5円玉持って岡南神社(八十路を生きる)

5円玉持って岡南神社(八十路を生きる)

車に乗れなくなった。歩くしかない。歩き始めはまず岡南神社。そこからはあちこち。感じたまま、思ったまま。子供の作文です。

「あらたにす」は、「新’s」(ニュース)がテーマであるが、「あらたにん」には特定のテーマがない。いわゆる「つれづれなるままに」になりそうである。

2020年(令和2年)5月31日(日)

 

世界人口 約77億4470万人余 

 

世界の新型コロナ感染者数 6,954,187人(16時20分現在)(Googleニュース

 

上昇型      ブラジル インド ペルー チリなど約45ヵ国

ピークアウト型 アメリカ合衆国 ロシア イギリスなど約50ヵ国

下降型      スペイン イタリア ドイツ 日本など約90ヵ国

 

大雑把な分け方だが、とにかく上昇型が少なくなり、下向きの国が多くなっていることは確かだ。

ヒト・モノ・お金の動きの点では、インターネットの普及と各国の金融緩和、財政支出拡大などの政策によって

1 お金(目安は株価、為替、金利など)

2 モノ(目安は貿易額、各産業・企業の売上高など)

3 (空運・陸運・海運)

の順に動きが戻ってくるものと予想できる。

1929年の世界大恐慌、その後のブロック経済、戦争への道のようなことは考えられない。その際もテレビ・インターネットなど情報通信技術の発達が、大きく寄与するものと思われる。(世界の状況、事実の共通認識。そこから来る人類共存のためのより良い判断)

人・モノ・お金の停滞で個々の人生が振り回されるが、辛抱と知恵と協力で、きっと切り抜けられる。信じて生きていきたい。

だからどうした。それがどうした。

1956年(昭和31年) 12月鳩山一郎内閣から石橋湛山内閣へ 神武景気2年目

  原子力委員会設置 日本原子力研究所設置 ソビエト連邦と国交回復 日ソ共同宣言 国際連合加入 経済白書「もはや戦後ではない」と表現 メルボルンオリンピック 太陽族 「ケセラセラ」

 

烏城高校 51日在籍数(560) 定員(480) 

 

岩田日記(抜粋)6

6月20

久し振りに行く学校は楽しい。Mさん、Sさんらと話をするのも又愉快だ。今日も未だニコニコしていたのだろう。自分の成績も恥じることはない。堂々としたものだ。

今日仕事は公休、母はいるし、一日中うとうと眠ってしまった。今日ぐらい眠くて、又よくもこんなに眠った日は少ない。

6月23

仕事も少しばかり面白みが出てきた。しかし、依然としてセキがとまらないのには心配する。

今日四面の大組をやらせてくれた。編集員が組むようなものだ。仕事は佐藤さんと歩を合わしながらまあまあうまくいっているように思える。先日より鋳造と解版に一人づつ入社している。なんでもMさんが佐藤さんと交替で四面を組むように云われたそうだ。認められたと思うと嬉しい。

 

〇自分(横山)

歯科商店の営業(歯医者さん廻り) 

〇倉敷駅まで汽車(山陽本線 上郡駅ー倉敷駅間が電化されたのは1960年昭和35年10月1日。まだ電車ではなかった)とオートバイ(スズキコレダ125CC)。

月曜 倉敷市内 火曜 総社 水曜 水島 木曜 倉敷市内 金曜 倉敷・西阿知・船穂 土曜 玉島   

〇同郷で同級生の長島のさんちゃんは、西大寺・邑久・備前・日生・和気・吉永・三石など東部方面(ヤマハ125CC)。

二人とも、お店に帰ってから登校

だからどうした。それがどうした。

1956年(昭和31年) 12月鳩山一郎内閣から石橋湛山内閣へ 神武景気2年目

  原子力委員会設置 日本原子力研究所設置 ソビエト連邦と国交回復 日ソ共同宣言 国際連合加入 経済白書「もはや戦後ではない」と表現 メルボルンオリンピック 太陽族 「ケセラセラ」

 

烏城高校 51日在籍数(560) 定員(480) 

 

岩田日記(抜粋)5

表紙

本文

 

6月12日 

サンドイッチ35円 木村屋カシ50円 福神漬25円 ケチャップ35円 コロッケ20円 リンゴ2ケ20円

今日も一人 二、三日は覚悟しなければならない。朝、おばさんが飯を持って来てくれた。帰りMさんに会ったといったら気に障ったのかもしれない。親しみを持って云ったつもりだが、エチケット知った高い人にはそうは聞こえなかったのかも知れない。

病院へ行った。経過は良いらしい。白井さんも一緒だと聞いて驚いた。

一人何も全部やっていく、面白いことだと思った。初めて増頁の六面を大組した。認められたのだと思うと嬉しい。気分がずっと愉快になった。 

6月13

今度の清の病気で家の中が全く疲れ果ててしまったような状態だ。金もなく晩は母とSさんの所まで金の都合をつけに歩くやらで、母も自分も疲れ果ててしまった。

奉還町をぶらついて、西口で五十円の玉子丼を食べた。腹が減っていたのでうまかった。もう帰っても自分で料理などする気にはなれない。

 

〇自分

歯科商店の営業(歯医者さん廻り) 汽車(山陽本線 上郡駅ー倉敷駅間が電化されたのは1960年10月1日。それ以降は電車?)とオートバイ 

月曜 倉敷市内 火曜 総社 水曜 水島 木曜 倉敷市内 金曜 倉敷・西阿知・船穂 土曜 玉島   

お店に帰ってから登校

だからどうした。それがどうした。

  世界 4月14日 4月15日 4月16日 4月17日 4月18日
  曜日
  時刻 23 23 14 23 23
  感染者数 1,942,203 2,013,793 2,078,273 2,188,472 2,274,498
  前日比 72,072 71,590 64,480 110,199 86,026
             
  アメリカ前日比 30,089 21,944 29,369 33,191 34,584
1 アメリカ 587,752 609,696 639,055 672,246 706,830
2 スペイン 172,541 177,633 180,659 188,068 191,726
3 イタリア 159,516 162,488 165,155 168,941 172,434
4 フランス 137,877 137,887 147,863 147,863 149,132
5 ドイツ 131,074 133,314 134,753 138,733 141,968
6 イギリス 89,571 98,476 99,489 109,754 115,299
7 中華圏 83,700 83,751 83,797 84,156 84,185
8 イラン 74,877 76,389 76,389 79,494 80,868
9 トルコ 61,049 65,111 69,392 74,193 78,546
10 ベルギー 31,119 33,573 33,573 36,138 37,183
11 ロシア 21,102 24,490 24,490 32,008 36,793
12 ブラジル 23,723 25,758 28,912 30,891 34,221
13 カナダ 25,680 27,064 28,379 30,987 32,857
14 オランダ 27,580 28,314 28,316 30,618 31,766
15 スイス 25,807 26,336 26,336 27,078 27,404
16 ポルトガル 17,448 18,091 18,091 19,002 19,685
17 インド 10,541 11,933 12,380 13,835 14,792
18 オーストリア 14,146 14,321 14,366 14,553 14,671
19 アイルランド 10,647 11,479 12,547 13,271 13,980
20 スウェーデン 11,445 11,927 11,927 13,216 13,822
21 ペルー 9,784 10,303 11,475 12,491 13,489
22 イスラエル 11,868 12,200 12,501 12,855 13,107
23 韓国 10,564 10,591 10,613 10,635 10,653
24 日本 8,167 8,721 9,015 9,788 10,311
  日本前日比 553 554 294 773 523

世界の株価 個人投資家ニュースより(前日比は自分用に付加、時刻により違いが大きいので正確でない。)

新型コロナと人類の適者生存の戦い。悔しいが、今のところ新型コロナ優勢。

岡山県内感染者18人

 

用水路岸辺に小さな黄色い花々が咲いていた。名前はわからない。わかってもどうということはないだろうが、この花も適者生存、種族保持のために精一杯生きているようだ。田畑に広がるとお百姓さんにとっては大迷惑だろうが、ただ見るだけなら少しホッコリとさせてくれる。

 

天満屋ハピータウン二階 珈琲館より道路・駐車場、その向こうに金甲山

午前中雷を伴った土砂降りだった。晴れてから来店者が多くなったのだろう。予想以上に多い感じだった。店員さんは勿論、お客さんもほとんどの人がマスクをしていた。

おお姉ちゃん店長さんバイト好青年が頑張っていた。しかし、いつもとは違う。いつもは笑顔で迎えてくれる。ほかの売り場の店員さんもお客さんも笑顔の人は殆どいなかった。新型コロナの不安が自分も含めて全ての人にしみわたっているのを肌で感じた。

少し救いにjなりそうjなのは全国民に一人10万円給付が決まったことだ。所得半減の条件で30万円給付案が出された時、バイキングで東国原さんが「天下の愚策」と言い切っていた。その通りと痛快な感じはしたが、政府が決めたことだから、変わることは無いだろうと思っていた。とりあえず全国民にということは大切だ。すべての人が不安感にさいなまれているのだから。分野ごとの対応は更に更にであろう。

兎にも角にも上記の表で増加数が止まらなければならない。特にアメリカ。日本も韓国を追い抜くのは時間の問題。韓国の反日勢力が勢い付きそう。隣国というのに益々仲が悪くなる。いいことはないのに・・・。これも神様の思し召しか?

だからどうした。それがどうした。

1956年(昭和31年) 12月鳩山一郎内閣から石橋湛山内閣へ 神武景気2年目

  原子力委員会設置 日本原子力研究所設置 ソビエト連邦と国交回復 日ソ共同宣言 国際連合加入

 

◎岩田日記

4月9日 今日で愈々長かった四年間の修業を終り懐かしい柳本印刷工場に別れを告げに。どうも別れの挨拶は苦手だ。一人々々廻って見たが、唯「お世話になりました。」より他は云えなかった。始終ニコニコして別れた。社長と奥さんに挨拶をする時は涙が出た。こうして退めてしまっても未だ、余り寂しい気持ちにはならなかった。帰り、S君が「お好み焼」をおごって呉れた。

 

4月10日 心配していた転職の件もどうにか合格、明日よりの出勤に早くも心を燃やしている。

学校も今日が入学式・始業式。入学生は186名。あまりに多い入学生に驚いた。父母も多数来ていて、いつものより盛大だった感がした。三年生になったのであるが、宮本・川田君とは組が異なり残念であったが、大熊・松本君らと一緒になれたのでよかった。今度の組は皆真面目な勉強家に見える。

 

4月11日 今日から夕刊岡山へ出勤だ。朝は何だか風邪気味だった。朝早くから目が覚めて胸騒ぎがしてくる。今日も曇りだ。三番で行ったが、車中、退屈で眠気さえ起す。勉強は当分おあづけで、兎に角、仕事に一生懸命になろう。

一日ではどうも仕事の内容が判らなかった。朝、校正刷りの下始末から、版を壊してしまった。大して仕事はえらくない。早く慣れよう。

 

4月12日 学校で新入生の歓迎会が盛大に行われた。片山君が四年生でこの一年間通うということは自分にとっては思いもかけぬ嬉しいことだ。

仕事も少しばかり分かり出した。皆いい人ばかりだ。Hさん、Mさん、解版のおばさん、広告のおじさん、T君。三時半に仕事を終えて三野公園へ花見に行った。未だ入社二日目とはいえ、大変楽しい一時が過せた。

 

〇自分

歯科商店の営業(歯医者さん廻り) 汽車とオートバイ 

月曜 倉敷市内 火曜 総社 水曜 水島 木曜 倉敷市内 金曜 倉敷・西阿知・船穂 土曜 玉島   

お店に帰ってから登校

だからどうした。それがどうした。

1956年(昭和31年) 12月鳩山一郎内閣から石橋湛山内閣へ 神武景気2年目

  原子力委員会設置 日本原子力研究所設置 ソビエト連邦と国交回復 日ソ共同宣言 国際連合加入

 

◎岩田日記

2月10日 学校の出席率が悪い。自分も今学期になってからとてもよく休んでいる。休みだすとくせがつくもので、おかげで解らない箇所も相当出来たようだ。4年生も今日限りで、明日から学校は休みである。文教へ「お母さん読本」の校正刷りを届けたが、今年は割に早く済み、一時間3頁組めた。

3月31日 帰って久しぶりに机に向かって見ると周りがきちんと誰かの手によって整頓されていて実に気持ちがよい。恐らく妹でも暇まかせにしたのだろう。いつもこうであればいいのだが・・・。もう休みも半分過ぎてしまった。未だ学校のものには何も手がけていないが、始まるまでには少しでも片付けて置きたい。転職の件などあってどうも落ち着いた気持ちになれない。不安だ。給料を貰ったが思ったより多かった。(手取り7,600円)

今月は僕にとって人生の岐路になるともいえる。四年間も馴染んだ柳本を止めて夕刊岡山へ?又は失業か、兎角此度の転職はこんなに早くあるとも思わなかったし、何か見えない運命の糸が引っ張ってくれたのかも知れない。寧ろこれが良い結果になるか悪い結果になるかは疑問であるが・・・。どうか良き道となって呉れ。いやこれは自分の努力次第だ。この年一生懸命頑張ろう!

4月1日 今日は四月バカとは云え自分にはとても幸運だったように思う。午前中は出勤で午后から夕刊岡山へ行くと採用して下さる意向で後三人程募集しているとか・・・。自分は恵まれた男だと思った。これからはもっと人に好かれる人になろう。そして皆の為に役に立つ人間になろう。帰りはとても嬉しかった。十時ごろMさんが退社の挨拶に来られたそうだ。生憎く会えなかったので残念だった。

母や妹は未亡人会より牛窓のオリーブ園へ旅行に行った。羨ましかったが又自分も遊ぶときはあろう。牛窓といえば2・3年前の夏を思い出す。帰ってからもどこかへ遊びに行こうと思っていたが、裏の方へ行ったりしてぶらぶらした。天気は良かったし、気持ちがよかった。夕方A君が来たので久しぶりに学校のことなど話した。勉強は未だ何も片付かない。

〇自分

歯科商店の営業(歯医者さん廻り) 汽車とオートバイ 

月曜 倉敷市内 火曜 総社 水曜 水島 木曜 倉敷市内 金曜 倉敷・西阿知・船穂 土曜 玉島   

お店に帰ってから登校

だからどうした。それがどうした。

 

 

 

 

 

冷たい風の中、水仙の花が咲いていた。

 

今度は菜の花。

岡南神社手水舎にはろう梅。

魚売り場には県内産わかめ。春が近づいている。

珈琲館から見る金甲山もくっきり。日差しが強くなっている。お日様は既に春だが、地表の冷えとそれによる空気の冷えが、二十四節気の「大寒」にしている。後三日で「節分」だ。

だからどうした。それがどうした

同級生の岩田さん日記(抜粋)である。(了解済)(当時18歳。自分は16歳。烏城高校2年

 

当時の社会状況・生活状況・物価・昼の職場やそこでの仕事・夜の学校生活などが具体的に伝わってくる。

自分の不確かな記憶より、正確な事実が記述されているので、お願いして活用させてもらうことにした。

 

1955年(昭和30年) 鳩山一郎内閣(日本社会党再統一 保守合同 55年体制) 神武景気1年目

 

7月29日金曜日

今日終業式であったが仕事が忙しくてどうしても4時の汽車に乗れなかったことは実に残念であった。5時の汽車で学校に行くと未だ講堂で校長が話をしていた。

通知表を貰ったら36人中6番で嬉しかった。中間の9番よりは又3番上がったわけだ。

帰りに石原インキに寄ったら7時の汽車に1分の差で遅れたので一人で烏城公園の方を散歩した。

12月23日金曜日

天満屋にも進物用の砂糖を頼まれたので行き四百八十円のを買って来たが買物が下手なのでこんな時には気を使う。しかしおばさんもこれでよいといわれた。

二学期を顧みて勉強した割に成績が上らなかったと思う。皆の成績がよかったのだろう。

帰りに横田君の宝くじを買って帰った。

 

◎横山あれこれ

自分も仕事のため学校に遅れたりすることは良く有った。重点がどちらかに偏る。両立させることは大変だった。

だからどうした。それがどうした。

あけぼの公園・岡南神社

今日は終業式。下校後、公園で砂遊びに夢中。一人だけ女の子、高学年で、砂遊びのリーダーといった感じ。砂のお城を作っていた。他の2つのお城は低学年の男の子。お姉ちゃんのに比べて、少し小さめ。特色付けるためか白い砂を探してきて、表面にパラパラ振りかけていた。雪のつもりのようだ。他にも3人男の子が居たが、飽きたのかグランドの方へ行って、サッカーをしだした。

いいねえ、子供はこうでなくちゃ。家の中でゲームばかりしていては、人間らしさが無くなる様な気がする。

少しでも自然の中で、仲間と共に、男の子も女の子も意識せずに人間同士として共に過ごす時間は子供の頃しかない。そんな時間を少しでも多く体験して、人を、人間を、無意識の中で理解していってほしいと思う。

(単なる自分の子供時代への郷愁かも知れないが・・・)

 

天満屋ハピータウン岡南店

食品売り場はクリスマス一色といった感じだった。ケーキ・チキン・パーティ用惣菜・大きな海老などなど。県内産の魚はイイダコだけだった。

 

珈琲館

金甲山がスッキリきれいだった。

食品売り場の感じからお客さんが多いかなと思っていたが、そうでもなかった。ちい姉ちゃんが一人でこなしていた。後から休憩していたおおねえちゃんも出現。ちい姉ちゃん若い男の人にも「ありがとう」が言えるようになったとのこと。幸せの三条件がやっとそろった。もう大丈夫だろう。

明日は小学校冬休み初日、クリスマスということで忙しくなるだろう。若者達、負けるな!

だからどうした。それがどうした。

肩の痛みに冷や冷やしながらの毎日である。

NHKで肩や腰の痛みはインナーマッスル(深層筋) を使っていないからだという番組を視聴した。

まだ良く分かっていないが、それ用の体操をしながらなんとか痛みを押えているといった感じである。

出来るだけ運動をという意識で今日のウオーキングは出始めから出来るだけ小走りをした。

長い距離は無理なのでしんどくなったら歩く。大体500メートル位でしんどくなる。やはり、走る距離より歩く距離の方が圧倒的に長い。走るのは5分の1ぐらいなものだ。フルマラソンを走る人がスーパーマンに思える。

岡南神社

久し振りの鉄棒ブラ下がり、やはり気持がいい。体が伸びるような感じ。インナーマッスル用に低い方の鉄棒で後ろ向きの伸ばしもすることにした。

手を清め、口をすすいで参拝。5円玉を賽銭箱に入れてガランガラン、二礼二拍手一礼。

いつも感心するが砂に残る箒の跡が清々しい。神主さんか町内会の人だろうが毎日のことだ、木の手入れその他も含めて頭が下がる。

天満屋ハピータウン岡南店

1階 魚売場

左からセイゴ、チヌ、ゲタ、マダコ(前)、イイダコ(奥)。写真には無いが赤メバルも有った。県内産が6種類も有るとは珍しい。食事の買物はバーバ任せで自分が買うことは滅多にないが今日は赤メバルと伊吹島産のイリコの天麩羅(から揚げ?)を買った。伊吹島産のイリコは美味しい。

2階 珈琲館から見た金甲山

久し振りだ。平日なのに満席に近い程お客さんで一杯だった。師走に入ったからか?

ちい姉ちゃん、ラーメン屋さんからの応援バイト君、新顔のテキパキおばちゃんが忙しそうに動いていた。

窓際左隣は3人おばちゃん、右隣は2人おばちゃん、どちらもおしゃべり活発。岡山のおばちゃんも大阪のおばちゃんに負けてはいないぞ!(女性は安心(愛情)(「大好きだ」)・男性は満足(信頼)(「ありがとう」)の価値観)

下の歩道を福南中の生徒達が徒歩や自転車でたくさん下校していた。ほとんど男子同志、女子同志だが中に男子2人女子2人の一組が楽しそうに帰っていた。まだ子供っぽくてほほえましい。

だからどうした。それがどうした。