「13の月の暦 ダイアリー」の透明カバー | こよみ屋の「自分の時間の見つけ方」
2018-07-31 22:13:50

「13の月の暦 ダイアリー」の透明カバー

テーマ:13の月の暦

いつもご覧いただきありがとうございます。

こよみ屋のKOZOです。

 

「13の月の暦」の

「赤い宇宙の月の年」が明けて今日で6日目。

 

新作の「13の月の暦 ダイアリー」の

使い心地はいかがでしょうか?

 

 

私も使い始めて

改めて、良さを感じています。(自画自賛😅)

 

一番うれしいのは

書いていて、

本当に自由なんですよ\(^o^)/

 

きっとそうなるだろう♫

と意図してデザインしたことを

日記を書きながら実感している所です。✨💕

 

 

ところで、

ダイアリーの表紙はどうでしょう?

 

これは羊毛紙という紙で

本当に羊毛が入っている肌触りの良い表紙です。

 

所々に黒い毛が入っているところもあり、

1冊1冊の個性になっていると思っています。

 

 

そして、

使っていくうちに

だんだんと汚れてきて

世界に一つだけのダイアリーになっていく。

 

もしかしたら、

1年後、古文書のようになっていたりして😁

それも面白いだろうな。

と思っていました。

 

しかし、

それは私の個人的な思いであって、

 

1年中、そしていつまでも

綺麗なダイアリーであって欲しい。

という方も大勢いらっしゃると思います。

 

表紙がデリケートすぎて、

鞄に入れる時に

汚れたり、折れたりするのがNG。

 

というご意見も頂きました。

 

そういう方は

ぜひ、市販のカバーを付けたり、

オリジナルのカバーを作るなど

カスタマイズして

自分専用のダイアリーに仕上げてください。

 

手帳の時代から

実際にそうやって使っている方は

結構多いですよね。

 

さらに手帳と違って

ダイアリーはA5サイズという

より一般的なサイズなので

合うカバーも多数あると思われます。

 

その中でも

「リーズナブルで

 ピッタリのカバーは?」

 

というお問い合わせがありましたので

ひとつご紹介します。

 

コンサイス クリアーカバー A5

型番は C-8 です。

 

近所のパルコで、324円でした。

Amazonでもお求めいただけます。

 

 

 

天地がピッタリ

 

表紙を開いた所

 

裏表紙は折り返し、丁度良い所に両面テープで留める。

 

半透明タイプとなっているが、ほとんどクリアー。

 

今のところ、

私は裸のまま羊毛紙の感触を楽しみながら

使いますが、

カバーでオリジナル感を出すのも

楽しいですよね。

 

皆さま、

13の月の暦 ダイアリー」を

この一年を充実させる相棒として

自分流の使いやすい仕様にしてください。

 

それでは、引き続きステキな時空の波乗りを〜♫

Kozoさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス