kobhey10さんのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

クリスマスカップ表彰式 4位 AQUA

2017年最後のコラムはTeen’s Lacrosseの未来予想図です。

前回関東Teens Lacrosse Winter StageFresh Womens event)について
紹介をしましたが、その後にあった、大学との交流や、関西のKITE Lacrosse Cup
について少し詳しく紹介させていただきながら、Teen’sラクロスの未来を考えてみま

した。少しでも広がればいいなぁと思う事が多かったこの1年でした。

まずは、東海大学が主催で始められた、クリスマスカップという名の大学と中高のラク
ロス交流戦。今年も、東海、慶應義塾、東京農業、成蹊の大学1,2年生チームと中高1,2
年生チーム 日大中高AQUA,横浜市立東East Girls,山村学園LIVERTYS,都立町田総合

HEARTIES の8チームがフル12名フルコートで戦う貴重な交流戦。
実は大学の来年も垣間見えるカップ戦です。

予選結果は以下です

結果的には決勝戦 東海大学vs 慶應義塾大学 218と今年のあすなろでは合同チ
ームを組んだ仲間がガチンコで戦った結果は、慶應の進化が目立った試合になったよう
です。奮起して進化したい東海大学。東海大学を上回った試合を見せた成蹊大学は、今
年の成績より上に行くのは確実なように見えました。
東京農業は厳しい形に見えましたが、どうやら1年生中心のチームに見えました。ラク
ロス経験者の少ないその代では、進化の行方が問われそうです。その分面白いチームに
なるのかもしれませんね。
慶應義塾の1,2年生チームはあすなろ当時から見てもはるかに進化しています。来期の
チーム作りにも欠かせないピースがたくさんあったように見られます。来年の慶應義塾
も又精神が同じレベルで磨かれるなら、やはり中心的存在になるのでしょう。

日大中高は、主力選手を欠きながらも東京農大チームを破り見事に4位になっています。
実際3位決定戦でも成蹊大学相手に56と良い戦いを繰り広げた。初戦の慶應大学に
圧倒されてからも、ひるむことなく非常にアクティブなチームに成長をしています。
Teen’s Lacrosseの良さは1試合1試合で成長できる可能性の高さだと思います。
それ故にこういう大学生との試合は無謀ではなく、成長の糧だと考えるべきだと思いま
すし、どんどん交流する機会を増やしてあげる事が大事なのではないでしょうか?
例えば、横浜東高校でもU18の選考会があったため、日大高同様主力がごっそりいなか
ったのですが、成蹊大学に善戦をしています。これも2試合目の成長が見て取れた試合
でした。
町田総合高校にしても最後の慶應義塾大学戦ではビハインドはしますが、ゴーリーの対応
や、全員のパフォーマンスは追従力が出ていたし、山村学園もかなり差がありそうな東高
との試合で若さの力で3点を取っています。

この機会は又、対戦相手の大学チームのコーチの方からアドバイスを貰える貴重な機会に
なっています。
来春の全日本中高ラクロス選手権の予選本戦に出場する3チーム、そして1部を狙って
欲しい町田総合高校にとっても良い機会だったのではないだろうか?

もう一つの効果は、大学生とのコミュニケーションの構築ができることだと思います。実際
この効果の方が高いかもしれない。1部リーグの大学なんかは、遠い存在だったかもしれ
ないが、この場で対戦し、自分たちが行きたいけれどどうしたら、進学できるか?何が必要
か?大学の雰囲気は実際にどうか?コミュニケーションして確認が取れるのです。
実は、高校から大学に進学する時に、又未経験者と一緒のラクロストレーニングなんか受け
たくないし、又1から後輩になるのがしんどいというような、印象でラクロスを続けたくな
いのが本音に見えるが、そういうバリアは無い事は、実際に話してみないとわからない物です。

同様の機会が関西地区でもあったようです。

KITE Cupという交流戦】
KITECupの歴史は古いようです。KITE という社会人チームの幹部が企画運営し、夏冬の年2
関西大学中高等部のグラウンドで開催されています。今年の冬12/2326回目のKITE Cup
だったようです。今年は15チーム。出場の年齢制限、性別とも不問。チームによっては小学生
から50才台までプレーしているとの事。アイガード無し。グラウンドも小さく、正規のルール
ではないようですが、67年前は主に3部の大学生も参加していましたが、今は中高生が主体で
大学生は参加していません。社会人と子供の混合が数チーム、同志社高校は3チーム、立命
宇治2チーム、関大中等部チーム1、関大高等部1チーム他となっているようです。
裾野拡大、年齢性別関係なくラクロスの楽しさを知って欲しいというのがKITE Cupの主旨なの
でしょう。特に中高生のBCメンバーにとってはデビュー戦にもなり貴重な経験となっているよ
うです。(とと様情報ありがとうございました。)

 

結果は同志社高校 BEATBEANSが1,2,3フィニッシュと関西Teen’sでの強さを表わし
た結果なのでしょうか?
関西ラクロスの為にも、大学生の参加や、ラクロスのクリニックが開かれるような機会になれば
いいですね。

関東の30校がリードをしているTeen’sラクロスだから、大学でも差が出るのか?その関係は
定かではないが、USに追いつくためにはやはりラクロスの経験値が広がり増えなければ国際競争
力は高まらない。是非中高ラクロスの発展に力添えをいただきたいですね。

そして、大学との交流が高まる方向に向かっていて、進学面でも交流が広がるのが2018年になっ
て欲しいし、そのような年になると信じています。

高校まで、他のスポーツを経験してきた選手と、ずっとラクロスをやって来た選手との融合でUS
にもないスタイルのラクロスが日本で生まれるのが、私の未来予想図です。

最後に、関東ではU18代表、U15代表というのを選出し、日本代表チームのコーチが育成に加わ
ります。2019年のU19女子世界大会に向けた強化に是非関西のチームからも加わって、最強の
チームを作っていただき、世界を驚かせていただきたいと切に願って、今年のコラム最終版とさせ
ていただきます。1年間お付き合いをいただきましてありがとうごいました。

来年は男子ラクロスのワールドカップがあります。サッカーのワールドカップに隠れがちかもしれ
ませんが712日から21日まで、なんとイスラエルで開催されます(ここへの出場に関しても
協会のリードなくしては派遣も難しくなるかもしれません。政治的な障害が出てきそうですから)

来年も、ラクロスの楽しさをおつたするようにがんばりますのでよろしくお願いいたします。
皆様、良いお年をお迎えください。

こぶ平

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017年も押し詰まりましたが、ラクロスは新チームも動き出しています。大学チーム
クラブチームは束の間?のオフに入られているようですが、Teen’sはぎりぎりまで
ラクロスしていました。

関東Teen’s Lacrosse Winter StageFresh Women’s event)が東北からの
仙台育英学園高校さんも招いて実施されました。

ラクロスを始めて1年未満という事で、中学校生主体の学校から高校生だけのチーム
もあり、の無差別クラスになっていたのですが、中学生にも優秀なラクロッサーの片
鱗を見せる選手も多くて、25チームの戦いの決勝戦は、十分にラクロスを行って勝
には‘こう’しなければならないといったプレーを分かっている物の試合になっていま
した、ベスト4のチームと大学Winter Stageベスト8のチームが戦ってみるような
機会もあればいいですね。

決勝戦は 秋からの新チーム負けなしの、東京成徳中高BRAVEYOUTH対関東地区
4強の一つ 県立伊奈学園総合高校GrassHoppers の対戦は押し気味に進めた伊奈の
リードに対して苦しんだ戦いも、#20の活躍で追いつき、延長戦サドゥンヴィクトリー
制のフリーショット合戦となり、一人目先攻の伊奈学園が成徳ゴーリー#68?にセーブ
を受け、東京成徳#50?はきっちり右下隅に決めて勝利を物にした。


実際には、中学生主体のチームは、流石に高1との差は大きかったようですが、それで
日大中高のように2名バカりの高校生が入るだけでリードをされて、十分に戦える試合
となっていたことは驚きでした。
この大会でのプレーヤーは10年後には日本ラクロス界を背負う存在になっている訳で
将来の逸材を見つけたくて見入っていました。

決勝トーナメント        
           
A1位   飛鳥          
  2?      
B1位   伊奈学園          
  5? 1    
C1位   横浜国際          
         
           
          東京成徳大中高
D1位   県立鶴見       フリーシュート/1本目
2        
E1位   渋谷幕張 6 1      
    1    
F1位   桐蔭学園          
  6      
G1位   東京成徳          
         

 

特にピックアップしたかったのは、渋谷幕張中高の高校1年生のアスレチックなラクロ
スです。進学校にありがちなひ弱さのない、実に力強いラクロスは、久々に渋谷幕張ラ
クロスが戻ってきたと評判でした。
願わくば、ラクロス経験のある指導者が居られなければ、成長が限られるので、協会さん
からでも、定期的にコーチのいない中高に巡回するようなプログラムがあれば良いのでは
ないかと思った次第です。是非お考え下さい。

東北から、仙台育英学園女子ラクロス部の参加は大会に花を添え、足跡を記しました。

ちなみに、関西のTeen’s Lacrosse にもウィンターステージ的な物でしょうか
KITE Cupと言わる大会がやはり23日に行われ、同志社高校が123位を独占された
そうです。Teen’sラクロスが少しでも増えて行くためには、やはり体育協会員であると
行った公的な立場を占める事が必要ですね。ラクロス協会さんが今進めておられる、協会の
法人化へのアプローチを速めて、ラクロスの認知が広めるようにするのが現在の大きな課題
ですね。

次回は最後のラクロス観戦 東海大学クリスマスカップ等から見た、Teen’sの課題に入り
タイと思います。余裕があれば、振り返りのTeen’s編を書きます。

こぶ平

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ブログを見ていただいている皆さんへ! 皆さんって、どの程度の皆様に届いているのかわからないのがSNSですが、とりあえず世界に届いているつもりで。

 

今年になって、ラクロスプラスさん     Website : https://lacrosse-plus.net  

 

のご厚意によりコラムなんぞを書かせていただくようになり、ブログの更新が少なくなっています。

 

ただ、かなりの妄想癖があり書いたことが迷惑をお掛けすることもありそうなので、抑えて書いている(あれでも)のですが、どうしてもタイムリーに出したい時や、妄想ばかりの時はブログで対応をしていきたいと考えています。

 

又、本来の大人の矜持としての政治信条や社会的な話に関しては、極力ブログから発信したいと考えています。炎上しても個人の問題になりますので。

 

と、いうことで今回は、明日のラクロスの話です。

 

11月23日(木)勤労感謝の日に関東Teen's Lacrosse Autumn Cupの決勝戦と閉会式が行われます。決勝戦の見どころと、Teen's Lacrosseについて少しお伝えしておきます。

【現在】

Tweet等で断片的にお伝えをしていましたが、Teen's Lacrosseは中高生ラクロスの総称になっています。その下はキッズラクロスと呼ばれているのが普通です。(全日本選手権決勝の会場で実施されるソフトラクロスは、別種目というような感じです。)

●参加校
 ☆女子

   ・ 東北       仙台育英学園高校 LIONS

   ・ 関東       東京成徳大中高校 BRAVEYOUTH

               横浜市立東高校  EastGirls

               埼玉県立

               伊奈学園総合高校 GRASSHOPPERS

               日本大学中高校  AQUA      他26校

           一部合同チームとして活動しているため26チームとなっています。

  ・ 関西        同志社高校     BeatBeans
               関西大学中高校  

               立命館宇治高校 Cherry'

               京都外大西高校
               京都府立洛水高校

               箕面自由学園高校

 ★男子

               慶應義塾高校(大学リーグに参加)

               早稲田学院高校
               海城高校

               岩倉高校

               仙台育英学園高校

となっており、男子は別格の慶應義塾高校を除き、交流戦にとどまり、春の早慶戦で慶應義塾高校と早稲田学院高校の交流戦が最も注目される試合です。

 

●女子リーグ戦

全国的に高校3年生の6月までがラクロスのTeen'sラクロスの参加資格範囲になっており、一般的にSpringCup終了とともに新チームとなります。一部高校2年生で部活動終了の規則になっている高校(桐蔭学園等)もあります。そういうチームは秋の大会で負けると部活終了になるので実は秋も激しい戦いになります。(勝ち抜くと全国大会に出場が可能になり、3月までクラブ活動を続けることができる訳です。)

新チームのシーズンはAutumn Cup、全国大会(3月8校のみ参加可能)、春のTeen's Cupという流れになっています。

つまり、11月23日に決勝戦を迎えるAutumn Cupは新チーム最初の公式戦で、全国大会予選を兼ねたリーグ戦になっているわけです。

 

●全日本中高ラクロス選手権

3月末に関東にて集中開催される、全国から8校が選抜されてトーナメントで優勝を争う大会です。2018年3月で9回目の開催になります。(今年から、富士通スタジアム川崎での開催になりました。)参加校は東日本から5校、関西から3校となっており、既に東日本は上記4校の、関西は同志社、関大中高、立命館宇治の出場が決まっており、最後の1っ校、東日本第5代表は12月に最終予選が行われ決定されます。

・ 東日本第5代表決定戦は1部5位チーム(2校)と2部優勝校に仙台育英学園を加えた4チームでトーナメントを実施し、優勝校が第5代表になります。

 

●関東AutumnCup

26チームが、1部2部に分かれ(自己申告制)予選リーグを戦い、上位8チームが決勝トーナメントに進出する。
 

そして、その決勝戦が今年は11月23日に横浜美術大学(横浜市青葉区)にて開催されるというわけです。2部の優勝校には第5代表決定戦への出場権が与えられるため非常に熱い試合となるのがこの決勝戦です。

 

●関東AutumnCup 決勝戦

11月23日(木・祝日) 11時 ドロー@横浜美術大学天然芝グラウンド(東急田園都市線青葉台駅から東急バス 日本体育大行、横浜美術大学下車)

11時 2部決勝  山村学園高校(LIBERTYS) vs 都立町田総合高校(HEARTIES)

13時 1部決勝  東京成徳大学中高(BRAVEYOUTH) vs 横浜市立東高校(East Girls)

 

<試合観戦のポイント>

① 2部決勝 LIBERTYS/山村学園vs町田総合/HERTIES  

  昨年までは1部リーグに参戦していた山村学園が今年2部リーグに参加(少数化も考慮され

  たか?)することを選択したが、やはり力は高く接戦を勝ち抜くリーダーシップを持った選手

  もいて決勝に進出した。

  3年前あたりから、実力の向上が顕著なチームの一つであった町田総合高校が昨年は

  トーナメント1回戦で敗退した屈辱をばねに、毎年2部優勝を果たしていた都立小石川中等

  教育校(PowerPoints)を破って念願の2部優勝、全国大会予選への挑戦権獲得まで後1勝

  というところまで来た。これは、多分に厳しい指導をされてきた先生との約束とかの精神的な

  物も影響はしていそうだが、継続的な指導が実を結んだというのが本当でしょう(根立先生

  という方のお名前がTwitter上では出ていましたが。)

  そういう2チームの対戦は、点を取り合う戦いになりそうです。より気持ちを強く持ってショット

  に挑戦する、グラボには少しでも早く速く入るというような基本部分の実行ができるか、続け

  られるかというような泥臭い部分を見て下さい。この試合は青春がぶつかり合う正に高校生

  ラクロスという試合になると思います。

 

② 1部決勝  East Girls/横浜東 vs 東京成徳/BRAVEYOUTH 

  昨年秋優勝の横浜東と今年全国大会優勝の東京成徳の戦いとなった、決勝戦。ここ数年は
  この2校で高校ラクロス界をリードしてきた事を考えると順当な進出と言えるわけだが、選手

  も指導教官も変わってしまう高校スポーツにおいては、簡単な事ではない両チームの継続

  力。特に横浜東は今年春から長年に渡り強化に尽力された先生から指導者も変わられた
  事もあり、決勝への道程は平坦なものではなかった。それだけに、芯の強いチームができて

  来たとも想像される。

  一方の東京成徳は春の全国大会を苦しみながら制した時の1年生が主力として成長をし、
  高校には珍しいディフェンスからアタックまでのシステム化を進めて、選手が理解しつつ進化

  を遂げてきている。その中で予選、トーナメントも快勝を続けてきているチーム。

 

  大学の準リーグ決勝や1部入れ替え戦に相当するレベルとも言える試合を、楽しむというの

  が一般的だ。 

  ラクロスがお好きな人にとっては、ショットの力そのものの強さや、システムの機能性を堪能

  するのも良い。とても、高いレベルの試合をお楽しみ下さい。

 

● 注目選手

   East Girls #63
   BRAVEYOUTH #61

  ともに、抜群の攻撃選手で、出色のショット力を見て下さい。

  

この秋の大会は、全国大会に向けた進化途中の戦いであるが故に、派手な点の取り合いになる可能性も高い。

 

とにかく、楽しんで下さい。

 

当日は、朝から雨の予想もあります。会場が人工芝ではないため中止になる場合もあります。
中止の場合はなるべく早くツイートでお伝えします。

 

● 最後に関西のTeen'sラクロス

先週決勝戦まで終わり、同志社高が関西3強の関西大高に25対1、決勝で立命館宇治に24対1と圧勝し関西1強の状況を演出しています。

同志社高は今年3月の全国大会で斬新なラクロスを展開し優勝した東京成徳を最後まで苦しめた、衝撃のチームをさらに進化させているはず。そういう指導体制のチームです。

3月に関東4位の日大高と戦う全国大会には注目して下さい。

 

Teen'sラクロスも参加校が増える傾向にあるとは言えません。ただ、昨年からラクロス協会との

連携が強まり、近い将来には全国大会の決勝や、各地区のリーグ戦の決勝等で、Teen'sの準決勝や決勝の試合が行われるような形も戻ってくるかもしれません。

 

大学のチームの皆さんは、Teen’sラクロスの皆さんが大学でもラクロスをやりたいなぁと思われるような大学ラクロス紹介をこの機会に会場でしてあげてるのも良いかもしれませんよ。

 

Teen's ラクロスについては、まだまだご紹介したいことは一杯あります。シーズン終了後にまとめてご紹介させていただきます。その時にはご覧下さい。

 

先ずは、11月23日 11時ドロー @横浜美術大学   Teen'sラクロス決勝戦をご覧ください

 

こぶ平

チームでした。その

        
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

   

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。