もう一月も終わりに近づき、春節すらもおわりましたが、皆様おめでとうございます。

 

一年が過ぎるのは本当に早い物で、コロナ禍に入って更に早まったような気がします。

又は単純に年を食っているせいかともおもいますが。。。。。

 

年末は風邪引いたり、年越し前も腹の調子がイマイチになったりと、自分自身にとっては良い年越しでは無かったですが、家族の方は元気だったので幸いです。

 

筋トレに関しては、相変わらず惰性で行っている部分が強く、何とかしてやる気を出させようと試行錯誤の日々です。

 

そして追加で健康面でも別の問題がでてきまして、それは次に書こうと思います。

 

それでは今年もよろしくお願いいたします。

 

今日は久しぶりに筋トレ以外の投稿です。

 

息子が生まれてもうすぐ1歳半になります。

共働きなので平日は保育園にお世話になっております。

息子は保育園と先生方とクラスメートが大好きなようで、皆様とてもありがとうございます。

 

今朝は私が保育園へ連れていく担当だったのですが、

明け方に鼻水でぐずったせいで寝つきが悪く、一度起きてしまい、そこからはしばらく寝てくれるまでの格闘時間。

布団の上で良いポジションが見つかるまでゴロゴロゴロゴロ。。。

寝付いたころには朝の5:30手前。。。笑い泣き笑い泣き笑い泣き笑い泣き

 

朝の支度があるので、ちょっとだけ寝て起きようと思ったが、

案の定そんな事は無く、目覚めたのが7:40

 

朝ごはんの準備をして8時に息子を起こしました(二度寝だからぐっすりさん)

ご飯食べて貰って支度して、結局普段より20分遅れくらいに保育園に到着。

 

息子は二度寝が効いたのか朝からとってもご機嫌さん爆  笑爆  笑爆  笑爆  笑

クラスの先生に預けておむつや着替えを支度している時に、

遠目に息子が遊んでる姿が見えて、こっちともチラチラ目が合ってニコニコしてくれました。

 

普段は先生に渡した後は、ちょうどこっちからは見えない位置に動いておもちゃで遊ぶ事が多いので、

今朝のように元気にニコニコしてる息子が見えたのは、ある意味遅刻気味だったからこそかもしれません。

 

朝のドタバタの疲れも一気に吹っ飛んだ朝でした照れ照れ照れ照れ

6月にコロナにかかってからというもの、

それを境に落ちた使用重量は未だに戻らぬまま。


戻らないので頑張ってみるも戻らないの悪循環がある程度続いているこの半年でございます。


子育ての疲れや寝不足もあるから、ある程度は仕方ないかと思う反面、その中でも記録を出せる様に頭を使わねばダメだ🙅‍♂️!!!

と感じる事も同時にあり。

特に私は才能無いので、意図的に記録狙わないと伸びるなんて事はありません。


落ちた中でも個人的に背中のトレーニングとデッドリフトは、昔から何故か自分の中では特別な存在でして。

おそらく数少ないほんの少しだけ得意と言える部分だからでしょうか。

短所ばかりなのに、長所まで低下する事には流石に耐えられない!!!!


という事で久しぶりに高重量のスモーデッドリフト。

時間が勿体無いのでアップはサクサクテキパキ。

最後のメインセットに行くまでは休憩はプレートの付け替えのみ。当然息は切れてくるので、メインに入る前に、ドップリと休憩はしました。




190kg+66kgで8回。連続でのしっかりした8回では無かったが、まぁそこは妥協🫵

今の記録は12回なので、8回なら結構希望はあるかなと思えました。これがまた5回くらいで潰れたらどうしようと思ったけど、希望の見える数字で一安心。


コロナ以降は記録が出て、「今日のトレーニングは良かった!」と思えた事は2回くらいしか無いので、久しぶりに安堵でした。


小さな自信の積み重ねが大事ですね。

答えが見つかったと思った時は、質問を変えなければならない

By ルイ・シモンズ

 

凄く深くていい言葉だと思います。

 

前回はトレーニングのマンネリ化について、中身を少し変えた事を書きました。

これでいいかな?と思いつつも、やはり実際に行ってみないと、疲労具合、回復具合など見えてこない部分はたくさんあるので、

やはり実践あるのみ!!!

 

という事でしばらく行っていましたが、色々と見えてくる部分がありまして、

とにかく重要視しているのは、

全体のバランスです。

 

トレーニング時間に偏りがでたり、疲労具合に偏りがでて、他のトレーニング日が悪影響を受けすぎない。

 

そこで昔のデータとも照らし合わせて、さらに改良してみたのが、


一日目:下半身 Max effort. 主に高重量低回数で3種目ほど。高重量なので、時間を考えると3種目くらいが限度

 

二日目:胸(4種目)、肩の横(サイドレイズ系を1種目)、二頭と三頭をスーパーセット(中重量でテキパキ1種目ずつ)

 

三日目:背中(4種目)、僧帽筋(2種目)

 

四日目:下半身 Dynamic effort. 4,5種目を60分程度でできる範囲で。

 

五日目:肩(フロントデルトに2種目、リアデルトに2種目)、二頭(2,3種目)、三頭(2,3種目)

 

こんな感じを思いつきました。

2回目の脚をどこに入れるか迷いましたが、現状は背中の弱さが他の部位のトレーニングにも影響でて、使用重量が落ちている感じがあるので、背中を優先してしっかりと鍛える事にしました。

二回目の下半身を行う時は、背中の筋肉痛が邪魔する部分もあると思いますが、まぁそこは出来る範囲で。

 

丁度昨日、背中と僧帽筋のトレーニングを行いまして、翌日は筋肉痛は極端でなく下半身の疲れもかなり抜けているので脚のトレーニングを行おうと思えばできる感じはあり。

とりあえず、この新しいサイクルを行うのは明日肩と腕のトレーニングを行って、おそらく金曜か来週から。

小さな事ですが、こういう時はワクワクしますね。

 

自分自身のトレーニングがマンネリ化しない事で視点も多角的になり、お客様への指導の時にも役に立ってくれるので一石二鳥だと思います。


そして筋トレの後に久しぶりに撮影してみたんですが、やはり昔より筋肉量落ちてる気がする。。。

イカンですな!!!

2か月以上ブログサボってました。すみません!

またこまめに書くようにします📝


さて近況ですが、トレーニングはイマイチ。

そこで、

トレーニングのマンネリ化は良くないので、リフレッシュという事で、最近久しぶりに部位別に変更しました。


2009年以来です。


胸&二頭

肩&三頭

背中


の4分割

この順番が良いかは模索中です。


良い点は部位をみっちりできえる。

悪い点?は極所的な筋肉痛が苦しい!


吉と出るか今日と出るか


今日はルーマニアンデッドリフトが6回狙いで4回で終了。早く10回くらい余裕でできるようになりたいぜ!




怪我したりすると安静にしするって言われるけど、


殆どの場合、時間の無駄!!!


だと思います。


骨折とかして動かすのが危険な場合とか、高熱で動けないって場合は当然例外としてね。


先月末から久しぶりに坐骨神経痛に悩まされててですね、

ちょっと安静にして🤏、

その間にストレッチとかのケアをみっちりやって回復したら再開しようと思っても、

ミジンコほども良くならず。


ほんで腰も痛いけど、結局腹括って筋トレしたわけです。


終わった後の方が全身に血が巡って🩸調子が良い!


もちろん一気に治るとは無いけど、半分くらい回復した感じ。

そこから毎日脚🦵動かしてる方が調子良し👍


休みは欲しいが安静はあんまりいらんわ。


私のトレーニングは、

筋力目的のためのmax effort と

スピード(&パワー)目的のためのdynamic effort の日に、上半身も下半身も分けており、


Dynamic effort に日は、バンドを使って負荷のかかる部分を変えています。

このバンドテンションはどれくらいが良いのかは、いまだに模索中。


きつすぎたら粘り過ぎてスピードは落ちる。

楽すぎると軽過ぎてスピードは出るけど、緊張感も無い。

ここら辺を探るのがトレーニングの楽しみとも言えるので、「こうしてみたらどうだろう?」と思えるのは有り難い事です。


以前は生のウェイトを重要視して、バンドテンションは少なめにしてたのですが、

今はウェイトを減らして、バンドの負荷を上げてみてます。


動画だと、

60kg+バンドテンションも60kg

それぞれマックスに対して35%くらいの負荷です

これだと担いだトップは約120kgですが、ボトムは70〜80kgくらいの体感なので、立ち上がりがすごく加速を意識しやすかったです。


やる前は、こんなにバンドテンション上げて大丈夫かいな?と思ったけど、やってみるとなかなか良い。

ボトムが重過ぎないので、苦しさもあまり無く、インターバルも短めでサクサク行えました。

次にこれ行う時は、ウェイトの部分は40%の予定です。5%増えて何か差を感じるか?を、見つけ出すのが目的


この日はこの後スピードデッドも同様に、



半片脚のルーマニアンデッドして、

バーベルブルガリアンスクワットして終了


まだまだコロナ前の記録には戻ってないので頑張らないとです!

