海外へサッカーで冒険を目指す少年とそれとは違う野望を持つただのオッサンの話
3歳のサッカー少年が本気に目指す海外挑戦!!
スパルタでも英才教育でもなく、やりたいときにやりたいだけサッカーに向き合う少年!!
環境のせいなのか、自宅には無数のサッカー選手達が集う...
その影響からサッカー大好き人間に...

1日前はボードを使って説明してみた。
昨日はボードを使わないで昨日と同じテーマでとだけ伝えてゲームに入った。

こんなにも違うもんなんだな。

前列とのズレはなく
速度の変化は各エリアではなく
バイタルエリアでは無理に侵入してしまう

となると毎回のトレーニングで再確認してもらうことが必要。

もっと悩み、もっとわかりやすく、もっと伝わる
伝え方をしていかないと。


今日のトレーニングでは

ポジショニング
間の探し方
ボールを繋ぐポイント[相手の逆をつく]

言語化したら、今度はそれを子供達が難しく捉えないで簡単に入るように。

もっともっと上手くなって欲しい。

今日も子供達から学ぶ。



良い場所、悪い場所

受ける場所でできるプレーの可能性は広くもなるし、狭くもなる。

ボールタッチにこだわるプレーヤーは多くなった。けどポジショニングにこだわるプレーヤーはそんなに多くない。

ドリブル突破で2人を交わしてチャンスメイクする子と2人の間で受け、ダイレクトもしくはツータッチで同じチャンスメイクをする子。

どちらが評価されるのか?
頭を使ったサッカー選手になってもらうには何をどう伝えたらいいのか?
今日も色々と試す。


相手を見てサッカーをする

ためには相手を見てサッカーができる立ち位置を知ることが大切。

相手を見ようにも、相手が見ることができる立ち位置で、相手を見ることができる体の向きをしていなくては見ることができない

「サッカーがうまい」

は立ち位置と視野。



場面を読み取った場所取り。

【難しいプレーを簡単にやる方法】
Ameba公認マーク

今回は少しいつもと違う投稿です。

花の定期便。
1週間に1度花が家に届く。
そんなサービスがあります。
今回、その体験を受けて改めて気が付いた。

花の素晴らしさ。

娘達も部屋に置きたがるし、その空間に花の香りがする。

今回我が家に届いた花は







このような感じで届きます。

毎週違う花が届くというのは楽しみも増えてワクワクします。

是非一度ご覧になってみてください。