白壁さんぽ日記
木阪賞文堂のホームページ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-10-15 11:22:49

嬉しい!! 私の名前が・・・

テーマ:ブログ

店内にてお名入れ実施しております。

ご利用いただき心より感謝申し上げます。

自身のお名前の刻まれた1本・・・

贈られると嬉しいものです。

 

2018-10-14 00:00:50

山陰文具旅 ~松江編~

テーマ:ブログ

山陰文具旅、あまり文具ネタばかりでは

面白くないかな()と思いまして、

松江市の“喫茶MG”さんのご紹介です。

 

 

お墓参りを済ませ、

松江市内を散策するのも楽しみの一つ。

松江城を中心に、

歴史と伝統を感じる街並みはとっても魅力的です。

 

お城が国宝に指定されてからは

一段とその充実振りが際立ちます。

折角  遠出したのだから

一寸おしゃれなお店で美味しいものを・・・

と考えますが、地元の方々が集うお店を探して

お邪魔するのも旅の醍醐味。

 

こちらのMGさんは、松江の中心地、

松江城からも歩いていける場所にあり、

俳優 佐野史郎さんも学生時代に通った喫茶店です。

 

 

今回はお昼に行きましたが地元の人でほぼ満席、

日替わりランチをいただきました。

ランチはおいしくボリュームがあり

安く大満足でした。

 

接客したお母さん、明らかに他所から来た

我々に対しても丁寧に接客され、

見習わねば・・・と感じました。

 

堀川遊覧船めぐり 

カラコロ広場乗船口の近くにあり、

観光で出雲そば以外を食べたい人にも

おすすめのお店です。

 

近年は柳井市でもこの類の

“良い味わいのある喫茶店”が少なくなりました。

昔ながらの地域のお店こそ、

しぶとく生き残って欲しいのです。

2018-10-13 10:52:44

山陰文具旅 ~鳥取編~

テーマ:ブログ

9月お彼岸週末は、

夫婦で島根県松江市(奥様の本籍地)に出掛けます。

今年は、訳あって鳥取経由となりました。

それは鳥取駅前にある

カスタムメイド万年筆で有名な“万年筆博士”さん

自身の万年筆制作をお願いする為でした。

 

 

仕事柄、既製品の万年筆は国産、舶来品を含め

シーン毎に日々使用しておりますが、

“万年筆博士”の万年筆を所持することは

かねてからの念願でした。

 

また、『良き売り手は、良き買い手である』

常日頃より思っており、店頭で(夫婦二人が)

接客~商談を体験することは、

今後の賞文堂での仕事にもプラスになる筈 ! と

感じていました。

 

タップリ一時間の問診。幾度と繰り返される試筆。

 

それらが専用カルテに記載され少しずつカタチが

出来上がっていきます。

自分でも気付かなかったクセや嗜好が明らかになり、

本当に心地よい接客でした。

材質、ペン先、形状、付属品等全てが

私だけの仕様となります。

商談後、珈琲を頂戴し雑談を交わす中、

社長さんが昭和33年 鳥取西高校時代に

甲子園で柳井高と対戦した際の思い出話等で

心の距離感もより近くなりました。

本当に良いお買い物をさせて頂きました。

 

因みに、手元に届くのは20201月末。

実に17ケ月待でございます。

いろんな意味で余韻に浸りながら、

世界で1本、自分だけの万年筆を使う日のことを想像し、

明日への活力となっております。

 

また たとえ小さくとも、

地域にとって、

唯一無二の存在である“人”や“お店”になりたい・・・と

強く感じた今年の山陰文具旅でした。

2018-10-03 00:32:43

耐水紙Verです

テーマ:ブログ

一見、普通のメモに見えるかもしれません。
こちらは、かつて熊本の大地震の後に
まちの一文具店主として
有事の際に 何が出来ないだろうか・・・と
考えて、つくりだした金魚ちょうちんリングメモの...
耐水紙Verです。

 

 

デジタル機器等が使えない間、アナログは重宝します。
加圧式ボールペンが無くとも、鉛筆でも濡れた紙に
書くことが可能です。
普段の生活でも、雨天時やランニング時等に
ポケットにしのばせておくと意外と役立ちます。

週末、またまた台風が接近します。
懐中電灯、ラジオ等と一緒に備えておくと
良いかもしれません。

 

2018-09-29 11:36:04

mizutamaさんのデコラッシュ

テーマ:ブログ

今から話題のmizutamaさんのデコラッシュ。

木阪賞文堂は勿論手配させていただいております。

10月26日(予定)~のご案内となります。

全国数量限定商品となりますのでご注意ください。


http://www.buntobi.com/articles/entry/news/008196/

2018-09-08 08:46:24

趣味の文具箱vol.47

テーマ:ブログ

『趣味の文具箱』は、高級筆記具を中心に、

手書きを楽しんだり、筆記具のモノ自体に

愛着を持つ方々に向けた人気の雑誌です。 


この度、9月6日に「趣味の文具箱vol.47」が発売されました。

この号では、更に深~い「万年筆インク特集」が組まれており、 

その中で、各地のショップオリジナルインク情報が

(2016年12月1日、VOL40に引き続き)掲載されています。 


何と ! 木阪賞文堂のオリジナルインク2アイテムも

再び選定・掲載されました。(山口県では唯一) 

このインクは、柳井というまちに色を付けたら・・・

という発想で企画・制作したものです。 

この雑誌をご覧になった方が、

柳井を訪れていただく事が叶えば本当にうれしく思います。

 

http://www.sirakabe.com/publicity.html

 

2018-09-03 12:15:11

台風接近

テーマ:ブログ

9月に入り、またもや台風接近。

市内の金魚ちょうちんの多くが撤収されており

白壁の町並みはかなりスッキリ(;^_^Aした印象です。

 

先日、山口県の観光客数の発表があり

柳井市に運ばれる方々は決して多くはありません。

 

然しながら、それでも金魚ちょうちんや、白壁の町並みを

目指して来て頂けることには大変感謝しております・

金魚ちょうちんや町並みだけではなく、

柳井のあのお店に行ってみようと思っていただけるような

そんなお店の一つになりたいなぁ・・・といつも念じております。

 

2018-08-21 19:51:58

アサデス

テーマ:ブログ

明日(8/22) 10:00~は

こちらの番組を視ようと思います。

13日に開催された柳井市の金魚ちょうちん祭り、

白壁の町並み(のお店)の様子が

紹介がされる・・・かな。(;^ω^)

山口県では、山口朝日放送さんです。

http://www.kbc.co.jp/tv/asadesu/kyuyama/

 

2018-07-14 11:18:59

Air Pay

テーマ:ブログ

恥ずかしながら創業124年目にして、

お客様の店頭でのお支払い方法(決済方法)

電子決済“Air Pay”を導入する運びとなりました。

 

 

 

木阪賞文堂は、街の小さな文房具屋さんですので、

基本的には“お求め易い価格”

(要は低単価)の商品が殆どです。

1,000円未満の金額のお買い物では

必要はないのでは・・・と思っていました。

また お客様にカード等を利用いただくと、  

当店が(当然ことながら)

決済手数料を負担することに

怯えていた(;^ω^) のも躊躇していた理由です。

(小心者です・・・)

 

然しながら(決して多くはいらっしゃらないのですが)

ご印鑑や万年筆、舶来筆記具といった

(当店としては高価格帯商品の)お買い物をされる

お客様に対しては、ご迷惑をかけているのでは

とも感じていたのは事実です。

 

時代の流れも有り、また やはり地元のお客様への

ご負担を軽減することで、違った面で

お役に立てるのかなとも思っています。

 

また ご出張時のサラリーマンの

皆様方におかれましても、立替等せずに、

会社のカードで(出先で)事務用品購入

~ご精算がロスなく行えます。

まずは柳井中央店から導入を始めました。

ストレス無く、お買い物を楽しんで頂くと

しあわせます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

 

※尚、電子決済ご利用の際は、

従来のポイントカード

(500円お買い上げ毎に1スタンプ)

との併用は出来ませんので、

ご理解とご協力をお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

2018-07-04 12:23:24

ENGLISH VERSION

テーマ:ブログ

白壁の町並みでは

期間限定で七夕飾りで賑わっております。

かつて柳井自遊倶楽部の皆様が、

笹に金魚ちょうちんを・・・

それも願い事を書いて・・・

というアイデアから誕生したのが

“やないお願い金魚”でした。

 

笹の葉のグリーンと

金魚ちょちんの赤との色の対比が

鮮やかで、撤収後も多くの方々より

お問合せを頂戴したのでございます。

 

 

 

その後、折り方(説明書)+お願い金魚(一匹)

+折紙をセットにしてご案内してみたところ

市内外の皆様に手に取って頂くことが増えて参りました。

その後、お願い金魚は“柳井市地域ブランド”にも

認証されています。

この時期になると、その当時の光景を思い出します。

最近は、折り方の英語表記仕様も人気が出てきています。

 

お手軽なお土産として、また手と頭の体操に喜ばれると思います。

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス