Que sera sera~なるようになる~

♪訪問ありがとうごさいます♪
大人になってからクラシックバレエを始めました♪
虫垂癌(2011.3月手術)から腹膜偽粘液腫(100万人に1.5人の病気)になり、2012年9月25日に手術。
再発して、2015年3月24日に手術。
前向きに日々を過ごしています♪

2012年9月に腹膜偽粘液腫(100万人に1.5人)の手術を草津総合病院にて、米村先生にしていただきました。

2015年3月24日に再発で胃を半分切除しましたが、おかげさまで元気に過ごさせてもらっています。

2016年のバレエ発表会も、無事に終えることが出来ました。

たくさん応援に来て下さり、舞台からの拍手が温かく励みになりました、ありがとうございました♪

アメンバー(限定記事)はバレエされてるかたか同じ病気のかたで、コメントなどで交流させてもらってからしか受け付けません。

読者登録はどなたでも結構です、よろしくお願いします(^O^)/
NEW !
テーマ:

たまに行くバレエ教室でのセンターレッスンのグランジュッテ(大きいジャンプ)の着地でパキッて音が…。

 

???

 

鳴ったん私のふくらはぎやんガーン

 

これが噂の肉離れ!?!?

 

 

着地でガクッと落ちたのを先生も見ておられて「大丈夫?」と、「いえ大丈夫じゃないです、パキッて音鳴ったんでアセアセ

 

次は左からでしたが、止めようと壁に下がろうとしたら痛い、歩けへんガーン

 

なんとか壁に下がるとすぐにバレエの先輩が私のレッグウォーマーで肉離れした部分を圧迫してくれ、先生が保冷剤持ってきてくださりタオルでくくって冷やし、手で脚を抱えて上にあげておきました。

 

その状態で終わるまで見学して、また違うかたがロキソニン湿布くださり、かかと付けて膝伸ばしたまま歩き、なんとか帰りました。

 

何よりお稽古を中断してしまったことに申し訳なくて、帰りは先生やお稽古来ていたかたに謝って帰りました。

 

先生も「せっかくがんばってきてくれてたのに」と残念そう。

 

また治してお稽古行けたらいいな。

 

 

その日は冷やして脚をあげて、次の日整形外科へ。

 

アキレス腱も切れてない、筋断裂もしていない。

 

応急処置が良かったので腫れてなくて、ロキソニン湿布だけ処方されて、「腫れてないからできるだけ歩いて筋力落とさないようにして」

「痛みがなくなってバレエ復帰するときはテーピングかテープングめんどくさいやろから下肢サポーターしてやってみて」と。


「この前診察来てたバレエしてる人が下肢サポーターしてやったら大丈夫やったと言ってはったよ」

 

と丁寧に診察してくださいました。

普通の(って言ったら失礼やけど)整形外科やけど、良いお医者さんやなぁ。

 

 肉離れから数日経ってますが、ふくらはぎの引きつりはあるけど普通に歩けてるように、階段降りる時がきつい筋肉痛みたいやけどそれも日々良くなっていってますウインク



↓薬局でこんなん買いました。

マブダチが一緒に見てくれて、相談できて良かった〜おおきにピンクハート




 

 

 













あなたの十八番を教えて

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。