けいちょろりんの多肉日記

けいちょろりんの多肉日記

多肉に出会って9年目。
成長の記録に。

2018年に1枚もらった
ガラパコズ団扇
3年で6枚
いいペースです
上の2つを降ろして
来年は9枚を目指しましょう



セロペギア シモネアエ

風にヒラヒラ舞うお花


セロペギア ボッセリもしくはギギー

ずるずると伸びて日陰に入って徒長しちゃうパターンが多いので
日当たり良好の飾り窓に置いてあげました 
なんて優しい

こうして近くに2本植えてるせいか
何もしなくとも毎年種を付けてくれる
有難いミギウルティヌス

実生で育ててるせいか
なんか頑丈
他のミギウルティヌスは売っぱらっても
これだけは手元においておこう

うっかりすると
このまま風に吹かれて飛んでっちゃうので
開いたら即回収
梅雨が開けたので
 ユーフォルビアの接ぎ木にとりかかり

今年はアブデルクリの綴化をどうしても接ぎたい!
と思い
お正月に奮発して買ってきた親木
1本 4万5千円
声を大にしてもう一度言う
1本 よんまんごせんえん
大事に刻んであげました


それから
長ーい台木にちょこんとオベサ

さてさて上手くくっつくでしょうか

ブルアナ 実生 2年生
3粒採れて蒔いた中でこれが1番大きい

セルトレイに植えて置いたので
根っこがむぎゅ

輸入のブルアナの塊根が茶色いのは
現地の土が赤いからその色が付いてるだけ
って前に聞いた事があるんだけど
実生で作っても茶色かったので
やっぱりもともと茶色いんじゃん
って思いました

前に白っぽい塊根のブルアナを見たことがあって、やっぱりあれは貴重だったんだなぁ
しょうがない
どうにも好きなものってあるじゃん

下膨れなシルエットがたまらん
ツルビニフォルミス ダブルヘッド

目ん玉に毛生えてんな
シンメトリカの実生も
ボチボチ大きくなってきた
オベサの血統が混じってるのも多いけど
この辺りはわりとシンメらしい顔つきなので
分けて置いておこうと思う






ちょっと前に植え替えた
フォーカリア怒涛
へにょへにょで
あっという間に溶けるだろうと思ってたけど
案外平気だった

葉っぱ伸ばしてきたな

まだ可愛い
怒涛の実生は顔違いが沢山出るらしいので
楽しみにしている
オベサのモンストが好きだけど
出現する確率はあんま高くはない

そんな中見つけた
分頭オベサ
純粋な実生のモンスト
やばい可愛い 

こっちは人工的なモンスト
自然ではないけど
望む形が作れればそれで良い
と私は思っています

でも純粋なモンストが現れたら
はい、こちら何も手を加えておりませんよ!
って大声でアピールしたくなる不思議