ほめる教育研究所 竹下幸喜の【公式ブログ】

今回ご紹介するのは
ドムドムハンバーガーの藤﨑忍社長さんの著書。

テレビ番組、「激レアさんを連れてきた」に

「職歴ゼロの主婦だったけど、39歳で初めて社会に出て、
運命の翻弄された結果、ドムドムハンバーガーの社長になっちゃった人」

として出演された番組を見て興味が湧き
本を読んでみました。

その藤﨑さんの本「ドムドムの逆襲」がとても
面白かったのでご紹介いたします。

ドムドムバーガーは
最盛期には400店舗ありましたが、
現在は26店舗まで減少し

「絶滅危惧種」と
言われているバーガーチェーン。

藤﨑さんは短大卒業後、
21歳で12歳年上の区議会議員と結婚。

息子さんも生まれ
順風満帆な生活を送っていました。

しかし39歳の時に、
旦那さんが選挙に落選して。
体を壊して入院してしまいます。

当時、息子さんは中学2年生で、
生活のために自らが働くことを決意し、

友人の紹介でギャルの聖地
SHIBUYA109で働き、そこで貴重な経験をします。

その後、44歳で飲食店に携わり、
始めた居酒屋を繁盛させます。

そこで、居酒屋のお客さんだった
「ドムドムハンバーガー」の役員の男性から、

「ちょっと手伝って欲しい」
と声をかけられ商品開発に携わり

その後、正式に入社し、
神奈川・厚木店の店長に就任。

多くの問題を解決し、
がむしゃらに働いた藤﨑さんは、

入社半年で「東日本エリアマネージャー」、
そして入社10ヶ月で社長となったのです。

以上が、主婦だった藤﨑さんが
ドムドムバーガーの社長になったという
不思議な人生の流れです。

その藤﨑さんの、その時、その場所での
素晴らしいいろんな取り組みはあるのですが

このメルマガでは
1つのキーワードにまとめたいと思います。

それは、

「心地よい空間づくり」です。

藤﨑さんはいつも、どんな場所でも
この、「心地よい空間づくり」
に注力しておられます。

ではどんな
「心地よい空間づくり」をしてきたかというと

藤﨑さんが中学生の頃は

藤﨑さんのお父様も政治家で、
お父様を応援してくれる支持者の方たちが

居心地が良い空間になるように
自然と心がけるようになったと言います。

その当時に実践したことが、
その方の「名前を呼ぶ」こと。

「〇〇さん、こんにちは。
先日はありがとうございました」

と大人の方々の名前を覚えるようにして
当時から会話をしていたということです。

いや〜、すごいですね。
中学生の頃からその実践!

名前を呼ばれて話をされたら
誰もが嬉しく感じますよね。

大人でもなかなかできないことを
中学生で実践するところがすごいところです。


その次の実践は、結婚し、主婦時代、
旦那さんの選挙活動のお手伝いをしている時

政治家の妻として周囲への感謝を感じ
こう語られています。。

旦那さんの選挙のサポートをしてくださる
その方々に対して、

「心を込めて淹れたお茶をお出ししたり、
嬉しいと感じていただけるようなお話をしたり、

目の前にいる支援者の方のお気持ちを大事に、
居心地良く感じられるように心がけました」

そういうことを心がけて旦那さんの
選挙のサポートをされたっということでした。

そして、旦那さんが倒れて
働かなければならなくなった後

ギャルの聖地
SHIBUYA109で働き始めてからは

娘ぐらい歳が違う
スタッフと信頼関係を築くために

スタッフの子たちと
毎月1回は皆でご飯を食べに行き

プリクラを撮ったり、恋バナを話したり、
悩みを相談しあったり
信頼関係を深めていったということです。

ドムドムで柔軟にチャレンジできる「今」のベースは
この時、培ったものだと藤﨑社長は語っておられます。


そして次の、居酒屋時代でもやはり、
お客様に心地よい空間を提供することを意識。

この場所に来て、
より良い時間を過ごしていただくために、

例えば、お皿ひとつにも気を使う。
心を配る、相手に心を尽くす、その1点だと。

お客様がこの店に何を求めているのか、
その先を読むのだと・・・。



そして、ドムドム入社後
スーパーバイザー時代は

現場スタッフが困ったことなどを
相談しやすい雰囲気を作るために

店舗回りの時、感謝の気持ちや
従業員へのメッセージを伝える
手紙を置いて帰ったということ

会えなかったスタッフにも
言葉を添えるようにしたのだそうです。

手紙を書くって
なかなかできないことです。

ところが、
手紙をもらった方はとても嬉しいものです。
何度も読み返したりします。

あなたはスタッフさんに
お手紙書いたことがありますか?

そして、
ドムドムの社長になってからの実践です。

1、社内の風通しを良くして、現場の声をしっかり聞く
2、週4日は各店舗をまわる
3、「ドムドムとは何なのか?」を模索する

藤﨑社長はこう言ってます。

「ドムドムの未来を作るためにまず着手したのは
スタッフとの信頼関係の構築でした」と

会議でも、立場を超えて
自由に発言できる場にしたそうです。

それも、笑い声が出てしまうような
明るい雰囲気を大切にする会議だということです。

「笑い声が出てしまう会議」ですよ。

あなたの組織の会議で笑い声、出てますか?

と言うより

笑い声出したらどうなりそうですか?



全てに通ずる
「心地よい空間づくり」です。

実は、ほめ達が
求めているところもココなのです。

「場づくり」です。

優秀なリーダー、数字が上げられるリーダー
これも大事なことですが

それよりも、今は
「心地よい場づくり」ができるリーダーが
求められているのです。

「このチームにいると心地がいい」
「この人と一緒にいると自分もできるかもしれない」

そう思わせてくれるリーダーです。

ナポレオンはこう言っています。

「リーダーとは、希望を配る人のことだ」と。

まさに藤﨑忍社長は、
希望を配る人だと思います。

この人と一緒にいると、
私もできるかもしれない!

今はできないかもしれないけど
ここにいるとできるようになるかもしれない!

そんな希望を配り、与えてくれる人です。

今、ドムドムは50周年です。
藤崎社長は、さらに50年先、

スタッフとお客様に寄り添い
100周年も愛されるブランドでありたい!

そう言われております。

スタッフさんや、お客様に
思いやりと心地よい空間を提供し続ける

藤﨑社長のドムドムハンバーガーから
目が離せませんね〜。

あー、丸ごとカニバーガー食べたい!

藤﨑忍社長、
九州・大分にも出店してくださーい!


No,47

「ドムドムハンバーガーに学ぶ「思いやり」経営戦略」

 


参考図書:
「ドムドムの逆襲」39歳まで主婦だった私の「思いやり」経営戦略
著者:ドムドムフードサービス社長 藤﨑 忍