youのお腹一杯の美容室経営ブログ

youのお腹一杯の美容室経営ブログ

有限会社小島ヘアープロジェクト 代表取締役
美容師の仕事改善アドバイザー
小さなサロンの志幸塾 主宰
20年間のサロン経営で得たノウハウを基に、初級経営者向け独自メソッド用い、
ママ美容師が楽しく働ける職場作りの専門家

サロンオープンから早23年😁
法人化して、社保完備15年😆
完全週休2日12年👊
実働週40時間を実現😎

パートさんが家庭との両立システム確立😁
スタイリスト育成→幹部育成システム確立😲

楽しく幸せに働きながら、素敵な人生の考え方や過ごし方の話も数多く上げていますおねがい

✂️プロフィール

2020年は、お悩みオーナーやスタッフを劇的に"幸せ路線"に導きたいな❗️
幸せなライフ&ワークは、笑顔と好奇心から生まれるのかもしれない❗️
まずは、読んで見てね、出会いがあるかも↓

「志幸塾」のホームページ🚀

講習・コンサルのお申し込みは、HPから✏️




緊急事態宣言の中、行動が制約されてしまいますね。


真面目な人ほど、ストレスが溜まる。


先月、当サロンのニュースレターに載せた一文を紹介しますね。


ちょっと背筋が涼しくなる法音寺のお坊さんの説法より。




🍧☀️🍧⚡️🍧☀️🍧⚡️🍧☀️🍧⚡️🍧




あるところに、お釈迦様が多くの人たちから尊敬される姿を見て、ひがんでいる男がいました。


「どうして、あんな男がみんなの尊敬を集めるのだ。いまいましい」


そこで、男は散歩のルートで待ち伏せして、群集の中で口汚くお釈迦様をののしってやることにしました。


「お釈迦の野郎、きっと、おれに悪口を言われたら、汚い言葉で言い返してくるだろう。その様子を人々が見たら、あいつの人気なんて、アッという間に崩れるに違いない」



そして、その日が来ました。


男は、お釈迦様の前に立ちはだかって、ひどい言葉を投げかけます。


お釈迦様は、ただ黙って、その男の言葉を聞いておられました。


弟子たちはくやしい気持ちで、「あんなひどいことを言わせておいていいのですか?」とお釈迦様にたずねました。


それでも、お釈迦様は一言も言い返すことなく、黙ってその男の悪態を聞いていました。



男は、一方的にお釈迦様の悪口を言い続けて疲れたのか、しばらく後、その場にへたりこんでしまいました。


どんな悪口を言っても、お釈迦様は一言も言い返さないので、なんだか虚しくなってしまったのです。


その様子を見て、お釈迦様は、静かにその男にたずねました。



「もし他人に贈り物をしようとして、その相手が受け取らなかった時、その贈り物は一体誰のものだろうか」



こう聞かれた男は、突っぱねるように言いました。



「そりゃ、言うまでもない。相手が受け取らなかったら贈ろうとした者のものだろう。わかりきったことを聞くな」



男はそう答えてからすぐに、「あっ」と気づきました。
お釈迦様は静かにこう続けられました。


「そうだよ。今、あなたは私のことをひどくののしった。


でも、私はそのののしりを少しも受け取らなかった。


だから、あなたが言ったことはすべて、あなたが受け取ることになるんだよ」