活性酸素というと身体によくないものという
イメージがありますよね!?


ですが、
具体的にはどんな影響があるのかはよく知ら
ないのではないでしょうか。

加齢と共に感じる老化現象!!

例を挙げると、

✅物忘れが多くなってきた
✅筋力が落ちてきた
✅疲れやすくなった
✅シミやしわが増えた
✅風邪を引きやすくなった
✅歯や骨が弱くなった ‥等々

これらの老化の原因の一つには活性酸素が影
響しているようです。


詳しく調べてみました(^^♪


私たちは生きている限り呼吸によって体内に
酸素をとり入れます。

そして
その酸素を使って栄養素を燃やし、エネルギ
ーに変えています。


この過程で取り入れた酸素のうち約2%が強
い酸化作用を持つ活性酸素に変化するそうで
す。

この程度の活性酸素は体内に侵入してきたウ
イルスや細菌を退治してくれたり体内にでき
たガン細胞を攻撃、破壊してくれているので
す。

ん∼この時点では悪者ではありませんね音譜


しかしながらこの活性酸素が過剰に発生して
しまうと健康な細胞まで攻撃し始めるのです
爆弾


りんごやバナナを剥いて放っておくと表面が
赤茶けてくるように、また金属の表面が錆び
て変色するように私たちの身体の中も活性酸
素によって細胞は酸化してしまいます。



酸化した細胞は衰えて、栄養分と老廃物の出
し入れをスムーズにできなくなります。

また、
肌ではハリをもたらすコラーゲンを生成する
働きが衰えたり、シミの原因になるメラニン
が過剰に生成されたり、ターンオーバー(肌
の新陳代謝)を乱したりと様々な影響を及ぼ
します。


更に、
細胞が酸化することで全身のあらゆる組織が
衰えます。

それにより動脈硬化や心筋梗塞などの生活習
慣病が引き起こされるリスクも高まるのです


そして厄介なのがこの活性酸素を発生させる
原因は呼吸だけではないということです汗


例えば、
紫外線が身体にとって有害なのはご存知の方
も多いかと思いますが身体への影響を防ぐた
め活性酸素をつくり出します。


そしてシミの元となる過酸化脂質をつくり出
したりコラーゲン繊維にダメージを与えて肌
のハリや弾力を失ったりします。


また、
大気汚染や食品添加物など基本的には身体に
とって悪影響があるものが体内に入ると活性
酸素を発生させるそうですあせる


その他、
喫煙や過剰な飲酒、ストレスや激しい運動な
んかも活性酸素が増える原因になるのです。


増えすぎた活性酸素を減らすために抗酸化作
用のある成分を摂取することも有効ですが普
段の生活から増えすぎを防ぎたいものですよ
注意


ですから、
活性酸素を減らすには上記のような原因物質
を避ける事が大事になってくるわけですひらめき電球


みなさん!(私もだけど^^;)
紫外線対策はもちろん、過剰な飲酒や喫煙は
控えるように心がけましょうねアップ