太陽光にあたってセロトニンを生成しよう

 

 

最近、急に寒くなってきましたね。

 

ついこの間まで「暑い暑い」と言っていたのに。

 

今の季節、

気を付けたいのは

『冬季うつ』です。


冬季うつ病とは、
季節の変化が原因となる
季節性のうつ病です。

日照時間が短くなる
秋から冬に症状があらわれ
眠気、過食が現れやすいです。


太古の昔、人類は

冬ごもりに備えて
エネルギー源を体内に蓄え
必要以上に活動しないようにしていました。

 

もしかしたら、今でも
睡眠を多くとるよう
遺伝子に組み込まれているのかもしれませんね。


冬季うつ病の原因は、
日照量不足であるといわれています。

やる気が出ない、
否定的な考えにとらわれる
眠い
過食気味
引きこもりがち

など、
あなたは、
当てはまりませんか?

もし、当てはまるなら
できるだけ外出して
日光にあたるようにこころがけてください。


朝起きたら、
カーテンを開けて
日光に当たりましょう。


太陽の光を浴びると
脳内ホルモンであるセロトニン
分泌されますからね。

セロトニンは
睡眠を誘発させるメラトニン
分泌させるのに
必要な脳内ホルモンですから
日中にしっかり日光を浴びて
睡眠リズムを調節しましょう。


太陽光が目に入ると、

睡眠ホルモンであるメラトニンの分泌が止まります。

 

このメラトニンは、太陽光を浴びてから
15時間後に分泌されますので、

夜になると自然と眠気が来て

睡眠リズムを整えることができるというわけです。

 


光照射療法も有効ですよ。

特殊なライトを使用して、
太陽光に近い光を目から取り込ませ、
生体リズムを整える治療法です。


枕元に置いて、
朝30分ほど
光を照射します。


ネットで検索すれば、
市販でいろんなタイプのものがありますので
一度ご覧になってくださいね。



認知行動療法では
毎日の生活記録を
「セルフモニタリング」
として
つけてもらうことがあります。


今の時期、
調子が悪いな、と感じる方は
一度、毎日の生活記録を
つけてみてください。


睡眠リズムと
日照時間
(外出したか、
カーテンを開けたか)
部屋の温度などを
記録して
照らし合わせてみると

生活リズムを見直すことができますよ。

 

 

 

世界で一番たいせつなあなた。

 

あなたのことを

いつも、いつでも、思っています。

 

 

 

メルマガ「マインドフルネスな日々」では、
無料でご相談メッセージをお受けしております。
↓ ↓ご登録をお待ちいたしております。↓ ↓

 

 

 

神戸心理療法センターでは、オンラインによる認知行動療法、カウンセリングをお受けしています。

copyright Kobe Psychotherapy Center All reserved

すべての文章は著作権法により保護されています。

*ブログ、メルマガ、Twitter、Facebookなどメディアへの引用、

転載は可能ですが、引用元を明記の上、

https://ameblo.jp/kobeptc82cbt

へのリンクをお願いいたします。

なお、商用サイトへの転載、引用は不可となっておりますので、

ご了承くださいませ