皆さんも夏バテ等にはお気をつけを。

ちょっと前の話ですが、

家族みんなでコロナにかかってしまい、

なかなか大変な時期を過ごしました。


幸い重症化はしませんでしたが、10日間で3kg落ちました。


そして病み上がりの筋トレは、


久しぶりのスモーデッドリフト。



床+8cm、190+66kgで7回

約10kg減でした。


とりあえずやる気の無いのを無理矢理やった感じ。

果たしてそれがコロナのせいなのかはわかりませんが、だからと言ってサボると落ちるだけ。

ここから戻していっている最中です。


負けられんね!

毎日嫌になるくらい暑いですね。

特に湿気!!!

節電しろとは言われても、これは無理や。


しかしクーラーに頼りすぎて快適な環境にずっといると、当然外に出た時にメッチャダメージ食らいます。

それにクーラーで身体が冷えすぎるのは内臓にも良くない。しかし暑いの繰り返し😵


そこで私が気をつけているのは、

①内臓を冷やさない

②汗は適度にかかないと水分補給もしにくい


①に関しては、クーラーがついている環境にいるので、せめて温かい物は食べて内臓温めるようにはしています。


②に関しては、クーラーのついてる中での筋トレでは無く、時々クーラー弱めて意図的に汗をたくさんかく。

汗が出る最初の30-60分は電解質が多めに含まれているので、ベタつく感じが強いけど、その後は純粋に水が殆どなので、汗もサラつくようになります。

スタミナに問題が無ければ、サラついた状態の汗は不快では無いし、しっかり出すもの出す事で、その後の栄養も入れやすい。


それでも蒸し蒸し具合が嫌になる事が多いですが、まだまだ続く夏、頑張って身体を慣れさせていくしかねえ!

昭和生まれたの人間にとっては、

何かあると

「がんばれ!」とか「もっと必死になって頑張れ」とか「とにかく頑張れ」

とか何かにつけて頑張れという表現を使う時代だった気がします。

 

何でも賢く効率よくやる事の方が良いよ。

って思われる現代では、頑張れという表現はあまり好まれる単語ではもうないのかもしれません。

 

今のご時世は、「頑張れ、と言われる事が逆にプレッシャーになるから言わないでくれ。俺は俺のペースでやりたいんだから」とかね。

私も部活で他の部員のペースについていけないのが嫌だったから幽霊部員になった人間だったので、これは良くわかります。

 

昔を振り返ってみても、「頑張っても周りに追いつけねぇんだよ!もう少し具体的に教えてくれや!」

と、ひねくれ者の私は思っていたのでした。

 

でも個人的には良い言葉だと思うんですよ。

①問題点を具体的に見つけ出す

②解決策を見つけ出す

③解決策をどれくらいで実行するのか計画を建てる

④実行する

 

こんな感じで目的に対しての筋道がある程度できてたら意味あると思うんですよね。

③と④の実行になった時に、それをどれくらいのペースで行うかとなった時に、頑張るかどうかってのが大事になってくると思います。

 

筋トレで言えばスクワットのフォームを習得する為に、週に1000回練習するのか、ゆるーく50回程度にとどめておくのか。

当然1000回行う人(真剣に行っている前提)の方が、早く習得する可能性は高いでしょうし、加えて良い部分悪い分など様々な所に気づきも多くなる分視野も広がって、フォームの習得以上の物を得られると思います。

逆に50回の人は、前回行ったことを覚えていなかったりするので、自重の技術はできたようにみえても、そこから先への進歩には期待できない可能性はあると思います。

 

何かのエキスパートになるには最低1万時間は必要とはよく言われるので、

フォームの習得にも1万回という基準を私は勝手に設けています。

そうなった時に、なるべく早く習得して次のステップに進む為に「頑張る」はあると思うんですよ。

 

それに頑張るって、なかなか若いうちしかできないですからね。

人間いつ死ぬかわからんのですから、明日頑張ろうなんて安い努力にはなりたくないですね。