接客・サービスの本です。お客様に自分のファンになってもらうことを目指します。その方法を接客のプロが経験を生かして教えてくれます。接客の本質を学ぶことができます。

仕事で自分のファンを作るヒントで溢れています。本書を読んで考えて行動すれば、接客について自分だけの成功法則を作ることができます。そうなれば、さらに接客が容易になるはずです。

接客の本ではありますが、本書のやり方を用いれば、家族や友人、恋人、仕事、仲間、仕事先などとの関係にも活かせます。実践すれば人生を次のステージに引き上げることができるはずです。

本書が教えるのは、自分を目当てにお客様が来店してくれるようになる秘訣です。ポイントは、まず相手を知ることです。そして相手が求めることを最大限提供することに集中することです。

自分のファンを作れば、ファンがファンを呼びます。選ばれれば、売上も自然にあがっていきます。だから、まず頑張って、一人目のファンを作ることです。

ファンができれば、大きな自信になります。その結果、自信を持ってサービスができるようになります。モチベーションも上がって、仕事が楽しくなります。

読めば、ファンづくりの大切さとその秘訣がわかります。その過程でサービスの本質も理解できるようになるはずです。あとはそれを仕事の中で磨いていくだけです。

接客業に従事する人は必読です。それ以外の人であっても、顧客と関わる人や、サービスの本質を学びたい人、自分のファンを作りたいと考えている人などにおすすめです。

※「これじゃ、物足りない?」なら、コチラ

★要約も読めるメルマガです。
5年連続「まぐまぐ大賞」受賞、殿堂入り。試し読み期間中は無料です。ぜひお試しください。

 

 

働き方の本です。自分の理念「自分ものさし」を作って、自分らしく、楽しく働くことを目指します。悩みやモヤモヤが消え、ストレスなく働けるようになります。

自分ものさしを持っていれば、仕事にブレがなくなり、判断にも迷わなくなります。だから、ストレスなく成果を出せます。反対にこれがないと、周囲に振り回されて自分らしさを見失います。

仕事人生を豊かなものにできるかどうかは 自分ものさしの有無で決まるのです。本書でその詳細を学び、ストレスなく成果を出していくことをおすすめします。

著書は、自分の経験から、自分ものさしを持つことの大切さを痛感したそうです。そのことを、できるだけ多くの人、特に若い人に知ってほしいと思ったといいます。

社会人になれば、何十年も仕事人生が続きます。それを豊かにできるかどうかで人生は決まってしまいます。決め手は自分ものさしです。どう生きるのかの羅針盤です。

本書では、はじめに自分ものさしの詳細と必要性、メリットなどを解説し、その上で具体的な作り方や活用方法、成果を出す方法などを解説します。

自分ものさしができれば、仕事に対する取り組み姿勢が大きく変わるはずです。つまり、ものさしを見つけるスキルは、働く目的を見つけるスキルです。正に社会に必須のビジネススキルなのです。

というわけで、仕事が楽しくない、やる気が出ない、優先順位がつけられない、成長実感がないなどと悩む、特に若いビジネスパーソンにおすすめします。

※「これじゃ、物足りない?」なら、コチラ
★要約も読めるメルマガです。5年連続「まぐまぐ大賞」受賞、殿堂入り。
試し読み期間中は無料です。ぜひお試しください。

↓こちらもおすすめ
https://www.bbook.jp/today/

 

■学校では教わらない「お金の真実」(安田修)
「お金を知り尽くした」著者は、金融業界大手ニッセイ勤務時代に証券や融資、不動産など資産運用を主に担当。株式から不動産までの幅広い分野で投資を経験。独立後、起業家となり、起業コンサル
となる。そんな著者が、父が息子に優しく語り掛ける文体で、中..

■なぜか惹かれる人の話し方 100の習慣(藤本 梨恵子)
うまく話そうとする必要はありません。話して地いい人、もっと話したいと思われる人は、会話の中で自然と、相手の話を引き出しています。頑張りすぎずに相手の心を掴める、言いたいことをうまく
伝えられる会話のコツを、さまざまな場面に合わせて紹介します。

■心がほぐれる1分習慣(西上貴志)
「体がだるくて鉛のように重い」「上司のことを考えてイライラする」「寂しさで眠れない」といったなメンタル不調時に、新たな感情コントロール法に取り組むのは容易でない。 本書では、2万人
以上に寄り添ってきた精神科医・産業医が、 たった1分で心がほ..

 

 

集中力を高める本です。仕事のパフォーマンスが向上し、心と体が健康になり、幸福感も高まります。集中力さえ手に入れば、タイトルにある通り、すべてが解決するのです。

教えるのは、ベストセラー精神科医です。集中力は現代社会を生き抜く究極のスキルであるとし、それを高める方法を「極意」として紹介します。いずれも科学的な根拠に基づいています。

読んで実践すれば、効率的に仕事をしながら、ストレスをためず、心身共に健康が維持できます。人間関係も良くなるはずです。目指すのは、単なる健康でなく絶好調です。それを可能にする本です。

本書では、スキルが人間の脳の情報処理の流れに沿って解説されていきます。すなわち、入力、思考、整理、出力の4つです。このプロセスごとに章を分けて詳細に解説されていきます。

特筆すべきは、このプロセスを流れるように行うことで、単なる健康状態を超えた究極の集中状態、いわゆるゾーン、フローの状態に入れることです。

そのために紹介されるスキルは盛りだくさんですので、何から始めるべきか迷うはずです。そこで、読む際は、イントロダクションまで読んだ上で「おわりに」を確認したほうがいいかもしれません。

そこには、集中力が高い人と低い人の習慣や行動が整理されています。また、トレーニング法も効用や効果別に評価されています。これを参考にすれば取り入れるべき習慣が明確になるはずです。

自分のタイプを知り、自分に合ったスキルを習慣になるまで徹底的に行えば、高い集中力が手に入ります。それを続ければ、仕事もプライベートもこれまでとは違うものになるはずです。

というわけで、集中力を高めたい人はもちろん、仕事のパフォーマンスを上げたい人、対人関係に悩む人、心と体を健全に保ちたいと
考える人など、すべてのビジネスパーソンにおすすめします。

※「これじゃ、物足りない?」なら、コチラ
★要約も読めるメルマガです。5年連続「まぐまぐ大賞」受賞、殿堂入り。
試し読み期間中は無料です。ぜひお試しください。

 

 

人間関係を劇的に変える方法です。月曜の朝が憂うつという人は少なくないと思いますが、その原因は主に人間関係にあるといいます。それを瞬時に解消する方法を教えてくれます。

著者は、こころの専門家で、30年にわたり50万人以上の人生を救ってきたといいます。そんな著者が紹介するメソッドは、簡単で即効性があり、暮らしのあらゆる場面で役立ちそうです。

読んで実践すれば、一瞬で人間関係の悩みが消え去り、月曜だけでなく、すべての曜日が楽しみになるといいます。その結果、人生が幸せと喜びに満ちあふれたものになるはずです。

本書で紹介されるメソッドは、具体的には「美点発見」です。相手の美点に目を向けることで、まわりに嫌いな人がいなくなります。その結果、大好きな人だけに囲まれるワクワク生活が手に入ります。

リーダーやマネジャーが実践すれば部下の能力を引き上げ、チーム力が高まり、業績にもつながるはずです。実際に効果を上げている実例も紹介しながら解説してくれます。

構成としては、まず月曜の朝が憂鬱になる理由を解説し、それを解消する考え方として「満月の法則」を紹介、その実践法としての美点発見について企業や教育現場での事例をもとに紹介します。

その上で美点発見の具体的な方法を解説していきます。さらに応用編として、自尊心を引き上げる方法や、人に好かれる人間になる方法など紹介していきます。

タイトルや手法から自己啓発書のようなものを想像するかもしれません。しかしながら、読めば企業や教育の現場でも生かせるしっかりした実務書だとわかると思います。

「月曜日がつらい」「会社に行くのがつらい」と職場の人間関係に悩む人はもちろん、リーダーやマネジャー、教育従事者など、人とかかわるすべての人におすすめします。

 

※「これじゃ、物足りない?」なら、コチラ
要約も読めるメルマガです。5年連続「まぐまぐ大賞」受賞、殿堂入り。(試し読み期間中は無料)
 

 

 

人生戦略の本です。自分の人生を主体的に生きるために何をするべきかがわかります。国家や会社頼みで生きることが難しい時代です。早くから戦略的に人生を設計し、行動していかねばなりません。

そのためには、自分が活躍できる場所を見極め、スキルとキャリアを磨いて、陣地を作ることです。ポイントは「ポジショニング」と「タイミング」です。

自分らしい場所を得ることができれば、楽しく、活躍して生きることができます。その場所の見つけ方などを、実例をまじえてわかりやすく説明してくれます。

はじめに、日本社会が個人の生き方の邪魔をしていることを教え、打破するためには「場所取り」が有効であるとし、その方法と自分の陣地の作り方を具体的に教えます。

続いて、応用編として著者の例を紹介、さらに器を大きくする方法や運を味方につける方法、50歳からの生き方や60歳からのお金の話も解説していきます。

最終章では、老後資金約2千万円不足問題と、これにどう対処すべきか具体的な対策を教えてくれます。これまでの常識では通用しないことがよくわかると思います。

こうして項目をあげると、暗い気持ちになりそうです。でも、全体的に悲壮感あふれるものではありません。読めば、漠然とした不安が解消し、すぐにアクションを起こしたくなると思います。

というわけで、学生から若いビジネスパーソン、働き盛りの中堅社員、定年退職や役職定年を間近に控えたベテラン社員まで、自分の人生を自力で切り拓きたいすべての人におすすめします。

※「これじゃ、物足りない?」なら、コチラ
要約も読めるメルマガです。
5年連続「まぐまぐ大賞」受賞、殿堂入り。
試し読み期間中は無料です。ぜひお試しください。

↓こちらもおすすめ
https://www.bbook.jp/today/

 

■AI時代の読書術(藤井孝一)
本格化するAI時代に「本当に頭がいい人が実践している読書術」を解説します。読書で脳を鍛え、思考力を育む習慣を持てば、AIとの共存で始まる未知の領域に備えることができます。これから不可欠なのは頭脳を鍛える読み方です。

■ファンをつくる接客術(仲亀彩)
自分のファンを作るとは、自分はもちろん、自分のまわりも幸せにします。元ウェスティンホテル東京のカウンターシェフで、 国内外合わせて延べ15万人以上を接客してきた著者が、 海外のお客様も含め、お客様をファンにする接客術を伝授します。海外のお客..

 

「がんばらない」技術をお教えてくれる本です。現代人は、色々なことを頑張りすぎて疲弊しています。結果、効率が落ちたり、病気になったりします。

休まねばと思っても、中々行動に移せません。大事なことは、気持ちでなく、仕組みで休むことです。がんばらないことを仕組みにしてしまうことです。

本書は、がんばりすぎのメカニズムと、休む仕組みの作り方を教えます。元自衛官で、人気心理カウンセラーの著者が、わかりやすく、実践的に教えてくれます。人生を快適にするコツがここにあります。

本書では、はじめにがんばりのメカニズムを紹介します。特に、農耕民族としての歴史が長い私たち日本人は要注意であることがわかります。

その上で、すぐに実践できるがんばりすぎない仕組みの作り方を詳しく紹介してくれます。疲労の自己判断の目安として疲労の三段階を紹介し、機械的に休む方法や睡眠の方法にも触れていきます。

最終章では、がんばらない仕組みの実践方法を紹介します。やらなくてすんだことリストを作る、OODAループを活用する、ひと休みを戦略的に取る、相談窓口を確保しておくなどです。

他にも、人間関係の仕組み化として、SNSとのかかわり方や断る方法、怒りの沈め方、ストレス解消法なども紹介してくれます。読めば、無駄ながんばりが防げるはずです。

その結果、疲れ果ててメンタルを病むリスクが回避できます。それどころか、仕事もプライベートも楽しく、効率的に進むようになるはずです

ということで、夢や目標を追いかけている人、結果を出すためには努力を惜しまない人、慢性的な残業や休日出勤、人づきあいなどで疲れてしまった人など、ビジネスパーソンに広くおすすめします。
 

※「これじゃ、物足りない?」なら、コチラ

→ https://tinyurl.com/mvph7xvm 
★要約も読めるメルマガです。5年連続「まぐまぐ大賞」受賞、殿堂入り。(試し読み期間中は無料)

 

■新刊『AI時代の読書術』をZUU onlineで取り上げていただきました。

 

 

■求人募集をしても応募がない・採用できない会社に欲しい人材が集まる方法 (関根コウ)
空前の人で不足に嘆く採用担当者に朗報です。他社より給与などの条件が悪くても、求人の広告費が0円でも、いい人材が採用できる方法があります。採用支援のエキスパートが、応募者が殺到する求人原稿の書き方」から、いい人材を見分けられる「面接のメソッ

■海外のお客様の心もつかむ ファンをつくる接客術(仲亀彩 )お客様に指名される接客の秘訣を公開します。ポイントは、自分も妥協しない、お客様にも妥協させないことにあるそうです。インバウンド需要が回復し海外のお客様への接客や集客も避けられません。が苦手意識もあるようです。本書では、元ウェスティンホテル東

■経営に新たな視点をもたらす「統合知」の時代
未来を見通すための羅針盤です。マクロ経済、サステナビリティ、地政学、サイバーセキュリティ、テクノロジーなど、専門領域の観点から世界を捉え、統合知を得る本です。変化する世界、日本の立ち位置、国際環境における日本と日本企業のあり姿、超高齢化社会
 

 

 

僭越ながら、今回は自分の本を紹介させていただきました。読書法の本です。来るべきAI時代に備えるために、これから求められる読書の方法を解説しています。

AI時代になれば、これまで以上に読書習慣が重要になります。しかも能動的でアクティブな読み方が必要になります。それ考慮した新しい読書のあり方を紹介します。

はじめに、古くから思考力を鍛錬する方法として効果的とされてきた読書が、AI時代においても有効であることを解説します。その上でどう読むべきか、、具体的な読書の方法を解説していきます。

ポイントは、アウトプットです。読んだ本について考えたり、内容や感想を話したり、発信したりすることで読書を完結させます。それが学びを強化します。その効果的な方法を解説します。

いずれも自ら実践している方法です。さらに、本の選び方や役立て方も解説します。オンライン書店や電子書籍、ソーシャルメディアの存在を想定しながら解説しています。

最終章では、私が読んできた本の中から、AI時代にも役立ちそうな本を選んで紹介しています。これから読書を始める人が、本を選ぶ際に参照できるブックガイドになっています。

読書は、人間がAIを使いこなす上で必要な知性を磨く有効な活動だと思います。また、AIの普及で懸念される思考力低下を防ぐ活動でもあると考えます。

読書で脳を鍛え、思考力を育むことこそが、AIとの共存ではじまる未知の領域に備える手段です。読書を習慣にすれば、未来は明るいと思っていただけるはずです。

というわけで、読書が大好きな読書家はもちろん、AIの普及に漠然とした不安をお持ちの方、これから本読んで人生を切り拓きたい人など、ビジネスパーソンに広くおすすめします。

※「これじゃ、物足りない?」なら、コチラ
要約も読めるメルマガです。5年連続「まぐまぐ大賞」受賞、殿堂入り。
試し読み期間中は無料です。ぜひお試しください。

 

 

勉強法の本です。科学的に裏付けられた効果的な勉強法を教えてくれます。勉強というと、繰り返し読む、ノートにまとめる、蛍光ペンで線を引くといった方法が一般的でないかと思います。

理由は、何となく大変で効果がありそうだからです。でも、これらはむしろ効果が低いといいます。正しくは、思い出す、人に教えるなどです。こうしたやり方を根拠で裏付けながら紹介してくれます。

もともとは、YouTubeの大人気動画を更に詳しく解説し、書籍化したものだといいます。かなり 売れているようです。勉強法には皆さん、悩んでいる証だと思います。

本書では、最初に効果の高くない勉強法を紹介し、次いで効果的な方法を著者の実践例とともに紹介、テストのために覚えざるを得ない数字や英単語など記憶術についても説明してくれます。

さらに、モチベーションを上げる方法や勉強に重要な睡眠や運動についてまで言及します。いずれも、科学的な根拠を明示しながら説明してくれます。これこそが本書の最大の魅力です。

勉強法は、なぜか学校でも教えてくれません。もちろん、書店に行けば勉強法本は溢れています。でも、どれも個人の体験の域を出ないものばかりです。

その点、本書は効果的な勉強方法に絞って、わかりやすく、腑に落ちるレベルまで掘り下げて解説してくれます。誰もが知るべきノウハウだと思います。

特定の試験や資格の勉強にとどまらず、語学学習やキャリアアップ、趣味やネットなど、あらゆる情報収集に使えます。すべての学ぶ人、さらには教える人も必読だと思います。

※「これじゃ、物足りない?」なら、コチラ
→ https://tinyurl.com/mvph7xvm 

★要約も読めるメルマガです。
5年連続「まぐまぐ大賞」受賞、殿堂入り。
試し読み期間中は無料です。ぜひお試しください。

 

 

世界的な業績をあげる上で必要なものを教えてくれます。それは、長年の経験でも才能でもありません。究極の鍛錬と呼ばれる、特別な鍛錬です。

単なる精神論ではありません。著者は、最新の心理学「達人研究」の研究成果をもとに、ハイパフォーマーたちに共通する要素をつきとめます。それが「究極の鍛錬」と呼ばれるトレーニングです。

本書は、ニューヨークタイムズでベストセラーになり、20カ国以上で翻訳されています。しかも、何年も読まれ続けるロングセラーの新版です。読めば鍛錬の内容が明らかになります。

「究極の鍛錬」とは、正しいことを、フィードバックをもらいながら繰り返し練習することです。それは辛くて退屈です。でも、これを繰り返すからこそ、ハイパフォーマンスが実現するのです。

特に、ビジネスの世界では、究極の鍛錬を取り入れている人や企業はほとんどありません。だから、それを取り入れることさえできれば、他とは大きな差がつけられるといいます。

構成は、前半で才能や頭脳が偉業の決め手でないことを証明し、大事なことは鍛錬であること、具体的などんな鍛錬をすべきか、それが業績にどうつながるかなどを解説します

その上で、後半では究極の鍛錬を日常に取り入れる方法を紹介します。ビジネスやアイデア発想、年齢との関連や情熱の源泉など、実践にあたって必要な内容です。

読めば、究極の鍛錬の大切さがわかります。結果、努力が苦にならなくなると思います。一流を目指す人、何か成し遂げたいことがある人はもちろん、そうした人材に興味のある人にもおすすめします。

※「これじゃ、物足りない?」なら、コチラ
→ https://tinyurl.com/mvph7xvm 

★要約も読めるメルマガです。
5年連続「まぐまぐ大賞」受賞、殿堂入り。
試し読み期間中は無料です。ぜひお試しください。

↓こちらもおすすめ
https://www.bbook.jp/today/

 

 

コミュニケーションの本です。聴くためのスキル、傾聴力を解説します。あらゆる人間関係に使えるヒアリングのテクニックが身に付きます。

傾聴することで、話し手の意欲的な発言や主体性を引き出すことができます。また、潜在ニーズを明らかにしたり、相互理解を深めたりすることにもつながります。、

そんな傾聴のスキルを、本書ではたくさんの会話事例を交えながら紹介してくれます。なぜ、ここでこの質問をするべきなのか?などが理解できると思います

コミュニテーションと言うと、とかく話し方やプレゼンスキルなど、発信のほうを重視しがちです。でも、本当は聴く力から身につけたほうが手っ取り早く、効果的です。

たとえば、相手を動かしたい時、指示・命令をするのでなく、相手に存分に話してもらうことです。そうして相手の意欲が引き出せれば、こちらが語らなくても、勝手に動き出します。

本書では、まず傾聴の効果を紹介し、何ができるかを解説します。その上で、マインドセットや会話を膨らませるスキル、相手の本音に迫るスキルなど、具体的なスキルについて解説していきます

読んで実践すれば、社員が主体的に動くようになります。職場の人間関係が良好になるはずです。営業マンなら、傾聴で顧客の本音を引き出すことで営業成績が上がるはずです。

というわけで、本書は経営者や管理職、営業職からコンサルタント・カウンセラーなど、人を促す仕事をしている人におすすめです。また、周囲の人間関係を良好にしたい人にもおすすめします。

※「これじゃ、物足りない?」なら、コチラ
→ https://tinyurl.com/mvph7xvm 

★要約も読めるメルマガです。
5年連続「まぐまぐ大賞」受賞、殿堂入り。
試し読み期間中は無料です。ぜひお試しください。

↓こちらもおすすめ
https://www.bbook.jp/today/