おはようございます!

 

徳島県徳島市の産直市、「喜多野安心市」

専務取締役(二代目)で野菜ソムリエプロの廣永 工です。

 

本ブログは2020年4月より毎朝更新しています。

いつも皆さん、ありがとうございます😊

 

土成町産 シャインマスカット、

ピオーネ、ベリーAなど大人気販売中 🍇

image

 

鈴江さんの秋月梨

大人気販売中!✨

image
 

【店頭の品揃えについて】

現在「端境期(はざかいき)」と言って、夏野菜から秋冬野菜へ移り変わる時期です。

生産者さん達は冬野菜の準備で畑を耕したり、種を蒔いたりする時期なので、

多くの畑が「準備中」の状態です。

しばらくの間、品揃えが少ない状態が続きますが、

ご理解のほど、よろしくお願い致します。

 

 

↓とくしまマルシェでゲットした「炒り番茶」と「緑茶」

昨日は月の最終日曜だったので、久々に「とくしまマルシェ」へ。

 

僕と同年代くらいのお茶屋さんが出ていて、初めて知った方だったんですが、興味津々で写真のお茶を購入。

そして先に、この「炒り歩危番茶」を飲みました。
 
炒った番茶ということで、さらに香ばしい香りのする番茶です。
 
・・・美味いっ!

 

長男と一緒に、昨夜寝る前に飲んで、今朝も朝食時にいただきました。長男もかなり気に入ってます😁緑茶は後でいただこうかな。

 

↓曲風園さんHP

素敵な生産者さんのようです。いつかご縁があるといいな。

 

 

また、連日ご紹介中の井本養蜂園さんの蜂蜜。

おかげさまでよくご購入いただき、3日前に補充して下さったのに欠品も出てきました。

 

良い品物を積極的に試してくださる皆さんに感謝です。

 

さて。
 
 
それでは、今日はこちらの話です。

トマトの話。

 

7月半ばから品薄状態が続いていたので、トマトの話題なんて久しぶりになっちゃいましたが、

 

近頃は原田さんの「ぜいたくトマト」と「なつめっ娘(ミニトマト)』が順調に出荷されています。

そこで、今日はトマトとミニトマトでどちらが栄養豊富なのか?をご紹介です。

 

 

  トマトとミニトマト。栄養が豊富なのは?

 

早速、正解から。

image

栄養価が高いのはミニトマトの方なんです!

 

ビタミンB群

ビタミンC

カリウム

食物繊維

 

などは約1.5~2倍

 

リコピンは約3倍

 

image

さらに殺菌効果、抗酸化作用、抗アレルギー、免疫力アップといった効果が期待できる「トマトサポニン」という栄養については大玉トマトの約3〜5倍

 

想像以上に、優れものですね!

 

※こういった栄養の話は、基本的に「同じ量食べた場合」の話です。ご注意ください。

 

 

  トマトの原産は「ミニトマト」だった・・?

実は、最も古い歴史を持つのは、

 

大玉・中玉・ミニトマトの中で、「ミニトマト」なんだそうです。

 

そこから品種改良が進んで、現在のような様々な形のトマトが食べられるようになったそうですよ!

 

一番、”原形”ともいえる「ミニトマト」だからこそ、栄養価が豊富なのかもしれませんね。

 

 

 

ご参考に。

 

 
 
では、今日はこの辺で!
 

 

それでは今日も皆さん素敵な1日をお過ごしくださいね!

 

 

また明日👋