秘密

テーマ:

沖縄へ行ってきた。


おじさんはとてもとても優しくしてくださった。

娘さん、お孫さんまで合流し、一緒に食事をした。

沖縄料理のお店で、沖縄料理を満喫した。


朝も、おじさんと一緒に食事をした。

ホテルのバイキングがとってもおいしかった。



それはいいとして・・






おじさんから、納骨についての説明やら会計報告やら、相続のことやらを聞いた。


彼は2年前の秋あたりから生活保護をもらっていたと市役所の人から聞いた。

ちょうどその時期に大金が動いていた。

まとまったお金がなくなっていた。


私が婚活を始めたと聞いたとき、真っ先に“結婚するとなったらお金がいっぱいいるのにお金あるの?”って聞いたけど、“それくらいのお金はあるよ”と言っていた。


それなのに生活保護???

と思った。


まもなく、彼はスピード違反になり、交通刑務所に入ると言っていた。

“お金払えばいいやん”って私が言うと、“お金ないんだ”と言っていた。


そうして、彼は亡くなる前に私が“消防に電話する”と言うと“お金ないんだ”と言った。


お金があるのか、ないのか、どっちだ???


私は結婚資金はあるのに、罰金や自分の命を助けるお金はないんだと思った。

そこまでして、そのお金だけは手をつけたくないんだと思った。


お金がないのは私も一緒だった。

定期預金はあったけど、それはいざと言う時のために貯めていた離婚資金だった。

普段の生活はランチもたまに断るほどの金欠だったし、彼が亡くなった昨年の7月は7000円くらいしかなかった。

携帯を手放そうかと考えていた程だった。

実際、お金がないから手放した。


今回の旅行も母のお金を借りた。

今度行くマレーシア旅行のお金も全額借りる。

返せる充てもなくなってきた。


私のバイト代でまかなえるのは、せいぜい、実家でやってるPCのネット代(wi-max代)4000円ほどと毎月命日のお花代、それとたまに行く友達とのランチ代だけだ。



彼の気持ちがわからないわけでもなかった。

私も一緒だったから。

だから、消防に電話をした時も、“ガラス割ったお金、あなた払えますか?”と言われて、“私、お金ありません!”と言った。“あなた、責任取れますか?”ときかれた時、“責任取れません”とも言った。

定期預金あるのに、そう言った。

私は卑怯だった。




おじさんに見せていただいた彼の通帳を見て私は愕然とした。

通帳には、彼の秘密が詰まっていた。


彼は生前から、いつも言っていた。

“携帯だけは夫婦でも絶対に見るもんじゃない”と。

私もそう思っていた。

実際、私は見たことがないし、私は必ずロックをかけていた。

私の知り合いは携帯が理由で離婚した。

おしどり夫婦だったのに・・


携帯は警察が持っていったようだったし、パソコンは元カノの連れ子が形見にほしいとお願いしていたが、個人情報が詰まっているので断られていた。


ただ・・

通帳はおじさんに送られていた。


その通帳には複数の女性の名前が頻繁に出てきた。


複数の女性からお金が振り込まれていた。


確かに市役所の人から(担当者が不在の時に同じ課の人から)彼の通帳にお金が振り込まれていて彼を支えている人がいたので本当は生活保護なんてもらえなかったんですよねと言われたことがあった。


私はてっきり、会社からだと思っていた。

派遣会社とか・・


数千円単位で何回も何回も振り込まれていた。


1ヶ月に4回ほどの時もあった。

6月は特に多かった。


彼がお金がないと言って電話したのだろうか?


確かに彼の部屋で見た手紙の名前と同じ名前の人からも振り込まれていた。


元カノなら家も近くだし、時々2人で飼っていた犬を見に行ってたらしいから、直接受け取ったことだろう。


彼が亡くなって火葬する際、市役所の人は元カノとその手紙の人に電話をしたと言っていたが、その人は来れないと断ったらしい。


その人だけでなく他にも女性の名前があった。


一体、どういう関係なのか?


私が聞くと“お金ない”って言う時はあったけど、貸してほしいと頼まれたことはなかったし、実際言われたところで貸してあげる余裕は全くなかった。

それどころか、私が貸してほしい(定期はおろすつもりはないけど)くらいだった。

自分から“お金がない”と言った事はなかった。


他の人には貸してって電話を頻繁にしたと言うことだろうか?



彼が携帯は私にも絶対に見られたくないと言ってたのはこういうことだったんだ・・・



彼にとって、私って一体なんだったんだろう?


彼にはよくそう聞かれたけど、私が彼に聞いたことは一度もなかったから、今となってはわからないまま。



過去のことならいいとしても、私と付き合ってる時からずっとだし・・

婚活中なら、婚活の彼女かな?とも思うけど。



私の誕生日に何もいらないから会いに来てほしいって言っても、“お金送るから○○が来てよ”と言っていた。

その頃、大金動いてるやん。

そのお金の一部で来てくれたらよかったのに。

そう思った。


私なんてお金なかったのに、2回も会いに行ったわ。1週間内に2回も。


私にはたったの1回も会いに来てくれなかった・・・



おじさんは、私に申し訳なさそうに・・

“このお金があったら、○○さんに迷惑かけずに済んだのにね”

と・・


私が総額75万送ったお金のことだ。


そのお金で予定通り、永代納骨料に充てられる。


いいんだ・・

私が彼を殺したんだから。

それくらいで罪は償えないんだし・・


ただ・・私は彼が生きてきて彼がおじさんにかけてきた迷惑を思うと、相続できるのはおじさんだけだったから、どうしてもおじさんにお金を相続してもらいたかった。


消えた大金は誰の手に???

普通に考えれば、元カノに違いない。

彼の家の近くに住んでいたんだから、彼が頼れるのはそのあたりだろう・・

熱帯魚のことも頼もうとしていたんだろうし。

熱帯魚、飼い始めたことも知っていたから。

私でさえ、亡くなる時くらいに聞いたばっかりだったのに。

“交通刑務所、入ったら、誰が熱帯魚の世話するんよ?”って聞くと“誰かに頼むよ”って言ってた。

頼める誰かがいるんや?って思った。


定期にしていただろう大金を自分以外の誰かの名義にしなければ生活保護が受けられない。そう踏んだ彼は、1番身近にいる元カノを選んだに違いない。


オートバイも車も・・全て、元カノのものになったことだろう・・

おじさんには何も残らなかった・・><


私には“元カノのことは嫌いだから別れたし、もう連絡も取ってない”なんて言ってたのに。

何度か、“もう一度やり直せば?”とも言ったのに、“嫌いだよ”って言ってたくせに・・警察の人にも元カノの電話番号が残されていたと言われたし。


私は、おじさんにお金を相続してもらいたかったから、相続のややこしいネット銀行のことだって必死で電話して動いたのに、ネット銀行は全て0円だった。



私は一体、彼のなんだったんだろう?

命を支えてきたのは複数の女性達。


私は彼を殺すために付き合ってきたのかなぁ・・


っていうより・・

私って付き合ってるつもりになってたのに、そうじゃなかったのかなぁ・・


婚活を始めた頃から、携帯のアドレスさえ変えて、“教えて”って頼んでも教えてくれなかったし。

私には、“電話番号でメールすればいいよ”って却下だったし。



考えたら、“エイズの検査してきた”だとか言ってたけど、私とは肉体関係なんてなかったし・・



私ってなんだったんだろう・・・

電話してたのはいつも私からばっかりだったし・・

彼が婚活始めてから電話しなくなると、彼からもかかってくることはほとんどなかった。

そういえば、いつも私からばっかりだったとその時、思った。



死んでしまって、初めてわかることってあるよね。

父が亡くなっても何も出てこなかったけど・・

相続の問題さえなければ、母が亡くなって初めて知る事実もでてくるはずだった。

たまたま生きてるうちにわかったけど。

あの母が、まさか、父とは初婚じゃなくて、その前に子どもを4人も産んでいようとは思ってもいなかった。

おばあちゃんが母に“どこの馬の骨ともわからん女”と言ってたのもわかるような気がする。

おばあちゃんも私が生まれるまで知らされてなかったんだから。


私も気をつけないとなぁ・・

通帳には、男性に振り込んでいる履歴が残っている。

もちろん、やましい男性ではない。

彼が亡くなって毎月命日に花屋さんに花を送ってもらっている。

花屋さんの経営者の名前だ。

私にはわかるけど、その通帳には花屋さんの名前はなく、ただ男性の名前だけ。

それを主人やら子どもが見ると明らかに怪しいわなぁ・・


携帯やPCにもたくさんの男性の名前がある。

怪しい関係ではなくても、友達だ。

amebaで知り合った友達ばっかり。

ほとんど過去なので、今、連絡を取れる人は数人だけ・・

内容を読んでもらっても、怪しい内容はないけどね。


結婚前の手紙もほとんど処分してるし、付き合ってなくても男性と2人で写ってる写真はほとんど処分してるけど、中には記念に残してるものもある。


あれなんかも、見ると不愉快だったりするわなぁ・・











テーマ:

明日、新幹線で出発。


ほんとは嫌だ・・


静岡駅を通るし、名古屋駅も通る。

どっちの駅も思い出がいっぱいだ。

降りた回数こそ少ないけど・・

今となっては、悲しいだけ。


あ~嫌だなぁ・・



そして・・

今回は思い出の深い駅も通過する。


武蔵溝の口とか・・武蔵小杉とか・・


懐かしい・・


大好きだったなぁ・・

ごめんね・・わがまま言って。

↑独り言なのでスルーしてください。



静岡駅を通る時は、寝ていたいなぁ・・







明日、出発!

テーマ:

いよいよ、明日、東京へ出発!


大学院の学位式がどんな感じなのか、想像もつきませんが。

どうせ、別室でモニターで見るだけだろう・・


大学の卒業式も長男とは会えず・・

山ほどの学生の中に長男が居たのかさえ、わからないまま・・

別室でモニターを見ただけに終わった。


今回も別行動ってことになった。


昨日、急遽、時間が取れたといって長男が帰ってきて、今朝、東京に戻っていった。

1泊2日、しかも、晩御飯と朝御飯食べて、寝てただけ。


相変わらず、つれない上に不機嫌だし。


そして・・主人も不機嫌。


その上、二男まで不機嫌。


もう・・いやや~~~~~~。



主人は、長男が連絡してきてから帰ってくるのが遅かったから&アルコール切れて限界&二男と何かのことでの言い争いが原因のようだった。

結局、骨折の治りが遅いからアルコールを辛抱していたのに、やはり限界だったようで、結局、昨日たっぷり飲んだ。


長男も駅から徒歩1時間以上かけて重い荷物を持って帰ってきた。

主人が車運転できないのと、二男の運転が怖いということで・・

2時間バス停で待つのは嫌だったようだ(昼間は2時間に1本しか走ってない)

私がうだうだ言うのがうっとうしかったようで(以前から簡潔明瞭に用件だけ話せと思っている)

結局、話しかけてもつれなくて、家にいても、母さんがうっとうしいからバスの時間までまだまだあるけど、t帰るわと帰ってしまった。

見送るのも嫌いだし・・それでも見送ったけど、いつもなら手を振ってくれるのに、それもなく・・振り返ってkもくれなかった。

そっけない・・><

おにぎり作ろうか?と言っても、いらんだし・・

私に似たのかな・・

私が母にそっけない態度でいると、いつか、あんたも同じ目にあうわ。その時になったら初めて親の気持hちがわかるわ。と母に言われていたけど、その通りになった。


寂しい・・


二男はというと・・

いつも、割と不機嫌で・・特に主人とはしょっちゅう言い争っている。

昨日も、長男が帰ってくるのが遅くて、前から予定していた買い物に、なかなか出かけられなくて、結局、o私だけ留守番をして二男と主人で行ってもらった。

それがいけなかった。


2人とも、何で帰ってくるんや!って言ってるし(長男のこと)


3月末とは聞いていたけど、30日とか31日とかって聞いていたものでそのつもりにしていたら、急にだから、もともとの予定もあって・・


帰ってくるなといえば、もう二度と帰ってはきてくれないだろうし。


帰ってきてほしいと頼んだのは私だけど、明日からそっちへ行くのに、どうして今?なのか・・


聞くと、大学院の行事やら・・研究の引継ぎやら・・就職先の入社前の健康診断やら・・結構、いろいろあるらしい。

前の日からの食事の制限等もあり・・


なので、東京に行っても、長男と会えない可能性大。

こっそり、いつものようにストーカーするしかない。(最近は、見つけることも難しくなってきた)


とてもとてもかわいかったのに、長男は中学生になった頃から、私のことが嫌いになったよう・・


二男の肩を持ったり、留学生の肩を持ったりしたことが原因だろう・・

(二男の肩を持つのは私しかいなかった)

(留学生と長男は、全く性格が合わず、間に入って、私が彼の肩を持った)


思春期の頃も頑として態度を曲げない長男を何度も叩いたこともあったし。


まぁ・・嫌われても仕方ないんだけどね。



ということで・・

明日から東京に。

ryu2_toki@yahoo.co.jp


冬型の気圧配置

テーマ:

今朝も、走って・・

ご飯作って・・


買い物行って・・


自転車を漕いで実家へ。


北西の風がとにかく強く・・とうとう立ち漕ぎでも進まなくて、仕方ないから、平坦な道で自転車を押して進んだ。


実家へ着くのに1時間かかったorz


雪のような雨のような・・こちらの方言で言う“びしょたれ”


3月だと言うのに散々な天気。


東北の方はもっとひどいようで、停電しているらしいとニュースで聞いた。


寒い寒い東北で、電気が来ない現実は辛くて厳しいことだろう。

仮設住宅の方は、凍えそうに震えてらっしゃることだろうなぁ。


他の方法で何とか暖を取って、あったかくしてほしいと願うばかり。


早く電気が復旧しますように・・



実家で整理

テーマ:

天気が悪かったので、今日はと言っても、昨日・・は1日、実家で整理をした。


ほとんど、捨てるものがなく、十数枚程度の紙類を捨てただけになった。


母が昼寝をしている間に、日記を読んだ。

一度は読んだことのある日記だった。


母が圧迫骨折で入院するくらいまでの日記だ。

入院中のも少しあった。


ほとんど毎日、寂しいと書かれている。

〇〇(私の名前)と一緒に住みたいけど、叶わないだろうとか。

妹家族の心配とか。

今日は誰からも電話がなかったとか。

今日は誰も来てくれなかったとか。

市内に住んでいても、なかなか会えなくて寂しいとか。

一緒にご飯を食べたくて誘っても2人ともに断られて悲しかったとか。


その頃、私はなるべく、母と距離を置きたくて、わざと突き放すようなことをしていた。

母はもともと、私を支配するような人で、価値観の押しつけがとにかく、ひどかった。

今でも、あまり変わらないけど、呆けた分、少しまし。


母が認知症にならなかったら、未だに距離を置いていただろう。

以前と変わらず、1か月に1~2回様子を見に来る程度だっただろう。




こんな日記を読むと、どんな人間だって反省もするし、老人ホームに預けることはできないと思う。



唯一、日記の中で救いだったのが、うちの二男が訪ねてきてくれてうれしかったと書かれていたことだった。本当にうれしかったんだろう。

今でも、時々、二男がひょこっと「ばあちゃん」って訪ねてきてくれる。

それがほんとにうれしそうだ。




母をボケさせているのは私。

怒ったりすると一気に進むことくらいよくわかってるのに、私の口は止まらない。

性格だと言えばそれまでだけど。


母は、昨日も泣いていた。


母がご飯をこぼした時

「1番こういうの嫌いなの、お母ちゃんやったよな?」

と私が情けなそうに言いながら拭いてると母は泣いていた。


「今日みたいに言うこと聞いてくれたら、老人ホームに入れなくて済むのに」

と言うと、また泣いていた。


優しい娘になれなくて、ごめん・・

優しい言葉の一つもかけられなくてごめん。

辛い思いばっかりさせてごめん。



どうしたら、優しい人間になれるのか・・








誰か、私を裁いてよ・・



それは地獄に落ちてからか・・



早く天罰が下ればいいのに・・


今日もチームバチスタを見た。

5年もシリーズやってたのに、今シリーズになって初めて見たのに、もう終わり・・

今日で最終回だった。


自分を神だと思ってるのか?


白鳥さんが巌雄先生に言ってた言葉・・


どれだけ苦しんでも惨めでも情けなくても生きなきゃだめです・・

人間らしく生きるってそう言うことです。

残された時間、やりたいことやって、残していく人たちに言い残したこと、言わなきゃあ・・


的なことを、田口先生が言っていた。

はっきりとした言葉は覚えてないけど。



そうだよね・・


私は神でもなんでもないのに、彼の命を奪ってしまった。

心のどこかに、彼が楽になれるなら神にでも悪魔にでもなろうと思っていた。

彼は確かに苦しんでいた。

それでも、死ななきゃあいけないほどの苦しみには思えなかった。

彼は死ぬつもりはなかったかもしれない。

ただ・・現実逃避したいのはよく分かっていた。

毎日毎日、そう思っていたわけでもなさそうだった。


あの日は、私とスカイプするまではそんな気は全くなかったと思う。


にこやかにスカイプをしてきたから。

最初は笑ってたし。


話をしてるうちに、私が攻撃的になっていて・・

そんなん、自分が悪いんやん!いつもいつも誰かのせいにして・・

と、くどくど、彼を叱ってしまい・・


彼は、途中で、私の言葉を一度遮った。


〇〇・・(私の名前)

優しく私の名前を呼んだ・・


それなのに、私は“何?”とも聞いてあげず・・

続けてしまった。

いつもなら、“ん?”って必ず聞き返していたのに・・


あの時に、私が止まっていれば、彼は今頃生きていたに違いない。


何か言いたかったはずだった。


それがわかっていたのに、私の口は止まらなかった。



私は彼の何だったんだろう・・

あの時は姉だったり、母だったりしたつもりだった。

だから、私なりに当たり前のことを言って彼を叱ったつもりだった。


それなのに、彼が薬を飲んでしまってからは、消防に電話するも、相談はしたけど、助けて!とは言わなかった。

命に別状ないなら、眠らせてやってと。

そっとしておいてくださいと。

そう言った。

もし、彼の姉だったり母だったら、もっと踏み込んでいたはずだ。


お金がない?

家が遠い?


笑うよ。

そんな理由で、結局・・私は彼を見殺しにした。


神でもなんでもない・・


いくら苦しんでても、彼は間違いなく、死んじゃあダメだった。

死なせてはいけなかった。


生きてさえいてくれればそれだけでよかった。

彼の存在が私を救ってくれていた。


私のために生きてと・・私は何度か彼にそう言ってきた。


それなのに、結局、私は彼を見殺しにした。


優しくはなかった。

でも、私の言葉は間違ってなかったはず・・

それでも、うつ病の彼に対して言う言葉ではなかった。

それが正論だとしても。



私が彼を見殺しにしたのに、最近は、涙すら出ないんだよ・・

全く。


出そうとしても、難しいくらい。


私は一体、どんなに冷たい人間なんだろう・・

それより、罪悪感やら、自責の念やらはどこに行ってしまったんだろうね・・

一生かけて償うなんて、聞こえのいいこと言って・・


写真を見ても泣けないような人間に彼が殺されたのかと思うと・・

もし生きてらっしゃったら、お母さんはさぞ悔しいだろうなぁ・・


3月は自殺対策強化月間。

yahooを開くと、時々右上あたりに内閣府からのCMが入る。

内閣府のページを開くと、そこには有名人からのメッセージも見ることができる。








また、市の広報誌を見ると、こんな記事があった。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓




自殺は個人の自由な意思や選択の結果ではなく、その多くが心理的に追い込まれた末の死であり、防ぐことができる社会的な問題です。

 中でも「うつ」によるものも少なくありません。大切な人の「命」を守るために「眠れない・口数が減った・食欲がない・酒量が増える」等、いつもと違うと感じた時は、「ゲートキーパー(声をかけ、話を聞いて、必要な支援につなげ、見守る人」として、その人の心に耳を傾けましょう。言葉を交わすだけで、つらい気持ちを抱えている人を癒すことができます。抱え込んでいる問題が大きい時は専門機関に相談しましょう。


と書いてあった。


自由な意思や選択の結果ではなく、その多くが心理的に追い込まれた末の死・・

心理的に追い込んだのは間違いなく私。

確かに、彼の意思や選択によるものではなかった。


私は、彼が眠れないと言ってたことも知っていた。

口数も減っていた。話しててもつまらないと思うようになっていた。

食欲がないとも聞いていた。ちょっとくらいお腹まわり、痩せた方がいいなんて言ってしまった。

病院から春に精神病院に入院するように言われていたのに、電話できなくなって寂しいと言って、入院には反対した。

あの時に、入院させてれば、こんなことにはなってない。


全て、私のせいだ。


彼はわけあって、友達は作らなかったし、仲間も作らなかった。

できるだけ、人と関わらないように生きていた。


彼と関わった数少ない人間なのに、たぶん・・1番近かった人間だったのに(元カノの方が近いかな?)、ゲートキーパーどころか、彼を見放し、突き落としてしまった。



それなのに、私は死ねない。

罰を受けないといけないのに、死ぬことすらできない。

罰どころか、毎日を楽しく、愉快に過ごしている。

最近、彼の写真を見ても、泣くこともない。



8か月経ったからだろうか?

それとも、先日、母の通ってる心療内科の医師に「そもそもあなたは罪なんか犯してないですよ。罪の償いなんかする必要もないと思いますよ」と言われたから、すっかり自責の念が吹っ飛んだから?



どれだけ、気楽にできてるのだろう・・私と言う人間は。



炎に包まれていく巌雄先生や華緒先生のように、私は幕を閉じることができそうにない。


私はもっともっと苦しんで生きてかなきゃあ、いけない。

それなのに、面白おかしく、愉快に、気楽に生きてて、申し訳ない・・






眠れない

テーマ:

最近、ほぼ毎日眠れなくなっている。


彼が亡くなってから、一瞬で寝落ちしていた私も、今になって眠れない日々が続いている。


とは言っても・・1~2時間も頑張ると眠れるんだけどね。


それでも・・ベッドに入るのが1時過ぎ・・

それからだから、3時になることもある。


苦しいわけでもないし。

辛いわけでもないんだけど・・


ただ時間がもったいない。


朝は5時半過ぎに起きないといけないから、正直、しんどい。


睡眠時間3時間くらいの日も多い。


献血に行っても、いつも嘘をつく。

3時間なんて言ったら、献血できないからね。


必ず7時間って言う。

OK!



毎日、日中は眠い。


ずっと眠い。



それで・・晩御飯を食べた後、眠くなる。


今までしたこともなかった転寝をしてしまう。

ソファで転んでしまう。


気が付くと、19時、20時くらいから22時頃まで寝てしまっている。


あるいは・・


お風呂で寝落ちしている。

気が付くとお風呂で、1時間~2時間寝てしまっている。

もちろん、お湯はぬるま湯を超えて、水に近くなっている。



そう!

私が眠れない原因は夜になって寝てしまうこと。


お風呂に入ろうと順番を待ってる間に眠くなる・・


何と言っても、二男のお風呂が長いこと。

1時間以上は入っている。

何をしてるんだか・・

主人が骨折でお風呂に入ってないのに、なかなか自分の番が来ない。


そのうちに眠くなっていく。



そうして、目が冴え切って、考え事をしてしまう。


今更どうにもならない彼の死について・・


考えて彼が戻ってくるわけでもないのに・・


もともと、後ろ向きでネガティブな私。


これだけのことがあったら、誰でもこうなるよね?


考えても考えても・・彼は生き返らない。


今日・・

小学生くらいの男の子が歩いていた。

その子の白いTシャツに、生きカエルなんて書いてあった。

ふざけている・・


生き返るわけないやん!


そう思った。


ふざけたTシャツはやめてもらいたいと思った。



私があの時、行かないでくださいねなんて言ったから、彼は助けてもらえなかったんだ・・

命に別状ないならそっとしておいてくださいなんて言ったから・・

眠らせてくださいなんて言ったから・・


あなた、このままだと死にますよ!って言ってさえくれれば、助けてくださいとお願いしたのに・・


私が彼を殺した。



毎日、苦しんで、生き続けたら許してもらえるかな・・

もっともっと苦しんだら、許してもらえるかな・・


私は絶対に薬には頼らない。


小学生の頃、毎日毎日眠れなかったあの頃に比べればちょろい。

4時や5時まで眠れなかった。

誰も助けてはくれないし、付き合ってもくれない。

病院にも連れてってもらえなかった。

学校にも行かなければいけなかった。

寝てても、いつも目を開けて寝ていると・・気持ち悪いと父に言われた。


今はちゃんと目をつむって寝てるのかなぁ?私・・



私は睡眠薬はもらわない。

どんなに眠れなくても。

集めるようなこともしない。

手が出た

テーマ:

また、母に手をあげた。


言っても言ってもわかってもらえない・・


ついつい手が出てしまう・・



子育てしてる時も虐待とはいかないまでも、かなり手をあげた。



私は子育ても介護も全く向いてない・・




優しい気持ちになって、実家へ来てるのに、一瞬のことで、腹が立つ。





玄関の土間のところで、裸足になりだした。


まだ、脱がないで!

と言っても言っても、脱いでしまう。


呆けてる時は、こんなもん。


今日もやはり呆けていた。




昼前には自宅を出て・・

実家に着いてから、ひたすら、草抜き。

家の周りの。


うっとうしい近所づきあいをしぶしぶ・・

話しかけられて、聞きたくもない話に相槌を打つ。

いつも人の悪口ばっかり言ってるむかつくおばさん。

顏もなるべく見ないで、適当に相槌を打つ。


2時間近く草を抜いた後は、墓参り・・


花を買いに行き、自転車で片道25分ほど・・

母のおばあちゃん、おじいちゃんの墓参り。

その後、場所を移して、自転車を置いて、山を登る。

きつい坂を、花粉症&PM2.5対策&黄砂のため、マスクをしながら登る。


山の中腹あたりの墓。

母の母の墓(見たこともないおばあちゃんの墓)

花を入れ替えて、手を合わせた。


涙が出た。

何の涙かわからないけど、涙が出た。


帰ってから、母を迎えに駐車場まで行って、また草抜きの続き。


母を車椅子に乗せて、草抜き。


早く家に入りたい・・


ばっかり言って、私の草抜きもなかなか進まない。

その都度、相手をしなければいけない。


結局、私が折れて、草抜きも途中のまま、家に入った。



その後の出来事だった。


母を施設に預けてても、私は母のために、時間を使っている。

母に頼まれた買い物をしたり、施設に行ったり、家の付き合い(母の友人関係の)をしたり、近所づきあいもしなければいけない。

墓参りも、草抜きも・・


母の介護だけじゃない・・


この間から何度もこけている。

一瞬、目を離した隙にこける。

じっとしていてとお願いしていても、そう言われたことすら覚えてないのか・・

私が便の処理をして、手を洗いに行ってる間にこけたり・・

手すりを持たせていてもこける。

洗い物をしている間にもこける。

椅子に座らせていたのに。

こければこけるほど、老人ホームが近づく。

骨折する。


何とかこけないようにと思うのに、言うことを聞いてはくれない。

わかりやすいように言ってるつもりなのに。

子の心、親知らずだ・・


昨日、母の誕生日だった。

施設に預けてる日だったが、

おめでとう!

ただ・・それだけ言いたくて、風がきつくても立ち漕ぎして、自転車に乗って施設まで行った。

たった一言、おめでとう・・そう言って帰った。


私は私なりに一生懸命しているつもりなのに、母はわかってはくれない・・><



もう・・しんどい・・


私には介護なんて最初から無理なのに・・

何で、私ばっかり・・



それでも、母には長生きしてほしい。

1日でも長く・・





おじさん

テーマ:

いつもありがとうございます。


おじさんから電話があった。


おじさんの声、聞くだけで、心が穏やかになる。


彼の所へ行きたい。

彼の眠ってる沖縄に行きたい。


彼のそばにいたい・・