今回は、KNERCで初めて開催されました合宿について報告です!!「ボバース概念UP to DATE~体幹に強い問題を抱える脳卒中例に対する挑戦~」と題しまして、8/10(木)~8/13(日)の4日間KNERC漬けの合宿を行いました!!

 

毎日実技練習に治療実習、WORKSHOPと朝から晩まで(9:00〜22:00!)てんこ盛りの内容でした!!講師には小野センター長に加え三橋弘昌先生(神戸リハビリテーション病院)をお招きして行いました!!

脳卒中の方は運動麻痺だけではなく非麻痺側の体幹も障害されます。そこで体幹キネシオテープを張り、体幹の抗重力伸展活動が起こりにくい状況をつくって、どんな代償動作が出現するか皆さんで実体験を行いました。これが驚くほど片麻痺の方の代償動作と似ているんです!!改めて体幹の重要さを再確認しました。

ディスカッションの場面です。「効率の良い体幹って何??」と改めて考えるといろんな構成要素がでてきますね。合宿は12名と少人数で行われるので、内容の濃いディスカッションが何回も行えるのも魅力だなと感じました!!

実技練習も盛りだくさんでした。普段の講習会よりも実技の時間がたくさんあるので、個別性に合わせて実技をどう工夫していくか検討しながら行いました!!

治療実習は2人1組のグループに分かれて毎日行われました。そしてWORKSHOPでは各グループが掲げた目標に対して治療発表を行います。緊張しますが、実際に治療を行いながら直接指導を受けることができるWORKSHOPの機会が多くあるのも合宿の特徴です!!

食事もおいしかったです(^^)/♬

バーベキューも行いました!!もちろん夕食後の実技練習も頑張りました(;^ω^)まさに合宿で楽しかったです♬

朝から晩まで本当に内容の濃い4日間でした!!今回事務としてお手伝いさせていただきましたが、次は受講生として参加したいなと思いました(^^♪次回も本当に楽しみです、皆様のご参加を是非是非お待ちしております!!

 

KNERC長期研修生  中市一雄