黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム

(お知らせ)
黒澤は2020年3月31日に、国際基督教大学を退職し、
2020年4月1日から2021年3月31日まで、国際基督教大学の雇用制度(65歳まで雇用制度)を利用して、特別職員として、週2日間(水木)勤務になりました。

以前の世界と以後の世界
この技術は、改善、改革ですか?
いいえ! これは革命レボリューションです。
もう、前の世界に戻ることは不可能なのです。


このブログでは、革命前の世界と革命後の世界を追いかけているのです。


われわれは、電子書籍という数か月遅れの古本を買わされている。
 

その上、新刊書と古本としての電子書籍の売上比較をされている。
ーーーーーーーーーーーーーーー

電子書籍が売れれば、紙の本が爆発的に売れる

「不思議な売れ方」「桁違いのペースで紙の本も売れる」

詳細は、こちら

https://www.huffingtonpost.jp/2018/02/28/comic-days_a_23372877/




大学図書館の利用率を爆発的に上げる方法。


延滞料金制度の導入


図書館の本を共有財産としてみなすようになる。図書館の本を大事に利用するようになる、本を図書館に返却することを強く意識するようになる。


その結果、図書館の利用率が爆発的にあがる。


図書館システムの発達により、延滞料金徴収システムの導入はさほど難しいことではない。





黒澤公人関連ホームページ


黒澤公人のドキュメンテーションシステムのあり方を考える


黒澤公人のポケモン日記
(ポケモン文芸、ポケモン社会学
黒澤公人のフォトブック
黒澤公人の写真日記
黒澤公人のFacebook


黒澤の小説 小説家になろう ペンネーム 春山秋彦
(書きなぐり、誤字脱字だらけですが、読みたいという声もありましたので、
 興味のある人は適当にお読みください。)

小説家になろうは日本最大級の小説投稿サイトです。
小説掲載数746,335作品 登録ユーザ数1,862,637





--------------------------黒澤公人 定点観測 (2018年8月22日開始)
日本の小説家 100万人時代 


小説家になろうはオンライン小説、携帯小説を掲載している小説投稿サイトです。
小説掲載数590,120作品。登録者数1,332,284人。(2018/8/22 現在)
小説掲載数621,403作品。登録者数1,438,558人。(2019/1/5現在)
小説掲載数670,933作品。登録者数1,607,820人。(2019/8/3現在)




NII books 最後の番号
2019/1/31 4:30 BB27605546
2019/4/8 12:50 BB27975341 (増加数 36980件)

退職が迫ってきた。週2日勤務なので、あと7日あまり。

メールを確認しながら、kimito 宛メールの配信停止続きをしなくては。

あちらこちらの登録情報の削除。

 

さて、突然、マイクログレートリセットがやってきた。

キャッシュレス時代に対応するために、クレジットカードを一生懸命使っていたら、ICが読めなくなった。

ATMも門前払いになってしまった。

仕方がないので、再発行の手続きをする羽目に。

すると、番号変わりますから  

????  番号変わっちゃうの。

変更手続きとお願いします。

まさか???

 

世界に先駆け(???)て、グレートリセットがやってきた。

 

えーと、変更手続きをしなくては、えーい。面倒くさい。

その前に、ID,Pass 覚えているかな?

 

 

 

 

2020年度は週2日勤務だったので、出勤日はたぶん100日弱程度はあった。(1年間51週なので)

しかし、2021年3月に突入すると、残り9日となった。

 

2020年度は激動の時代で、2021年度もさらなる激動の時代になりそうだ。

 

コロナも、下降曲線を辿っているとはいえ、なかなか、実態をつかむのはむずかしい。

なんといっても、相手は、目に見えないウイルスだ。

 

人類は、長い間、インフルエンザなどのウイルスと戦い、それなりの免疫をつけてきたのに、新型というやっかいな問題が出てきてしまい、人類は不意打ちをくらった感じだ。

 

しかも、ウイルスが変異するという。生物の遺伝子が変異すると、違う生き物や奇形というような正常でない生き物になってしまうが、ウイルスは、細胞とも言えない、只一つで存在するウイルスなので、変異しても、多細胞になることもないので、変異が、最終形態なので、ウイルスの複製ができれば、存在しうるところがやっかいだ。(人間の遺伝子が変異したら、人間じゃなくなってしまうかもしれないし、生存不可という問題にぶつかるかずだが、ウイルスは、一つのウイルス単体で存在するので、変異は、特に問題らしい。ウイルスは細胞もなく、自己増殖も捕食もしない只の物質のような存在なのだから、やっつけようがない。生命がない。つまり、生き物ではない。)

 

さて、そんな激動の2020年度がもうすぐ終了する。

 

4月以降、どうしようかな?

なにか、面白い話ありませんか?

(ハードな話は受け付けられません。のんびりできるのが、いいんですけど。なんといっても、年金生活ですから。)

 

新聞は、紙面の関係で、文字数に非常に制限が多い。

それは、メインフレーム型コンピュータの2000年問題にも似ている。

新聞記事は、短く数百時程度にまとめられる。

 

10年後、20年後、30年後に、日本の新聞記事を検索するとき、菅総理と菅総理が検索されるのだが、識別できずに、混乱しそうだが、現在のところ、ネットでの新聞検索は、何か、識別する手段は、記事を読んで理解するしかないらしい。

 

ネット検索の場合は、記事がバラバラに検索されるので、ますます、錯覚しやすくなる。

10年後、20年後には、菅総理と菅総理は、同一人物と認識されてしまう事件が起きるかもしれない。

(未来予測:絶対混乱する。)

 

 

 

歴代内閣には、現内閣の記述がないのは、当たり前か。ないので、びっくりした。

 

 

 

例えば、天動説と地動説  劇的な考え方の変化

例えば、江戸時代と明治時代  西洋から様々なものが流れ込んで、別の世界を生み出した。

                    鉄道、電気、自動車、飛行機、映画、蓄音機

例えば、コンピュータ登場以前と以後

例えば、奈良時代の文字(漢字の導入)

例えば、弥生時代の馬の登場(かつて、日本には馬はいなかったといわれる。)

例えば、武器として鉄の登場(青銅器の武器では勝てない)

例えば、鉄砲、大砲の登場(戦争の在り方が劇的に変化。徳川家康が大阪城に大砲を打ち込んだことによって、どんなに強固な城を作っても、防げない現実を突きつけた。)

例えば、飛行機(戦艦大和は、相手の大砲で攻撃されない位置から大砲を打てたが、飛行機の登場によって、大砲の打てる距離が、意味を持たなくなった。)

 

現代は、激動の時代になり、かつてない、大変革の時代に突入している。

 

いままで、意味があり、価値があったものが、あたらしいものに置き換わろうとしている。それがなんなのか、今、明確に知るのは難しいが、変化のさなかにある。

 

童話「おじいさんのランプ」は、おじいさんが若い時に見つけたランプは、その時は、時代の最先端であったが、電気の登場によって、ランプは、最先端ではなくなって、だれも、使わなくなった。

 

今、どうやら、とんでもない激動の変化が、まるで、鉄砲水のように、時代を押し流そうとしている。

ここで、鉄砲水をつかったのは、洪水でも、津波でもない、とんでもなく、高速の変化の時代らしい気がするからだ。

日本人は、無宗教ではなく、超宗教的感覚に生きている。

SF漫画などで、超古代から超未来、超ミクロから超マクロを映像的にも体験してしまった日本人にとって、仏教やキリスト教、イスラム教などの世界観が、あまり、魅力的に見えないのは仕方がないのかもしれない。

 

SF漫画が切り開いた人間観、歴史観、宇宙観は、単なる空想の世界、マンガの世界といってかたずけてしまうものではなく、非常にリアルで、感動的な時間を、日本人に与えてくれた。

 

こんなに科学文明が進んだといわれていても、たくさんの謎ばかりだ。

 

SF漫画が見せた超古代やたくさんの生命、人類に満ち溢れた大宇宙のほうが、小さな地球で、宇宙の他の生命とかかわりなく、人間の肉体に閉じ込められた生命で、地上の僅かな時間を生きるだけの人間より、なんと輝かしい世界であろうか。

 

その意味で、日本人は、無宗教ではない、超宗教的感覚に生きている。

 

日本で、花開いたたくさんのSF漫画の世界は、超思想というべきもので、厳然と日本人の思想的、感覚的世界のベースの一つになっている。

 

それらが、現代の科学、思想、政治体制など、いろいろなものと絡み合っている。

 

で、日本人は、不思議な陰謀論が大好きなんじゃないかと、そこに行きつくのだが。それを、擁護する記事がないので、しかたがないので、黒澤が書くしかない。

 

 

 

 

職場にいると、いろいろ聞かれるのだが、黒澤だって知らないこともたくさんある。(えへん、知っていることもたくさんと言いたいらしい。)

 

国際基督教大学の他の部署の事や奨学金などについては、知る機会もなかったのだが、知らないことも聞かれても、それなりに検索してみると次から次へといろんな情報が出てくる。

 

以前だったら、知っていそうな担当者に電話をして、ねほりはほり聞くことになるのだが、データがネット上に公開されていると、そのようなことをしないでも、かなりのことが分かるので、すごい。

 

まあ、ネットの情報を見ながら、あたかも、以前からよく知っていたかのように、しゃべれてしまうのが、うれしいような。(知らなくても知っていたかのような顔ができるといいたいらしい。)

  最近の自動化書庫導入状況

日本ファイリングのホームページをみると、新規、増設数が、56件になっている。
販売開始から20年を経過しているので、1年間に、2,3件のペースで導入がすすんできたことがわかる。
最近の導入状況は、
           
東京大学附属図書館様 H29年(2017) 8月 300万冊 13台 2ヶ所
京都女子大学図書館様 H29年(2017) 9月 60万冊 3台 2ヶ所
土浦市立図書館様 H29年(2017) 11月 32万冊 2台 3ヶ所
国立台湾大学図書館様 H30年(2018) 10月 128万冊 4台 2ヶ所
京都女子大学図書館様(増設) H31年(2019) 9月 延べ80万冊 4台 2ヶ所
昭島市民図書館様 R2年(2021) 6月 20万冊 1台 2ヶ所

で、東京大学の本郷で、300万冊、国立台湾大学の導入も行われている。

 

 




自動化書庫メーカーには、金剛、オカムラがあるが、
         
金剛では、2018年 九州大学 154万冊がある。
オカムラの最近の動向を不明

DEMATIC社では、2019年  Charles Library Temple University  150万冊がある

 

 

 

 

         
           
           
           



 
       
           
           
           
           
           

 

本を読んでいたら、映画の紹介があったので、みようと思って考えた。

まったく知らない映画だったのだが、アマゾンビデオで調べたら、すぐ見つかり、字幕版と吹き替え版があった。

購入とレンタルの選択肢があったので、レンタルでみた。

一度に連続してみる時間が確保できなかったので、分割してみた。

レンタルなので、見ることの時間がきまっているので、時間を捻出する必要がある。

で、最後まで見ることができた。

 

で、思ったのだが、本のレンタルという制度があるといい。

一応、読んだという記録は残したいが、一度読んだ本を何度もよんだりしないので、レンタルという選択肢を増やしてほしい。

 

しかし、これは、アマゾンや紀伊國屋や楽天が決めるものではない。

本を出版した出版社や著者などが決めて、ビジネス的に成り立つ必要がある。

また、図書館や電子図書館とも、共存、共栄を考え無ければならない。

 

漫画の電子書籍では、レンタルが盛んに宣伝されている。

 

映画のDVDなどは、元々値段が高いので、レンタルビジネスが存在していたので、オンラインでもレンタルの下地があるのだろう。

図書は、映画のDVDほど高くないので、もともと、レンタルという概念がない。

 

 

 

 

時間とは、何かという問題は、さておき、今が、世界を作っていく。

 

現在のニュースは、コロナばかりで、見るのがいやになるので、見ないことにしている。

政治家が何かを言ったとか、言わないとか、何か、人格攻撃のような話が、花盛りだ。

 

日本には、憲法があり、憲法が、この国の最高規範であるが、今の日本が、どのように行動するのかをあまり、ほとんど、規定していない。

 

もし、素晴らしい理想や行動規範、目的が、決まられていれば、日本の全てが、憲法違反になるに違いない。

 

法はしばしば、律する事に基づいている場合が多いので、何々をしませんという場合が多い。

 

国会は、国家の最高機関の一つで、日本で、国民の信託を受けた人たちが、その信託を基本して、国家の権力などを行うことができるようになっている。(と、思う。)

 

しかし、なかなか、理想の国会というのは、存在しないようだ。

 

世界には、ケネディの演説や、キング牧師の演説など、時代を超えて、人々の心に響く演説があるが、日本では、あまり、そのようなものを聞かない。(と、思う。知らないだけかもしれないが。)

 

やはり、日本や世界、人類に未来や理想を掲げる演説や国会はないのか?

 

某政治家が、女性の話は長いという意見があったと、騒いでいた。

実は、妻が十分理解していることで、僕が、全く知らないことがあって、それにトライしようして、何度も失敗して、呆れられてしまった。そして、まだ、それに成功していない。(単にホームページにログインするだけのことなのだが、なぜか、ログインできないのだ。)

きっと、妻から、理解の悪い奴だと思われたに違いない。

(多分、その政治家も、自分にとって、当たり前のようなことが、他の人はわからなくて、もたもたしているようなことを、言った程度なのだ。女性は話は長いかもしれないが、その政治家に食事を作らせたら、もたもたして、ろくな料理が作れないのを、女性から、料理が下手と言われると大差ない話だと思う。)

 

 

人間は、歴史という概念がある。

現代の人から、江戸時代、縄文時代、古墳時代の人を見れば、文明の遅れた世界のように思われるかもしれないが、古代人が、ピラミッドや巨大古墳や巨大仏像を、道具らしい道具使わずに作ったとしたら、どんでもない精神力であったに違いない。

 

古事記の成立の頃、中国から仏教が伝わり、漢字も日本に伝わってくる。

漢字は、日本人にとっては、外国語であったにも関わらず、仏教の真髄を感じ取って、日本の基本的な思想にしてしまう力、感受性は、すごいものがあるのではないか?

 

日本の神話を、外国語の漢字を使って、記録しながら、日本の神話をダイナミックに、残せたという感受性は、とんでもない力ではないか。

 

石器時代や縄文時代に、黒曜石をお求めて、日本中に流通して、日本各地から出てくると言われている。

 

何を言いたいのかと思うかもしれないが、

 

古代の人間の能力は、もしかすると、とんでもない能力があったのでないか。(SF漫画の影響?)

 

人間は、心と体からできているという。体は見た通り、物理的に存在すると、心、精神となると、つかまえどころのないものにしか感じられない。

 

多分、古代人には、科学文明などがなかった分、人間の心、精神がもっと、リアリティがあったのではないか。なぜなら、人間の体と心、精神しかないような世界で、心、精神のリアリティこそが、人間の中心だったのではないか?

 

世界の宗教、キリスト教、仏教、イスラム教も、人間の心のから導きされる神 もしくは、その逆の神から導きされる人間の心のリアリティの実感ではなかったのか。

 

さて、ここから、現在の日本に戻ろう。

 

これからの日本をどうするのか、これからの世界をどうするのか、語る必要があるのはないか?

100年、1000年に渡り、人間の精神、日本や世界の基本となる 基盤となるものが必要である。

 

人権という言葉は、その言葉が、登場する以前には、登場せず、誰かが、言い出して、それが、現在では、人間に対する基本的な考えになった。

 

アメリカで、リンカーンたちが奴隷解放宣言をしたのは、1860年ごろで、日本は幕末の頃だ。それまで、黒人は、家畜のように売買された。

キング牧師の有名な演説は、1962年で、まだ、60年程度しか経っていない。

 

しかし、20世紀は、世界には2つの世界大戦に行い、そのほかにも、たくさんの戦争をしてきた。

 

21世紀なった今、さらなる大混乱の中になる。

 

選挙というシステムも、どうも、信用できそうもない状態であり、共産主義に打ち勝ったという資本主義も、行き詰まり、全体主義の中国が、一人勝ちの様相だ。

 

新しい時代の登場が必要ようだ。

そして、人々は、新しい時代を探し出さなければならない状況に追い込まれているようでもある。

 

それに気がつかないのは、もしかすると、日本の国会議員だけかもしれない。

 

何か、政治のあり方にも、ガイドライン、もしくは、目標、もしくは、役割をきちんと明記したらいいのではないか。

 

誰も、日本を、世界を、未来に導こうとしていない。

 

明治時代のような真剣さが足りない。

 

そうだ、新しい憲法を作る運動でも起こして、日本の未来を考え直すのもいいかもしれない。

その場合、国会議員の役目、役割を、明記した方が、いい。

 

今は、いつも、以前の世界と決別し、新し以後の世界に生み出そうとしている。