「最近、不安がないんだよね」
母が言いました。

これってすごい言葉!


先週、母とふたりで長野市へ行ってきました。
道中いろんな話を聞いたのだけど、
そのなかで出たひと言です。


長野市は母のふるさと。
この日は、2年前に102歳で亡くなった
祖母のお墓参りと、美容院とマッサージ♪
母にはスペシャルな1日になったようです照れ


父が、がんになってから 丸7年が過ぎました。

入院もいちどもしたことがなかった
丈夫な父が、突然倒れて
最初は本当に危ない状態だったので
家族にとって晴天の霹靂でした。


とくに母は、
世界がひっくり返ったような日々だったと思う。

両親ともに元気に働いていたのに、
父は長い入院になり 母も通院生活に。

それまで、うちは父のほうが
お金のことや保険のことを把握していて
母は頼りきりだったから
わからないことが山のように出てきて
高額医療やら介護保険やら
ややこしいことがたくさん。

退院してきて介護が始まり、
家で大変な時期もありました。

7年経って、今では
通院治療でふつうに生活出来ていることが
奇跡だと先生からも言われているけれど
いつ何が起きてもおかしくないのは変わらない。


当然、母は
不安しかなかったよね。


最初はパニック状態だったし、
良くなったと思えば急に悪くなったり
そのたびに気持ちを大きく揺さぶられて
家族に病人がいるというのは
本当に大変なこと。

母は一気に痩せたときもあったり
自分だけが気分転換も出来なかったり
ストレスも疲れもひどかったと思います。


そんな母が「不安がない」って。


「まだ起きてもいないことを
不安がるのをやめたらね
なんだか大丈夫って気がしてきて!
病気のこともお金のことも、
なにか起きた時考えればいいと思って。
今はお父さんと一緒に
生活出来てて幸せだなーと感じてたら
不思議とどんどんなんとかなるんだよ。

あゆみのおかげだねー!」って。


確かにわたし、何度も何度も
「今起きてもいないことを
不安がるのはやめよう」って言ったけど。


そうは言っても、ですよ。


今は24時間、父とふたりの生活で
もともと仲良しな夫婦だとはいえ
父も体調が悪かったりすると
母に当たってしまうことだってある。


不安を感じたら、
底無し沼みたいになってもおかしくない。


わたしは正直、母の立場にいたら
こんなふうに言える自信ないよ。


母強し!
(;゜0゜)


父が7年間、奇跡を繰り返してることを
母はいつもめちゃくちゃ力強く
「お父さんはとにかく運がいいの!
お父さんは運があるから大丈夫!」
と言い続けていて、それは間違いなく
父のパワーにもなっていると思う。


父本人は、病気のつらさも不安も
時々襲われているのだろうけど
母が不安を感じずに、信じて
強くいてくれるのって
どれだけ心強いだろうと思う。


すごいなぁ。


家族だからこそ"心配"もするけれど、
強い心配は、相手を信じていないことにもなる。

心配をかけていることも心苦しかったり
"心配"が足かせになってしまうことがある。


大切な相手のことは、心配より、信頼。

信じて見守ることって
なかなか難しいときもあるけれどね。


母の好きな店のオムライスを
ランチに食べにいきました。


今は強く元気でいる母だって、
何があるかなんてわからない。

だからわたしは、
思いついたことは出来る限り
すぐに実現しようと思っています。

父が調子が良いときには、
母を気分転換に連れ出したり
親がテレビみて「これ美味しそう」
って言ったものを取り寄せたり
そんなことしか出来ないんだけどね。


いちばんは、わたし自身が
不安がらずに生活を楽しむことだな。

母、元気でいてー!


あ。

先月のわたしの誕生日に
親に贈った桜の盆栽は
「鉢が小さくてかわいそう」と
大きな鉢に植え替えたそうです。

盆栽の意味・・・

母は昔からだいぶとぼけてたけど
父も最近なかなかのもので
わたしはサラブレッドなのだと実感しています(笑)



永井あゆみ公式ライン




https://lin.ee/yL0QYnK

イベントのお知らせも
いち早くお届けしています。
カウンセリングなどのご予約も
ラインから簡単にしていただけます。
ラインのお友だち限定企画もあります!
ぜひ友だち追加お願いします! 

   

【あゆみ塾】“ひとりのためのマスターコース”現在満席のため募集しておりません。説明会を随時 公式ラインで受け付けております。ラインからお問い合わせください。

 

ブログの内容は、
許可なくシェア、転載、リブログ
していただいて構いません☆



右矢印Instagram

右矢印Twitter