黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム


以前の世界と以後の世界


この技術は、改善、改革ですか?

いいえ! これは革命レボリューションです。


もう、前の世界に戻ることは不可能なのです。


このブログでは、革命前の世界と革命後の世界を追いかけているのです。




われわれは、電子書籍という古本を買わされている。
その上、新刊書と古本としての電子書籍の売上比較をされている。

電子書籍サイトが、今後、100万冊、500万冊、1000万冊規模になれば、古本業界は成り立たたなくなり、図書館も不要になる。
電子書籍サイトにあらゆる本があれば、図書館はいらない。絶版、売り切れが存在しない。無限の回数の販売が可能になる。

ここで問題になるのは、電子書籍が売れて儲かるところと儲からないところがある。

儲かるところ
アマゾン、Kinoppy などの電子書籍販売サイト
著者や出版社など

まったく利益を得ないところ
東販、日版などの流通大手
一般の書店

電子書籍の売上を伸ばしたいところと、伸ばしたくないところの戦いの場に、利用者が巻き込まれて、不便を強いられている。

これは、紙の本と、電子書籍との戦いなのである。






黒澤公人関連ホームページ
黒澤公人のドキュメンテーションシステ ムのあり方を考える

黒澤公人のポケモン日記 (ポケモン文芸、ポケモン社会学
黒澤公人のフォトブック
黒澤公人の写真日記
黒澤公人のFacebook


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。