日々の出来事の記事一覧

[キウイ] ブログ村キーワード

14時半頃、地震があった。震源が埼玉で、最大震度が茨城の5弱。うちは川崎だが体感で3くらいと感じ、実際も3であった。震度3や4程度の揺れでは特に驚かないが、瞬間的に鳴ったスマホのブザーに驚いた。消防車みたいな音だったし。実は大きな音に結構弱い(;-,_っ-)
キウイ1
5月8日撮影。庭に生えているキウイの木。木と呼ぶのが適正かわからないけど(´・,_っ・)-3
キウイ2
ゴールデンキングという品種らしい。育てて2~3年だと思うが、初めて花が咲いた。私の担当じゃないけど。白い桜のようにも見えて、まぁ悪くない。もちろん花を楽しむのが目的ではなく、実の収穫であるが。担当者は花が咲いたので喜び、そのうち実が成るものと思っていたらしい。
キウイ3
私はあまり興味が無かったが、調べてみたところ、キウイの木には雄と雌の2種類があるらしい。雄には雄の花、雌には雌の花しか咲かない。うちのはどうやら雌の木のようで、実が成るのも雌だけ。見分けは花の形で、中央が白く盛り上がっていれば、雌ということだ。しかし雌だけでは実をつけられず、雄の花粉を受粉させなければならない。
キウイ4
両方育てられればいいのだが、スペースの関係もあって雌しかない。なおも調べると、花粉が販売されているということで早速取り寄せた。すでに13日になってしまった。トランプの大きさくらいの袋だが、これで2000円弱と高い(;-,_っ-)
キウイ5
いっぱい詰まってると思いきや、開けると底のほうに少し入ってる程度ではないか。花一つにわずかの量でよいので、これでも100以上の花につけられるらしいが。
キウイ6
高い位置で手が届かないので、棒に麺棒をくくりつける。麺棒の先に花粉をつけるのだが、今回は袋の内側に付着してる部分を使った。麺棒で袋の内側をふき取る感じで。残ったものは冷凍保管。1~2年はもつそうである。
キウイ7
13日だが、残念ながら大半の花は枯れてしまっていた。キウイの開花時期は5月の一週間ほどしかなく受粉できるチャンスはわずかなのだ。受粉のタイミングは花の咲き始めが理想ということで、咲いてから取り寄せたのでは遅かった。仕方がないので、わずかに残った5~6輪の花に駄目元で花粉をつけた。それもほとんどが色褪せて、咲き終わりだったが。左のなんて花びらが枯れてしまい、明らかに手遅れそうだ。つける場所は白い部分の先だけで良いらしい。
キウイ11
作業中に、珍しい昆虫がいたので撮った。10cm近くもありそうな大きな蝶が、花の蜜を吸いにきたようだ。調べてみると、ナガサキアゲハという種らしい。長崎で最初に採集されたので、この名がついたということ。国内でも最大級だそうだ。画像のはメスで、オスはもう少し青っぽく柄が地味らしい。
キウイ12
本来はこういった昆虫が、受粉作業をしてくれるのだろう。しかしキウイに関しては、人工授粉のほうが確実性があり主流のようだ。川崎でも住宅地増設のため、自然がどんどん減っている。こういった昆虫が見られるのも今のうちと思うと、少しさびしい気もする次第である。
キウイ8
21日。花粉をつけて8日経ったが、何か膨らんでるぞ(`・c_,・´)
キウイ9
これは~。一応実が成ったんですかね。花びらが枯れてても、白い部分が生きてれば一応間に合ったみたい。おいしく出来るかどうかは別だけど(´・,_っ・`)


キウイ10
で、今日25日。たった4日だが、一段と膨らんで様になった。実りだすと成長が早いらしい。といっても、収穫は秋なのだが。それとこのように密集している場合は、間引きする必要があるらしい。そうしないと、小ぶりで甘くなくなってしまうようだ。しかし今回はこの一角だけしか成っていないので、このまま見守ることにする。来年は、本格的に栽培したい。この辺は追記するかも。
キウイ
6月1日。成熟の7割くらいの大きさになった。この分だと6月中には成熟しそう。大きさは完成しても、収穫は4~5ヶ月後なのだが。夏の間は何の時期なんだろうね(´・c_,・`)
キウイ
6月8日。大きさはほぼ完成。思ったより早いのは、実が少ないからかもしれない。野菜なんかは成ったらすぐ収穫できるけど、キウイはここからが長いんだよなぁ。ゴールデンキングの収穫は、少し早めの10月下旬頃が良いらしい(´・c_,・`)
キウイ
7月13日。全体的に大きさが安定。ちょっと大きめなので、千切れないのか心配。てか、色も茶色くなってきて、もう出来てるようにも見えるけど(´・c_,・`)


キウイ
7月29日。地面に一つ転がっているのを発見。見上げると、1ヶ所無くなっていたので、自然落下したらしい。見た感じは収穫時と変わらないが、美味しそうな香りもしない。収穫までまだ3ヶ月はあるはずだから、当然といえば当然か。触ってみるとカチカチだが、地面に衝突した部分は傷んで柔らかくなっている。初めての事なので、一応捨てずにしばらく放置して様子を見てみる。傷ついた部分から腐りそうなので、野菜庫で保管することにする。もちろん食べられることは期待なんかしないけど(´・,_っ・)-3
キウイ
8月3日。保管しておいたものが柔らかくなっていたので、切ってみた。中の方は白く、いかにも未熟といった感じ。内側の茶色い部分は、落下の衝撃で傷んだもの。外側の緑色のところは食べられそうにも見えるが・・。食べてみたところ、甘味も酸味も全く無く、大変味気ないものでした。砂糖でもかければ食べられそうだが、キウイ本来の味とは程遠い。やはり秋に収穫というのは、伊達ではないですな。ゴミ箱行き(´・,_っ・)-3
キウイ1
11月4日。収穫の時期としては少し遅めだが、採ることにした。皮も茶色くなって、実は完成していると見て良いだろう。
キウイ2
高い位置で育てたので、大小の椅子を重ねて手を伸ばす。危ないけど、脚立無いんすよ(;-,_っ-)
思ったよりしっかりと付いていて、片手では採れない。根元をつまんで、もう片方の手で回しながらネジりとる。
キウイ3
全部採り終わった。また来年も頼むよ(*´c_,`*)
キウイ4
今回は8個だけの収穫。上記の通り、訳あって一箇所のみで密集させて育てた。実験的なものだから、多分味は期待できない。ひとまず、熟成するまで2週間くらいは常温で保管。リンゴがあったら早いらしいけど。さてどうなることやら(´・,_っ・)-3
キウイ5
11月10日。一つだけかなり柔らかくなっていたので、少し早いとは思うが切ってみた。ゴールデンキウイは普通のキウイと違って、熟すと黄色くなるのが特徴。あまり色が良いはいえないが、一応熟している感じ。上の落下したものと比べれば一目瞭然。
キウイ6
皮を向くと、左はしっかりと黄色くなっているのに対して、右はまだ少し緑だった。
キウイ7
試食。黄色い方はそこそこ食べられた。しかし販売されているものと比べると、甘さが足りない。ゴールデンキウイは相当甘いが、これだと普通のキウイよりも薄い感じ。右も食べられない事はないが、左以上に甘さがなく酸っぱい。やはり固めて育てた栽培の仕方に問題があったか。11月に入っていたので、さすがに摘み取りが早いということはあるまい。残りはまだ硬いので追熟中だが、似たようなものかなぁ(´・,_っ・)-3

結局どれも似たようなものだった。
来年はきっちり間引きして育てます(`・c_,・´)

次は「メモリ増設&Windows10(`・c_,・´)

1年後に再挑戦!「キウイの栽培(`・c_,・´)
AD

コメント(2)