工房1494日目 群馬県で研修会が開催されました | 研修企画工房すくすく日記

研修企画工房すくすく日記

全国社会福祉協議会で23年間勤務し、平成22年5月25日
「合同会社泉惠造研修企画工房」を設立しました。研修に対する“こだわり”と
“いつくしみ”を忘れずに、そしてお客様と共に悩み、共に創り、共に喜びを
分かち合える研修パートナーをめざして、毎日頑張っています。


テーマ:

本日、群馬県社会福祉協議会様主催、

「平成26年度 福祉施設等指導的職員研修」が

群馬県社会福祉総合センターで開催されました。


同研修会は、昨日と今日の2日間に渡ります。

昨日は、日本女子大学教授の久田則夫氏が登壇。

弊社は2日目部分を担当いたしました。




昨日の雷雨とはうってかわって、

朝から青空が広がっていました。




天気予報をみても、

おおむねよい天気が続きそうですね。




本日は、高崎駅から新前橋駅に移動です。




午前8時30分、ホテルをチェックアウトして

駅の改札をくぐりました。




高崎駅からは、ほんの10分少々です。




上越線の電車が入線してきました。

では出発いたしましょう。




ほんとに、あっという間に、

新前橋駅に到着してしまいました。




新前橋駅に降り立つのは、

ほぼ1年ぶりになります。





本日の会場となった

群馬県社会福祉総合センター、

駅から歩いて5分という便利な場所にあります。



では、さっそく会場に向かうこととしましょう。



午前10時、開講いたしました。

本日は、群馬県内の福祉施設等に従事する

指導的立場の皆様、90名弱が受講されました。





午前中は、やや一方的ですが、

私からの基調講義をお聴きいただきました。




職場における研修のあり方、

研修担当者の立ち位置等について、

お話をさせていただきました。




昼食をはさんで午後からは、

グループメンバー同士の話し合いです。

理解促進討議法により、

研修のあり方等について設問を解き、

その内容について意見交換しました。




午後4時、本日のプログラムが修了し、

皆様ともお別れする時間となりました。




ふたたび、新前橋駅にもどってきました。

ここから、高崎駅まで移動します。





高崎駅では、ごらんのような

高崎の縁起だるまが、

駅のコンコースに鎮座しています。

このだるまさんに別れを告げて・・・



上野駅に戻ってきました。




パンダさんのお出迎えを受けました。

これをもって、本日の研修会は

無事に完了いたしました。


研修を受講された皆様、

たいへんお疲れ様でした!



ペタしてね   読者登録してね


◇よろしければ、右下の 「いいね」 ボタンも、ポチっとどうぞ (^^)v
◇当ブログへの 「コメント」 もお待ちしております (^_-)



工房長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス