日  

アマノコトネさんと翡翠の女神を訪ね巫女修行の旅

 

 

9月22日 夜

フォッサマグナエネルギーたっぷりの温泉で癒され

3か月間に渡る山田修さんのシーカヤック単独航海〈日本海縄文カヌープロジェクト〉

の映像を見せていただき、私たちの中ではすっかり

現代人に失われた超サバイバル精神により

 

山田修=横井庄一=小野田寛郎=ナイノア・トンプソンの図式

日本海縄文カヌープロジェクトは、糸魚川ヒスイが五千年前の縄文時代中期に、青森県三内丸山遺跡まで海上ルートを丸木舟により運搬されたとする学説を検証する目的で、2011年に結成された会員数三十名の糸魚川市の市民団体である。この報告書は、2013年5月に丸木舟により実施された糸魚川~上越市間の二十六キロの実験航海の続編として、上越市から先の青森市までの航路を2014年5月~7月の三ケ月間に渡るシーカヤックによる単独航海をした結果を纏めたものである。

2015年春 山田修「海のヒスイロード」復活!上越市・青森市間シーカヤック単独実験航海報告書より

 

9月23日 

朝からまぶしいほどの太陽がキラキラと

糸魚川の町を流れる姫川や遠くにみえる黒姫山を照らし

すっかり奴奈川郷に迎え入れられたようなわくわくした1日のはじまり

 

ぬなかわヒスイ工房へ

 

 

 

 

柿や葡萄やオーブやハーブや南瓜や野菜たちが天国のように実る工房前のお庭

 

 

翡翠の石笛

 

山田修さんのお手製オリジナル絵の具の色見本

もののけ姫の顔に塗られたペインティングもこれだそう

大地  地球の色 アースカラー

 

 

小滝川ヒスイ峡へ向かう途中

ヒスイ加工販売の坪井浩次さんのところへ立寄らせていただきました。

30分のつもりがかれこれ1時間近く!朝からヒスイの真力に引き込まれっぱなしです。

 

 

 

 

絶景明星山にかかる雲で巫女修行

 

 

 

高浪の池には約3,5mの巨大魚が棲息中

 

 

今は12mくらいのナッシーになってるかもナ

 

 

ヒスイの巨石 翡翠色の河の流れ 息をのむほど美しい小滝川ヒスイ峡

 

 

さて、1日早く帰る方たちがいるので解散前に素敵なカフェに立ち寄らせていただき

たっぷりと翡翠エネルギーを浴びた後のガッツリスイーツで

アマノコトネさんの奴奈川姫のヨミトリのお話を伺いました。

 

 

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

アマノコトネ日記▶︎糸魚川参加の皆さん知識が高い

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

 

 

 

 

 

 

 

つづく


 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス