こじろうのフォトダイアリー
Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2005年05月28日(土)

リフレクションズ~光芒

テーマ:

135mmF2Lのボケ加減を使った例。


EF135mmF2L

皇居のお堀に太陽が反射し、樹木の下にひっそりと咲いた花を照らした。

草むらを通過した光が、真円ではなく草木の形を描く。

なんだかわけのわからない幻燈会のよう。


EF135mmF2L

「このレンズでしか撮れない写真がある」

Ef135mmF2Lも間違いなくその一本。

328、218をはじめ、望遠大口径単焦点Lにはその価値あり。

2005年05月26日(木)

リフレクションズ~若葉(2)

テーマ:樹木

在庫減少のため節約モード。 EF135mmF2L

夕日をいっぱいに受けた若葉。

皇居お堀の脇の並木にて。

2005年05月24日(火)

リフレクションズ~陽だまり

テーマ:樹木

reflection

━━ n. 反射(光,熱); 反響(音); 反映, 映像; 生き写し; 反省, 熟考 ((on)); (熟慮の結果の)意見, 感想; 非難, 恥辱 ((on)).


反省、熟考、非難、なんて意味があるのは知らなかった。


EF135mmF2L

緑のステージの上の、木漏れ日のスポットライト。



EF135mmF2L
草から顔を出した別の草。



ところでメールありがとうございました。今日はまとまらなかったので、近日中に。

2005年05月23日(月)

リフレクションズ~水面

テーマ:構造物系

水面は鏡となってさまざまなものを映し出す。

ありのままに対象を映す完全な鏡ではないのが面白いところ。


EF135mmF2L

雨上がりの浜町公園。

ほんの小さな水たまりが公園のベンチを映す。


EF50mmF1.8

新緑の光の成分が水面に作る造形。

影でもなく、実体でもない。

江戸橋の高速ガード下にて。


EF50mmF1.8

朝陽と水面からの照り返しが橋の手すりを照らす。


EF300mmF2.8L+EX1.4II
アメンボウたち。

小さな生物なのに、その軌跡は明瞭な波紋となって描き出される。

泡箱や霧箱の原理に近い?

千鳥ヶ淵にて。

2005年05月22日(日)

リフレクションズ~影・樹木

テーマ:樹木

入り口で門番がナイフで影を切り取る。

自分の中で、「影」にはそのイメージがまとわりついている。

人の影は人とともに旅することができるが、樹木の影は樹木と同じく、基本的には一箇所で生涯を終える。


日付は違うが、すべて皇居周辺で撮影。



EF50mmF1.8

石垣に落ちた影。

石垣、樹木、一日という3つのサイクルの違う時間が織りなす絵。

同じ場所に同じように落とされていた影だが、一度として同じ影ではなかったのだろう。


 

EF50mmF1.8

影はもう初夏の濃さ。

レタッチのせいもありますが・・・


 
EF50mmF1.8

アスファルトのざらついた表面に落ちた影。

影とは、光の相補概念であり、物体の輪郭のみを抽象化するのものであり、その輪郭すらぼやけてしまうあいまいさを持つ。


 
EF50mmF1.8
長く伸びた影。

広々とした都心の贅沢な空間の、自然のギャラリー。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス