韓国・ソウルの中心で愛を叫ぶ!

韓国・ソウルの中心で愛を叫ぶ!

ポッドキャスト韓国語マガジン“サランヘヨ・ハングンマル”の編集長が、韓国と韓国文化の見つめ方を伝授します。

ソウルでの滞在に、メッチャ便利!! お勧め!チョ・ソンミンさんの明洞ゲストハウスにしばらく空き部屋があります!ロッテ百貨店の向かい側、空港リムジンバスのバス停から歩いて1分ですよ!飛行機電車走る人プレゼントメガネ

アンニョンハセヨ!「サランヘヨ・ハングンマル!」は韓国直送のフリーの韓国語講座!日本を元気にするために韓国の情報をお伝えしています。韓国について知りたい皆さんのお役に立ちますよ!(*´▽`)

最終日の空港に行く前、一番最後に行った福岡の東長寺の五重塔。

 

 

今回は、先月のサムルノリチームの日韓文化交流公演旅行の最終回です。前回、韓国人をお連れする私たちのツアーでは、必ず4日目に韓国料理屋さんに行くという話をしましたが、今回の4泊5日の最終日の5日目、福岡観光における日本最後の食事までも、韓国料理屋で韓国料理を食べたという話ですね。すごいですね!理解不能ですよね!ヾ(≧∇≦)〃♪

 

前回紹介した長崎の「ホテルオークラJRハウステンボス」を出発して、福岡空港から韓国に帰る前に、最後の観光地として太宰府観光を楽しんだのですが、やっぱり前日、ハウステンボスで食べた韓国料理の満足度が格別だったため、みんなの要望に従って、私が知っている太宰府天満宮の近くで唯一の韓国料理屋さんにご案内しました。(*´ヮ`)/

 

ちなみに、太宰府天満宮は修学旅行らしい日本の生徒たちであふれていましたね。何といっても学問の神様ですし、必須のコースなのでしょうね。実は3日目の夜に泊まった福岡の「原鶴グランドスカイホテル」でも、4日目の夜に泊った「ホテルオークラJRハウステンボス」でも、修学旅行中の日本の生徒たちがたくさん泊っていたのでした。かつて私の故郷の札幌で中、高に通った私は、修学旅行というと秋だったという記憶があるのですが、全国には4月に実施する学校もけっこうあるということになりますよね。

 

ということで、最後に太宰府天満宮を観光しながらお昼を食べたのが、太宰府駅から太宰府天満宮までの中間にある「韓ノ庭」という韓国料理屋さんです。ここも韓国のおばさんがつくってくれる韓国の家庭料理としてお勧めです!

 

前回来た時に、店の前でトッポッキをつくって売っていたのを見た記憶にありますが、若者たちがたくさん来るのでそうしていたのでしょうね。本場の韓国の家庭料理の味がとっても美味しかったです。さらに値段も手軽だったのがありがたかったですね。

 

でもやっぱり、ここから最後に東長寺に短く寄った後でそのまま福岡空港に向かったわけで、今から韓国に帰ろうとしている、日本での最後の食事まで韓国料理にしたというのは、さすがに韓国の方々の韓国料理愛がすごい!ということでご紹介してみました!♪ヽ(´▽`)/

 

 

 

修学旅行らしい子供たちであふれていた太宰府の通り。

 

 

太宰府天満宮。

 

 

3年間の本殿改修中にだけ見られる、今の不思議な仮殿。アートですね。

 

 

菖蒲池。

 

 

紫の菖蒲が咲いています。

 

 

緑のエネルギーに韓国の方々も皆感動していました。

 

 

太宰府駅と天満宮の中間くらいにある太宰府館。

 

 

太宰府館の隣が韓国料理の「韓ノ庭」です。

 

 

トゥブ(豆腐)チゲ。

 

 

ビビンパプ。

 

 

とっても美味しかったです。

 

 

チェユク・ポックム(豚肉炒め)。

 

 

キムチ。市販のそれではない韓国の家庭の味でした。ヾ(≧∇≦)〃♪

 

 

食後に梅が枝餅に行きました。

 

 

美味しかったです。

 

 

福岡の「原鶴グランドスカイホテル」も修学旅行の生徒たちが一杯でした。

 

 

温泉も、夜の7:50~9:10の時間が子供たちの貸し切りになっていました。

 

 

10階展望レストラン「うかい亭」での夕食ビュッフェ。

 

 

美味しかったです。

 

 

お寿司もあったし。

 

 

ズワイガニもありました。

 

 

デザート。

 

 

ということで、今回のお土産です。

 

 

熊本城土産ですね。美味しかった。ヾ(≧∇≦)〃♪

 

 

☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング
↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。

ハウステンボスで昼に食べた石焼ビビンバプ。これが美味しくて夕食もここに来ました。

 


●韓国人が辛い物を持ち歩くわけ

 

今回も韓国のサムルノリ・チームの訪日文化交流ツアーのご紹介ですが、今回は日本人には理解しがたい韓国人旅行者の旅行常識をご紹介します。それが何かというとほとんどの韓国人は、海外旅行でも韓国料理を食べなければならないというお話です!♪ヽ(´▽`)/

 

韓国料理が他国の料理に比べて比較的に味や香りなどの刺激が強いという理由のゆえだとは思うのですが、一種の禁断症状が来てしまうわけですよね。それゆえ、老若男女問わず多くの韓国人は、海外旅行の必需品という観点で、コチュジャンやキムチ類、生の唐辛子、辛いラーメンなどを鞄に詰めて旅に出ます。

 

年配者などの中には、着いた現地での1食目から、少量のそれらをこっそり取り出して食堂の料理と一緒に食べる人もいます。それはそれがないと食事を食べたが気がしないし、中には消化不良などの体調不良を起こす人もいるからです。当然、「持ち込み厳禁」として取り締まる店が多いですが、実際にそのやむを得ない理由を知っている私は、店の人から注意をされないかぎりは許容しています。

 

今回のメンバーは皆、文化人でもあり、さすがに食堂に何かを持ち込む人は1人もいませんでしたが、ホテルの部屋で寝る前にはどの部屋でも必ず、持ってきた韓国のカップラーメンと韓国の焼酎で欲求不満を満たしていましたよね。^^;

 

 

●日程4日目には必ず韓国料理店

 

その上での話ですが、たとえそのようにしていたとしても、旅行日程が長くなると、もはや現地の韓国料理店に行くしかない状況になります。いわば全員の欲求が一致する時が来るわけです。経験上、その限界は3日です。だから4日以上のツアーになると、必ず4日目に現地の韓国料理店で韓国料理をお腹いっぱい食べるように日程を組んでいます。

 

反対に、日本人が海外旅行先でわざわざ現地の高価な日本料理屋に行き、本場の味には満たないような和食料理を食べたいかと考えれば、私たちとはかなり考え方が違うことが分かると思います。もちろん日本で食べる韓国料理も値段は高いです。でも、誰一人「なぜ日本に来てわざわざ韓国料理屋に行くのか?」などという人はいないばかりか、皆から爆発的に感謝されます。(^ヮ^;)

 

たいていは、それまでの3日間で韓国料理以外の料理を食べることに飽き飽きして、食欲も落ち、何を食べても食べた気がしないと意気消沈している状況なので、「やっとちゃんとした食事ができた!」という感じの感想になるわけです。もちろんそんな野暮なことをはっきり口に出す人はいませんが、その満足そうな笑顔を見れば一目で分かります。

 

 

●ハウステンボスで連続韓国料理!

 

ということで、前置きが長かったですが、今回の5日間のサムルノリ・チームの訪日文化交流ツアーでも、4日目となった長崎ハウステンボスでの食事が、昼と夜両方とも韓国料理となりました。(*´ヮ`)/

 

「よりにもよって、日本の中のオランダのテーマパークに高価な入場料で入ったのに、わざわざ珍しい韓国料理屋に行くのか?」と思うでしょうが、まあ、実際値段が高いのは他の料理も一緒であるテーマパークですし、充分に可能な選択だと思って、ハウステンボスのシンボルである「ドムトールン」の塔の下にある「チェゴヤ」という韓国料理屋に皆を連れていって、昼食にビビンパプを食べたのですが、これが予想どおりの大ヒットでしたね!

 

それで、結果的にホテル・オークラにチェックインした後のその日の夕食も、わざわざもう一度、クルーズ船に乗って「ドムトールン」まで戻って、同じ「チェゴヤ」で夕食を食べました。夕食は、「1人2500円の値段に合わせて出せる料理を出してください」と注文したのですが、これが本当に素晴らしいコースで、店長が韓国の若い男性でしたが、故郷から来た私たちにサービスをしてくれたのではないかと思います。

 

メニューは、スンドゥブチゲに始まり、チャプチェ、チェユク・ポックム(豚肉キムチ炒め)、ヘムル・ポックム(海産物炒め)、最後にヘムル・ジョン(海産物のチジミ)が出てきて、それ以外にもナムル類、キムチ類が豊富に出てきました。皆、テンションが高くなって、料理が出てくるたびに歓声を上げながら、どこの国の人かも分からない外国人の店員に対して丁寧にお礼の言葉を述べていました。実際、量が多くてお腹いっぱいになったし、店を出る時には韓国人のご主人に1人ひとり嬉しそうにお礼をいっていましたよね。ヾ(≧∇≦)〃♪

 

 

 

クルーズ船に乗って到着した「ドムトールン」。

 

 

その2階に「チェゴヤ」という韓国家庭料理店があります。

 

 

「チェゴヤ」は「最高だ」という意味です。

 

 

お昼はここで石焼ビビンパプをいただきました。

 

 

これがメチャクチャ美味しかった。ヾ(≧∇≦)〃♪

 

 

ということで夕食にわざわざ戻ってきました!皆、ルンルン気分で盛り上がっています。

 

 

お任せメニューにしたのですが、まず出てきたスンドゥブ・チゲ。本場の味です。

 

 

ナムル類も韓国のそのまま。

 

 

チャプチェが最高でした。

 

 

チェユク・ポックム(豚肉キムチ炒め)。

 

 

ヘムル・ポックム(海産物炒め)。

 

 

ヘムル・ジョン(海産物のチジミ)。

 

 

キムチも美味しかったです。ヾ(≧∇≦)〃♪

 

 

私は翌朝のホテル・オークラの朝食バイキングが何より美味しかったのでオマケ。

 

 

1人3600円ですからね。

 

 

ハウステンボスの眺めを展望しながら食事ができます。

 

 

朝早くてまだ客が少なかったので、窓際の特等席に座りました。

 

 

和食、洋食ですが、本当に美味しかった。

 

 

角煮饅頭。これは中華ですね。

 

 

長崎ちゃんぽん。

 

 

長崎名物「カステラかまぼこ」だそうです。

 

 

これが美味しかった!ふわふわのフレンチトースト。

 

 

生クリームでいただきました。

 

 

パン類。

 

 

サラダ類。

 

 

フルーツ類。

 

 

シリアルコーナー。

 

 

デザート。

 

 

ということで、一番記憶に残った朝食でした。ヾ(≧∇≦)〃♪

 

 

☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング
↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。

無事公演日程も大成功し、長崎のハウステンボスで1日観光しました。♪ヽ(´▽`)/

 

 

韓国のサムルノリ・チームの訪日文化交流ツアーのご紹介、今回は、無事すべての公演日程も終わり、長崎を訪れて「ハウステンボス」で朝から晩まで過ごしては、敷地内のオークラ・ホテルに泊って豪華露天風呂も満喫したという楽しい1日のご紹介です!ヾ(≧∇≦)〃♪

 

ご存じ、長崎県佐世保市にオランダの街並みを再現したテーマパーク「ハウステンボス」(オランダ語で「森の家」の意味)は、東京ディズニーリゾートの1.5倍、単独テーマパークとしては日本最大の大きさを誇ります。1992年と1993年にはマイケル・ジャクソンが個人的に観光したことが有名ですが、今回のような韓国の方々には、日本での『冬ソナ』ヒット翌年の2005年にチェ・ジウさんが宿泊してファンたちが詰めかけたということがもっと関心ある話題ですよね。

 

私も、広大な場内を1日案内しながら肉体的には疲れましたが、心は喜びでいっぱいでした。というのも、今回のメンバー1人ひとりが本当にいい人ばかりで、何より家族そのもののように皆仲が良かったからです。サムルノリ公演も大成功して皆テンションも高く、その中で共に過ごすことが楽しくてしょうがなかったですね。

 

実はこの日は、私が不覚にも風邪を引いてしまい、咳が出てしまうという案内人としてあるまじきありさまだったのですが、みんなバッグからいろいろなものを取り出してくれ、風邪薬はもちろん、漢方の滋養強壮剤だの、栄養ドリンクだの、二日酔いの薬まで出して飲ませてくれるのでした。(^ヮ^;)

 

ちなみに、この日の宿泊の「ホテルオークラJRハウステンボス」は、特別に宿泊証明書を持っている人たちだけが、専用のクルーズ船に乗って、人々の羨望のまなざしを受けながら運河を回ってそのままホテルにチェックインするというイベントが味わえるのですが、その後、部屋に着いた後にも、皆が次々に我が部屋を訪れて、いろいろ栄養のつく差し入れを持ってきてくれるので、次の朝にはすっかり風邪も吹き飛んでいましたね!♪ヽ(´▽`)/

 

 

 

「ハウステンボス」入口。全員1日フリーパスポートで入りました。

 

 

入ればそこはきれいな花が咲いているオランダの街並み。

 

 

不覚にも風邪を引いて労わられながら案内をする私。

 

 

まずは運河をクルーズ船に乗って場内見学。

 

 

ここが日本とは思えないですよね。

 

 

美しい。

 

 

3階建てのメリーゴーラウンド。

 

 

大きな観覧車。

 

 

到着しました。

 

 

ドムトールンの塔の下で船を降りて。

 

 

塔のてっぺんから展望します。

 

 

最高の眺め。

 

 

最初に案内したのはこの「釣りアドベンチャー」。

 

 

大物を釣り上げるゲームで競い合います。

 

 

3階建てのメリーゴーランド。

 

 

しばし童心にかえります。

 

 

とにかく広いです。

 

 

宝塚風の男装した女性たちの歌劇ショーを楽しみました。

 

 

パレードもあります。

 

 

一番好評だった「ホライゾンアドベンチャー」。ものすごい水量の洪水ショーです。

 

 

今回初めて入った「ミッション・ディープシーXsenseライド」。若い人向けでした。

 

 

アイスクリームを全員で食べました。

 

 

美味しかった。

 

 

ということで、羨望のまなざしの中でクルーズ船に乗ってあのホテルにチェックイン。

 

 

ホテル・オークラです。

 

 

かっこいい。♪ヽ(´▽`)/

 

 

部屋もとっても素敵でした。豪華な露店岩風呂の温泉もよかったです。♪ヽ(´▽`)/

 

 

☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング
↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。

「日韓チャリティーコンサート」として100人の参加者の前で公演しました。

 

 

韓国のサムルノリ・チームの訪日文化交流ツアーのご紹介、今回は延岡市で行われた日韓チャリティーコンサート「韓国と延岡との交流をかけて」での公演の様子です!ヾ(≧∇≦)〃♪

 

国会議員をはじめ多くの地域の来賓の方々の挨拶もあり、韓国代表の挨拶と団長による「サムルノリ」に関する紹介もありましたが、そのすべてを私が日→韓、韓→日と通訳を行いました。

 

そのうえで、乾杯の後、美味しい食事を食べながら、いよいよ私たちのサムルノリ・チームの公演となりましたが、サムルノリはご存じの方はご存じのように、ものすごい音量と楽しさと迫力のダイナミックさが売りの音楽なので、これ一つで観客を完全に圧倒してしまい、韓国を代表するのに充分でした。日本からも津軽三味線の演奏をはじめ、数多くの歌の公演が次々に披露されたのですが、それらをすべて足して、ちょうど日韓のつり合いが取れたというくらいの印象でしたね。(*´ヮ`)/

 

ということで、地元の新聞でもとても大きく報道されましたが、ちょっとした間違いはあっても、団長の解説をよく紹介してくださり、「天地・宇宙を表現」、「勇壮な演奏」と書いてくれていました。

 

ところで、韓国のサムルノリ・チームのメンバーは本当にサービス精神に溢れていて、演奏中も終始笑顔で喜びを振りまき、その後の日本の歌手の公演では、率先して舞台前に立って踊りを踊りながら場を盛り上げていました。途中から日本の方々も踊りに加わるようになって、最後は日韓が舞台前で一つに調和して手を取りながら本当に楽しく踊りを踊っていました。

 

さらに、歌が終わるたびに、韓国のメンバーが「アンコール!」を叫ぶので、ある女性歌手の方などは、すっかり感激して、「私の生涯でこんなにすごい声援を受けたのは初めてです!」と叫んでいましたね!♪ヽ(´▽`)/

 

 

 

この日は宮崎の高千穂峡を観光。

 

 

韓国にもありますが、柱状節理の有名な観光地です。

 

 

川の水が浸食して美しい渓谷の奇岩を形成しています。

 

 

上のほうまで柱状節理の崖。

 

 

きれいですね。

 

 

「真名井の滝」です。

 

 

この日のお昼はここ、高千穂峡のすぐ近くの「炭火焼肉ジパング」。

 

 

宮崎地鶏を味わうために「うなま山地鶏」。

 

 

自分で焼いて食べる形です。

 

 

美味しかったですよ。量は多くなかったけれど。

 

 

ということで、晴れの舞台のためにバスから降りています。

 

 

「韓国と延岡との交流をかけて」というイベント。

 

 

100人の方々が集まってくれました。

 

 

料理もよかったです。

 

 

お刺身。

 

 

乾杯。

 

 

ステーキ。

 

 

最後はお茶漬け。

 

 

いよいよ公演です。

 

 

会場内を圧倒するサウンド。

 

 

公演は終始笑顔で、とても楽しいエネルギーに満ち溢れていました。

 

 

日本からも津軽三味線をはじめ多くの公演が。

 

 

韓国のサムルノリ・メンバーが立ち上がって踊るので、日本の方々も加わりました。

 

 

最後は九州が誇るアイドル歌手の肌埜綾将さんが登場。

 

 

デザートも美味しかったです。♪ヽ(´▽`)/

 

 

地元新聞の報道ですね。ヾ(≧∇≦)〃♪

 

 

☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング
↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。

「今山大師祭」のイベント会場のメイン交差点で公演をしました。

 

 

韓国のサムルノリ・チームの訪日文化交流ツアーの続き、今回は日本一の高さ17メートル、重さ11トンの弘法大師銅像がある仏教寺院「今山大師」の祝祭である「今山大師祭」を訪ねて公演した時のものです!♪ヽ(´▽`)/

 

「今山大師祭」は、弘法大師の命日(旧暦3/21)に合わせて毎年4月第3日曜までの金土日3日間に行われ、主に九州・四国などから約25万人が集まって、九州の三大春祭りの一つにも数えられるということでした。

 

最初に目玉である弘法大師像をお参りしたのですが、山のてっぺんに大きくそびえ立っていてとても立派でしたね。ただ、それよりも、「大師ちゃん」のキャラクターが至る所に見られたのですが、それがあまりにもかわいかったです。日本は何でも「かわいい!」にしてしまいます。(^ヮ^;)

 

公演前には地元の釜めし屋さんで、釜めしとチキン南蛮でお昼を食べました。このチキン南蛮の発祥地が延岡であるということで、ここに来たら必ず食べなければならないものだということでしたね。美味しかったです!(*´ヮ`)/

 

ちなみにですが、この日の宿舎は、異例の海岸のキャンプ場になったのですが、理由がこの地域のホテルはみんな個室しか取れないということだったためなのでした。「1人で寝るなんて考えられない!絶対嫌だ!3人以上で泊りたい」という彼らのたっての希望で、わざわざキャンプ場のキャビンを借りたわけです。さすが韓国人。そもそも皆が家族のような情で結ばれているために、1人で寝るなら旅行の意味がなくなってしまうというわけですよね!ヾ(≧∇≦)〃♪

 

 

 

今山に登っていきます。

 

 

これがあちこちに登場する「大師ちゃん」のキャラクター。かわいすぎる。

 

 

けっこう階段を上がって。

 

 

本堂に到着しました。

 

 

高さ17mの弘法大師銅像。その前で撮影に応じる3等身の「大師ちゃん」がかわいかった。

 

 

立派ですね。

 

 

お稲荷さんも。

 

 

そしてここがお祭り会場です。

 

 

日本のお祭りのお面を不思議そうに見つめるサムルノリ・チームの一人。

 

 

ハングルもしっかり登場しています。ヾ(≧∇≦)〃♪

 

 

公演の前にこの釜めし屋さんでお食事。

 

 

美味しい釜めしをいただきました。

 

 

そして右は延岡発祥グルメとして知られるチキン南蛮ですね。♪ヽ(´▽`)/

 

 

サムルノリは本来、このように座ってやるのが正式です。

 

 

メインの交差点でたくさんの方々が通過しながら見物して行ってくれました。

 

 

この日の宿舎は海岸のキャンプ場「下阿蘇ビーチ・浜木綿村」。

 

 

海が見えます。

 

 

実は何人か韓国の男性たちが泳ぎました。

 

 

とても寒かったのですが。

 

 

ここがケビンの集まる宿舎。

 

 

ここに泊まりました。

 

 

ホテルだと個室になるので「みんなで泊りたい」という希望でここにしたんですよね。

 

 

☆。.:*:・'☆'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*・'゜☆

韓国情報ランキングに、現在参加中です。
ブログランキング
↑上のバナーをクリックするだけで、一票が入ります!
更新を願って下さる方は、よろしくお願いいたします。