いんふぞりあが湧いている。

テーマ:

 いやね、最近と言ってもここ一年の話なんですが。

 

去年、夏ころからマイブームとして爬虫類熱が始まったのですが、

 

生体は結局、レオパ一頭と、コモチミミズトカゲ計4頭(内一頭は✰)を、

 

購入したに過ぎないんですが、書籍のほうがね。

洋書。

あ、この本、紹介してないな。

ま、そのうちに。

 

書籍代だけで安いレオパなら、軽く2匹は買えるくらいになったな。

 

一番最近が、

まぁ、図鑑的な物。

 

読んで面白かったのが、

どんどん、ペットの世界から離れています。

 

ペットから離れていると言えば、

もう、10年以上前の本ですが、

 

今は亡き、千石さん監修の雑誌。

 

いいっす。

 

今の時代、発行してもどうかという内容なので、

 

当時、3冊発刊で✰。

 

3冊目は千石さんの手を離れていると言うのと、

 

お高いんでまだ、未入手ですが市場にはでてるんで。

 

中身は版権絡みそうなんで、載せませんが、

 

入手の機会があれば、ぜひ、という感じ。

 

B〇〇K O〇Fあたりでぽろっと、出てるかもしれません。

 

レプタイルズFANからのからのREPFANはバックナンバー揃えましたが、

 

ビバガは、多いし古いし、どうかとおもいつつ、

 

和物、床に直置きなんで本棚かどっかしまいたいなと、

 

入るすき間のない本棚を見ていたら、

あ。

最初の3冊、当時買ってやんの。

 

これは、あと70冊近くを、買い揃えろと言う事なのでしょうか?

 


テーマ:

 うわあ、HKネタ、1年以上書いてなかったな。

 

正確に言うとローリーポーリーもHKなんだけど、

 

ABでカウントすることにしちゃったからな。

 

で、1年ぶりのHKネタ。

 

手の届く範囲では、一番の念願の物を入手しました。

 

まずは、この画像。

HKを知って集め始めた人が、もしいたらいたら、

ピン、とくるかしら。

 

ここでも何回か紹介してる、Primordial Soup。

 

2017/920にみのじさんの本を紹介した時に、

 

Soupの方は3個あるけど、Sloopの方が高くてねぇって話でしたが

うわ、見にくい。

 

Sloop、手に入れました。

 

HKの中でも大きい、Primordial Soupですが、

 

改めてその大きさがわかる比較対象を置いてみました。

花札です。任天堂の「朝日桜」。

 

ちなみに、ただの花札じゃなく、コレクターらしく、

消費税導入前のトランプ類税証紙付き。

 

いつものことながら、これで大きさわかる人がいるのやら。

 

話題は戻って、本体部分はオリジナルと一緒なのですが、

中も一緒。

フタのパーツが新たに作られてるようで、

 

中央の造形もそうですが、下からつながる亀たちも、

 

甲羅の模様などが変更されています。

 

中央部分はSloopの方がカッコイイな。

いいっす。

 

オリジナルが1995年。

香港で行われた、HKのイベント限定のSloopが1999年。

いつも、4諭吉以上してて、時には5とか6とかで出たりするんですが、

 

今回は2.7諭吉。

 

特にキズもクラックも無く、いい落札でした。

 

 

前回のAB,今回のHK、そしてそのうちネタにする本、

 

今年の夏は念願の物が次々と手に入る、夏でした。

 

ん、もう冬だっって?


テーマ:

 もう、少し前になるのですが、勝負に敗れた例の奴。

 

入手出来ました。

 

Jabba           2002    限定数500

これによって、45種類ある、Roly Polysの44種類までが揃いました。

 

いつも、チラチラ画像上げるばかりなので、

 

改めて、ご紹介いたしましょう。(アルファベッド順)

 

HARMONY KINGDOM       Roly Polys

             Alfred                        Bela                         Benny

             Bones                       Boris                         Botero

             Brando                     ✰            Cass

    Chaney/Jabba                   Costello                   Curly

        Cyril                            Divine                     Dozzie

       Dom                             Elvis                        Fang

           Fats                       Fergie                    Frankie

          Garcia                     Gleason                 Hardy

          Henry                     Hilda                      Hitchcock

           Kennedy              Liz(未開封)             Louis

           Mae                    Monica                   Mostel

           Nick                   Orson                     Ozzie

            Pavaroti              Roseanne                Rossie

            Rudy                  Rush                Tony and Gerrge

           Victoria               Winston

✰部分が未入手のCandyと言う奴です。

 

番外編としてイベント限定の

           Fred                                     Homer

 

ハロウィンシリーズが2000個台、その他は4~5000個~11000個台。

 

それぞれに、生産数の1割~2割ほどのシークレットとして、

 

ハードボディがあります。

 

吸血鬼とコウモリ、サンタとトナカイはイギリスバージョン、米国バージョンや

 

カナダバージョンなどがあります。

 

一番お高いのが最初のKennedyさんの3.6諭吉。,2個め3.2諭吉。

 

Jabbaが,27諭吉、1諭吉が跡数個、その他が平均して、0.5諭吉。

 

集めたのが、総数で110個ほどですので、

        

・・・計算はやめましょう.。

 

Candyはオークションには上がってきているのですが、

 

どうも箱がなかったり、カードがなかったりで、

 

入手できていませんでした。

 

今調べてみると、生産数が2000と少なめで、

 

入手難度は高かったみたいです。

 

KennedyとJabba、手に入れた今となっては、

 

それほど難しいものではないので、近いうちにゲットだぜぃ。

 

 

ふう、何とか今月2回目、行けました。

 

 


テーマ:

 おっと、今月も残りわずか。

 

前回から1か月空いたな。

 

あと一回、月内に書けるのか。

 

と言ったところで、今月、入手のお魚。

いつもより増してマイナーなお魚ですが、わかる方、いるかな?

 

アフリカンマッドフィッシュさんです。

 

なかなか、見かけない魚ですが、

 

存在を知ってから、欲しくて、お店にリクを入れると、

 

すぐ,入荷してきてたので、

 

ま、時期にもよるんですが、比較的入手は容易いです。

 

過去に何度も手にいれてますが、

 

今回が最小サイズではないでしょうか?

 

最大で15センチ位のまでは見たことありますが、

 

ここまで小さいのは初。

見えにくいのですが、ポリプテルスような鼻管があり、

 

上側に伸びる口を持っています。

 

大きくなるとそれほどではありませんが、

 

小さいうちは、水草に着く、藻類などを食べてくれます。

 

別名、タバコフィッシュ。

 

見た目が葉巻の様に見えるところからですが、

 

今回のは、ショートピースより小さいです。

 

私がこの魚に惹かれた最大の売りが、

 

1科1属1種の魚だと言う事。

 

現在、日本のペットトレードで入手できる、

 

1科1属1種の淡水魚は10種類もいません。

 

クロコダイルは亜種分けされたしなぁ。

 

中には現生種で1目1科1属1種なんて魚も2種類ほどいて、

 

これも、国内で入手可能。

 

気になる方は調べてみると、お魚に少し詳しくなれるかも。

 

ふう、少ない写真で、何とか一ネタいけたか。

 

いつもの撮影用のケースで、今まで出てきた魚と、

 

大きさの比較はできるかと思いますが、

 

比較対象様に、ハーフムーンさんに一緒に写ったのを。

ちょっと、距離あるんですが、明らかにベタの胴体部分より、

 

小さくて細い、個体です。

 

 

流石に、一ネタ過ぎて申し訳ないので、

 

最近常連のアンフィビウスさんの水替え風景なぞを。

背中が出るどころか、かろうじてお腹が水につかってるレベル。

 

さすがの肺魚さん、ここまで水を抜いてもぜんぜん、へっちゃら。

 

このまま、水中ポンプや流木をゴシゴシしに、

 

10分は置いておきますが、背中が乾いたら、

 

勝ってにのたくって、自ら濡らすと言う、お利口さん。

 

虐待じゃないですよぉ。

 

現地でも、今いるとこの水深が下がってきたら、

 

他の水場に、のたくって移動すると言う、習性を持っています。

 

ああ、肺魚って奥が深い。

 

それでは、また、今月中に。


テーマ:

 そういえば、たろおさんでひとネタありましたね。

 

ハモリ展で手に入れた、

守亜さんのホシガメ。

 

たろおさんと並べて撮ろうと思ってましたが、

 

さらに並べれる物、手に入れてました。

一応、貯金箱って事になってますが、

投入口は、

腹側。内側もしっかり作りこまれてなく、

 

出すときは、完全に破壊しなけりゃならないタイプ。

 

でも、かなり硬い素材で出来てるので・・・。

 

これも単品で見るとかなりリアルっぽく見えますが、

うん、守亜さんの勝ち。

 

たろおさんを入れても、

うん、守亜さんの勝ち。

 

たろおさんの模様がいわゆる、細ラインって奴で、

 

黒の面積が多いんですが、黄色い線太くて、

 

割合も半分に近い方がかっこいいな。

貯金箱は正中線ないからビルマホシか。

 

偶然にも、すべて雌のようです。

しっぽ、短いでしょ。

 

ちょっと短かったけど、これで今月2回目も無事に終わりました。

 

最後に、この方。

相変わらず、くちびる押し付けてます。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス