オリンピックイヤーの今年の1月は雨・雨・雨で茨城県では観測史上最多の雨が降っている。

年間降雨量は1500㎜前後の年が多いが、どこで帳尻を合わせてくるのだろう!

雪が少ないと言う事は水不足になり、僕らの主食であるお米が心配だ!

つくば市でも台風24号の影響で塩害が発生する程、最近の台風の勢いは恐ろしい。

台風関連の記事でも近年の台風は想定外の進路が相次いていると良くみかける。特に最近は気圧や偏西風の要因が複雑で夏場は迷走し秋は日本に接近の傾向が強い。

赤道に近い熱帯の海上で生まれた台風は反時計回りに渦を巻いている。回転するコマと似ていて、そのままではほとんど動かず、地球の自転の影響でゆっくり北上するだけだ。周囲で風が吹くと、台風はそれに流されて動く。

 風に流され進む赤道の北側、緯度が約25度以下の地域では、貿易風という東風が吹いている。生まれたばかりの台風は貿易風に流されてまず西へ進む。日本に夏をもたらす太平洋高気圧の風に乗ると、右にカーブするように進む。高気圧では、時計回りに風が吹き出しており、へりで特に風が強い。

 日本に近づくと、上空5千から1万メートル付近を吹く偏西風の影響を受け、向きを北東に変える。偏西風はジェット気流とも呼ばれ、秒速50メートルを超すこともある猛烈な風だ。偏西風に流された台風はスピードを上げて一気に北東へ進む。「速いと、衰える前に各地に到達するため被害が大きくなりやすい」

 日本に接近、上陸するかは、太平洋高気圧や偏西風の位置と強さで決まる。夏の間に日本を覆っていた太平洋高気圧は秋が近づくにつれ、勢力が衰えて東へ引っ込む。西や北西のへりがちょうど日本にかかるようになり、台風が日本に近づきやすくなる。

 夏のころは偏西風が日本から離れた北の上空を吹くことが多いため、日本に近づく台風は迷走しやすい。「太平洋高気圧のへりを吹く風はそれほど強くなく、周囲に強い風の影響を受けやすい」

 例えば7月下旬、北上していた台風12号は日本に近づくと西へ向かい、紀伊半島の東から上陸し中国、九州地方へ抜けた。上陸後に西へ横断した台風は1951年の統計開始以来初めてだ。さらに九州の南の海上で1回転し、東シナ海へ抜けた。太平洋高気圧の勢力が一時的に弱くなって東へ引っ込んだことに加え、日本の南に入り込んだ寒冷渦と呼ばれる上空に発生した空気の渦が影響した。

 寒冷渦は偏西風が大きく蛇行し、一部が切り離されてできた低気圧で、反時計回りに渦巻いている。近づいた台風12号が引き寄せられるように北上し、渦の流れに沿って西ヘコースを変えた。九州の南海上で回転したのも、台風12号を西へ向かわせた後に西南西へ動いた寒冷渦のためだ。

 その次に来た台風13号は関東地方に近づいてきても、周囲の風が弱かったため時速15

キロメートルと自転車並みの速さだった。ちょうど太平洋高気圧が東へ引っ込み、大陸からはチベット高気圧が張り出してきていた。2つの高気圧の間をゆっくりと北上した。

 似たような高気圧の配置は2016年8月にもあった。発生した7つの台風のうち5つが北へ進み、北海道や東北に接近して大雨を降らせた。河川が氾濫し、ジャガイモなどの畑が水浸しになり、農作物が大きな被害を受けた。

 正確な予測困難

 台風24号は秋台風の典型的な進路をたどったが、予想は大きく変わった。9月23日ご

ろは台湾へほぼ真っすぐ動くとみられていたが、沖縄の南の海上に来たころには日本を縦断する進路に変わった。進路予測は様々な要因が絡むため、直前にならないと正確な予測は難しい。17年の台風の3日先の予想と実際の進路とのズレは、平均で約248キロメートルあった。

 18年は11日までに5つの台風が上陸した。04年の10個、1993・2016年の6個に次ぐ。

 「10月の台風は日本に近づきやすい」もうしばらくは台風情報に耳を傾けた方がよさそうだ。

数年ぶりの投稿です。以前取引先の方からご指摘ありましてブログを投稿します。Tさんご指摘ありがとうございます。!

私も天気予報で結構悩みますが結構皆様に知られていない予報を最近しりましたので、参考にして下さい。

天気予報は基本的に「Yahoo!天気」、「goo天気」、「エキサイト天気」、「Mapion天気予報」、「livedoor天気予報」、「@nifty天気予報」といった天気予報サイトがありますが、大きく分けて気象庁と気象協会とウエザーニーズの三種類から枝分かれしています。

そこにもう一つ今回紹介するサイトが細かに天気を知ることができる「GPV気象予報」です。これは、気象庁や米国海洋大気局等の気象予測モデルをスーパーコンピュータで計算し、その予測値を地図上に表示させたものらしいです。この4種類を選び、又微気候的に当たるサイトをチェックしてみて下さい。最後は決断ですね!

最近ゴルフカートでのプレーが主流になっていますが、メンテナンス側からすると、カートの停止位置は常に決まっており、芝生がベアーになってしまう事が多々あります。又踏圧によりえぐれた場所等は低くなり水が溜ったりもします。その為にゴムマット等を使用したり、停止位置のマグネットを移動させて芝生の傷みを分散させたりしています。今回面白いと思った物は、今まで考えもしなかった方法です。フォークリフトを使用しているコースでは当たり前にある、プラスティック制のパレットをカート停止位置の足元に上手く埋設する方法です。こちらのコースは年間5万人の入場者でやはり停止位置が傷んでおり、さらに停止場所の排水が悪く常にグチャグチャしていた場所で暗渠を取り、砕石を30cm敷き、その上にパレットを埋設して最後にゴムマットを載せて固定してありました。良く見かける玄関の泥落とし状態で、空間が有るので、サッチやドロがそこに落ちてくれる仕組みです。費用もかからず面白いと思い、GoodIdea認定しました!色を変えたり揃えればもっと見栄えが良くなりそうです。
スプリンクラーTORO社でお世話になっている荒田商会さんに急な測量をお願いしました。すると三脚も測量の重そうな機材など無く、持っていたのはTrimbleのハンディータイプ測量が1台。こんなので普段やっている測量出来るのかな?と不安になりましたが、早速測量開始!するとGPSで衛星を4つ捕まえて簡単な設定をして測量開始。なんと測りたい場所を歩くだけ。グリーン・スプリンクラー・電磁弁・Tee・カート道・植栽・境界杭・猪フェンス等々!物の1時間で簡単に作業終了。翌日爽やかにメールが届き普段見慣れている測量図面が出来上がり!わ・スグレモノと感動しました。古いコースで図面が無いゴルフ場等は1週間で測量できてしまうそうです。面白い物体験させてもらい、ありがとうございました!
今年の梅雨は、異変が続いている。九州南部では記録的な豪雨が続き、前線から離れた関東北部が突風や局地的大雨に見舞われる。東北地方はいまだに梅雨入り前だ。原因の一端は、日本から遠く離れた東太平洋付近の赤道域で、海面の水温が平年より高くなるエルニーニョ現象にあるようだ。
今月15日。午後2時に32・3度を記録した群馬県伊勢崎市は、晴れて暑い日だった。ところが午後4時ごろ、上空の大気の状態が不安定になって突風が発生し、家屋が損壊。ひょうも観測された。気象庁は、積乱雲から下降した気流が地面にぶつかることで発生する「ダウンバースト」現象の可能性が高いとした。
異変は梅雨前線の動きと関係している。気象庁によると、関東甲信地方は8日に梅雨入りしたが、その後も梅雨前線は九州南部付近に停滞。例年なら前線の影響で、関東付近に上空の寒気が南下することは少ないが、今年は前線が北上せず、今月中旬以降は断続的に寒気が流れ込む状態が続く。地上で暖められた上昇気流と上空の寒気の影響で大気が不安定になり、突風や局地的豪雨などが発生しやすくなった。
気象庁は、梅雨前線の北上を妨げる一因はエルニーニョ現象とみる。東太平洋の赤道付近では海面水温が高くなる一方、沖縄の南海上からフィリピン付近では比較的低くなる。このため、太平洋高気圧の勢力を強めるのに必要な下降気流も生まれにくく、日本付近に張り出すほど発達しにくい。さらにチベット高気圧の勢力が弱く、偏西風も普段よりも南を流れる状態が続く。その結果、梅雨前線は本州付近に北上しにくくなっているという。

 前線の停滞で、九州南部の鹿児島市や指宿市の24日までの20日間の降水量は平年の3倍を超えた。一方、東北地方は梅雨入りが平年より10日以上遅れている。

 ただ気象庁によると、太平洋高気圧は26~27日にかけて北上が予想される。気象庁天気相談所の松本積(つもる)所長は「今後は梅雨前線の停滞局面から、ようやく季節が進み、全国的に梅雨らしい天気になる見込み」としている。(朝日新聞20150626)
日本列島は8日、全国的に強い寒気におおわれ、関東のゴルフ場では軒並みクローズとなりました。東京都心では4月として5年ぶりに雪が降った。9日朝も各地で冷え込む見込みだ。8日の最低気温は、都心で平年より5・7度低い2・4度と2月下旬並み。午後2時でも3・5度で日中も冷え込んだ。北海道旭川市は最低気温が零下5・0度と平年より3・7度低かった。都心の4月の雪は2010年4月17日以来。千葉県銚子市でも降雪があり、統計を取り始めた1888年以降、最も遅かった1925年4月6日の降雪記録を90年ぶりに更新した。積雪は長野県軽井沢町で6センチだった。気象庁によると、太平洋上にある高気圧が弱まり、上空1500メートル付近で零度という真冬並みの寒気が関東の南まで南下。本州の南海上を低気圧が東に進んだため、異例の雪となった。
2014年は史上最も暑い年だった――。そんな発表がこのところ相次いだ。世界気象機関によると、14年の世界の平均気温は基準となる14・00度を0・57度上回った。記録の残る1850年以降で最高という▼また、過去に高温だった上位15カ年をみると、14カ年までが今世紀に入ってからの年だとしている。米航空宇宙局なども、昨年の平均気温は記録の残る1880年以降で最高だったと発表。地球温暖化の進行を裏付ける深刻なデータだ▼この先どうなるのか。日本の環境省と気象庁が昨年12月に出した予測がある。今のペースで温室効果ガスの排出が増えると、今世紀末の日本の平均気温は4・4度上がる。降雪量は全国平均で今の年130センチから57センチも減る。温暖化で雪が雨に変わってしまうのだという▼暑さによる死者数が2倍以上になるとの予測もある。放っておける数字ではない。気温の上昇を抑える「緩和」策とともに、災害や凶作などの避けられない影響に備える「適応」策が求められるゆえんだ▼気になる調査結果がある。みずほ情報総研が昨秋、世界の5都市の住民に聞いたところ、温暖化の影響への備えを考えている、と回答したのは東京ではわずか30%。上海やニューヨークの後塵(こうじん)を拝し、最下位だった▼きのうは各地に雪やみぞれが降った。明けて、きょうは二十四節気の「雨水(うすい)」である。氷が解け、雪が雨に変わるころとされる。近づく春を予感しつつ、長期的な気候変動の行く末も時には考えたい。と2015年2月19日の天声人語に載っていた。やはり温暖化なのかな?
NASAとNOAA(米国大洋気庁)がそれぞれ行った分析によって、2014年は地球の温度が観測史上で最高となったことがわかりました。2005年に観測された記録を破り過去最高となった2010年を更に上回り、2014年が記録を塗り替えることとなりました。地球温暖化は徐々に深刻さを増しています。

冬の今、去年がどれだけ暑かったかというのはなかなか思い出せないかもしれません。しかし、2014年はヨーロッパで過去最高に暑い夏が観測され、北極では海氷域の減少がみられ、オーストラリアは観測史上もっとも気温が高い春を経験するなど、様々な気象異常が観測された年でした。

少しだけ詳しく見てみると、昨年は大気温を上昇させるエルニーニョ現象が起こらなかったにも関わらず最高気温を観測しています。エルニーニョ現象など異常気象の影響によって年々気温は上下しますが、長い目で見ると、地球は確実に温かくなってきています。

地球温暖化を否定する人もいますが、2014年の記録的な気温上昇は、地球環境のために人間が何かしなくてはいけないというサインではないでしょうか。

茨城県のゴルフ場の最近10年間の最高・最低・平均気温を見ていても確実に上昇しているのは確かです。
ANAオープンを開催している、札幌ゴルフ倶楽部 輪厚コースを視察して来ました。天気も良くトーナメント前でしたので、かなりラフも長く楽しませて頂きました。井上誠一設計のコースらしく、自然の地形をうまく残している北海道らしい白樺が綺麗なコースでした。名物のドックレッグしたロングホールはやはり飛ばすプレーヤーが有利なんだと痛感したした。ひさしぶりのMy favorite Golf Courseでした。