㈱中園建築社長のブログ

㈱中園建築社長のブログ

大分県宇佐市の工務店。
お家づくりやワークショップ、愛猫タマの事、時に趣味の事など
気ままに日々のいろいろを書いています。

 

木のお家

再生中の現場では

解体工事が終わり

骨組みが

見渡せるようになりました。

 

 

 

 

こんな再生時には

新築当時の職人さんの

仕事が見れたりするので

興味津々になりながら

細部を再び

見直して行きます。

工事前の調査時に

壁の中などの

見ることが出来なかった部分が

この段階でようやく

見れるようになり

どんな感じになっているのか

良~く見て行きます。

 

 

 

 

昔の和風建築なので

それぞれの部屋の壁は

柱が見える

真壁づくりになってます。

 

 

 

 

なので、柱には

鴨居(カモイ)や

敷居(シキイ)などを

取付ける為の穴が

下の写真の様に

掘られています。

大工さんが

金づち&ノミを使って

トントンしながら現場で

掘った穴です。

 

 

この当時は

柱に穴を掘ることが

当たり前で

きれいな造作をする為に

欠かせない技法でした。

 

 

 

 

現在では

真壁の部屋も減ってきて

さらに

柱などの構造材に

穴を掘ったりすると

強度低下になるので

このような大工さんの

ノミでトントンも

活躍の場が

少なくなってきました。

 

 

 

 

こうして

骨組みが見える

段階になると

この様に

柱に穴があったりするので

お施主さんから

これで大丈夫なの?と

ご質問を頂く事があります。

 

 

 

 

当然

強度は落ちていると

思います。

 

 

 

しかし

補強や取り換えで

強度確保できます。

 

 

 

このように

骨組みを強くしたり

古くなった基礎の補強で

これからさらに

このお家も活躍できます。

 

 

こうして

再生ができるのも

新築当時の大工さんが

無垢の木を使って

手仕事満載で造ってくれていた

おかげです。

 

 

 

同じ建築に携わる者として

見習うべき姿です。