黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

黒澤公人のドキュメンテーションシステムの100年(1960年-2060年)

一次情報ダイレクトアクセス時代のドキュメンテーションシステム

以前の世界と以後の世界
この技術は、改善、改革ですか?
いいえ! これは革命レボリューションです。
もう、前の世界に戻ることは不可能なのです。


このブログでは、革命前の世界と革命後の世界を追いかけているのです。


われわれは、電子書籍という数か月遅れの古本を買わされている。
 

その上、新刊書と古本としての電子書籍の売上比較をされている。
ーーーーーーーーーーーーーーー

電子書籍が売れれば、紙の本が爆発的に売れる

「不思議な売れ方」「桁違いのペースで紙の本も売れる」

詳細は、こちら

https://www.huffingtonpost.jp/2018/02/28/comic-days_a_23372877/




大学図書館の利用率を爆発的に上げる方法。


延滞料金制度の導入


図書館の本を共有財産としてみなすようになる。図書館の本を大事に利用するようになる、本を図書館に返却することを強く意識するようになる。


その結果、図書館の利用率が爆発的にあがる。


図書館システムの発達により、延滞料金徴収システムの導入はさほど難しいことではない。





黒澤公人関連ホームページ
黒澤公人のドキュメンテーションシステ ムのあり方を考える


黒澤公人のポケモン日記
(ポケモン文芸、ポケモン社会学
黒澤公人のフォトブック
黒澤公人の写真日記
黒澤公人のFacebook



--------------------------黒澤公人 定点観測 (2018年8月22日開始)
日本の小説家 100万人時代 


小説家になろうはオンライン小説、携帯小説を掲載している小説投稿サイトです。
小説掲載数590,120作品。登録者数1,332,284人。(2018/8/22 現在)
小説掲載数592,971作品。登録者数1,341,225人。(2018/9/3現在)
小説掲載数598,932作品。登録者数1,360,767人。(2018/10/1現在)
小説掲載数607,738作品。登録者数1,391,991人。(2018/11/8現在)
小説掲載数613,274作品。登録者数1,410,598人。(2018/12/3現在)
小説掲載数621,403作品。登録者数1,438,558人。(2019/1/5現在)


NEW !
テーマ:

某書店に目録、整備を依頼している。

すると、NIIのBook にない本は、NIIの番号がつけられないので、独自番号をつけた上で、データを送ってくる。

すると、それは、NIIに登録されずに、そのままになる。

 

10年もたつと、数万の規模になる。

しかも、よくみると、フランス語、ドイツ語だったりする。

 

もともと、NIIの目録は、簡便な目録を目指していたはずだ。

80文字24行 キャラクターディスプレイに収まるのが、目標だった。

たぶん、それに成功して、世界に稀にみる独自の目録システムが構築された。

 

で、簡便な目録をめざしていたのだから、業者さんのプロの目録担当者がつくったデータを、

NIIに登録してできない訳がない。

 

結局、図書館システム内に、NII 未登録になったデータをどうすべきであろうか?

 

どうするべきか、悩みながら、恐る恐る、新規登録をしてみる。

 

いままで、国際基督教大学図書館は、NII に、新規登録をしてこなかったのだが、

恐る恐る初めている。

 

図書館システムのデータをみながら考えているのだが、結構おおいのだ。

 

黒澤が退職するまでに、なんとかすることなどできるのだろうか?

うーん。

 

他にも漢籍もなんとかしようと格闘している。(漢籍は個別書誌にするんでしたね。)

 

というわけで、CiNii  ブックスで、国際基督教大学のコードを指定すると30万冊ほど検索する。

そこで、所蔵館の少ない順で並べ替えると、国際基督教大学図書館しか持っていない図書が

一番先頭に並ぶのだが、現在、数百件ほどある。本当は、その10倍ぐらいはありそうだが、

たいへんなこった。

 

図書館員心得

(1) 1万、2万の数ででびっくりしない。

(2) Execel で、100万件、200万件出してもびっくりしない。

(3) 経理の資産総額と図書館システムの資産額は一致させておくこと。(数十億、数百億でビビらない。)

(4) ポケモンでレベル40を目指すのと同じ道のり歩むのと同じように仕事をすることにめげない。(常にファイトを持つこと)

(5) 読めない言語に出会っても、オタオタしない。なんとかなるさと、いろいろ考えてみる。

    画像判別AI システムが登場するのを楽しみにまとう。

(6)机の上が、ごちゃごちゃでも気にしない。(テレビに出てくる有名大学教授の研究室は、みんなごちゃごちゃだ。綺麗に整理されている先生の研究室を見たことがない。)

(7)能力をひた隠しにし、ときどきしっかりこけること(能力をみせると、違う部署に引き抜かれたり、別の担当にさせられてしまうので、計画的に仕事を続けられるように、画策すること。)

(8)時々、ゴネて、困った人だと思わせて置くこと。(他部署の移動を防ぐ)

(9)頼まれた仕事は、つねに、予想される2倍以上の期間をもって引き受けること。(はやくできれば、優秀だとおもわれるし、2倍かかっても、予定通りと思われる。)

(10)自分のためのデータベースをつくること。記憶の手掛かりをたくさん用意しておくこと。

 

 


テーマ:

国際基督教大学は、3学期制大学なので、現在、3学期の真っ盛り。

3学期終了は、3月5日で、それまで、ばっちり、授業や試験がある。

 

さて、1月になると、3月卒業予定者を図書館システムで確定し、

卒業予定者の貸出状況、延滞料金状況を確認できるようにする。

チェックプログラムもあり、そのプログラムを動かすと、貸出中図書、延滞料金の有無などが、

一覧して表示される。

図書館システムから卒業予定者にむけて、卒業予定者向けの一括メールも送信できる

ように準備する。

3月までには、卒論の提出など課題もあるので、未提出者は、このリストから省いて

3月5日現在で、貸出中図書と延滞料金未払いがないように、監視して、必要に応じて

メール等で、問題がないようにする。

 

1月以降、授業などが少なってしまう大学は、もう少し、早めに対策が必要かもしれない。


テーマ:

スマホが、ポケモンに占領されて、なかなか、電子書籍を読む暇がない。

27000匹を捕まえて、スマホの中には、800匹近くのポケモンの精鋭部隊がいて、敵方のポケモンをやっつけに行きたいというのを

宥めすかしている感じかな。

 

で、久々に電子書籍でも読んでみようかなという気になって、アマゾンばかりでは、しょうがないので、kinoppy でトライ。

検索すると出てくるわ出てくるわ、ライトノベルとマンガの山。検索キーワードが、会社とモンスターだったのが、敗因だった。

ページめくりと必死におこなって、ようやく探しあてた、その本と購入しようとすると、なんだか、前にみた画面と違うので、

オロオロしながら、購入手続きへ、クレジットデータがだめということで、よくみると、有効期限切れなので、

電車の中なのに、お財布からクレジットカードを出して、データの更新を試みるが、失敗。

劉邦ではないかが、3回は試みたが、どうにも、更新ならず。パスワードの要求が10回以上発生して、断念。

というわけで、kinoppy からの購入を断念。(自宅で、パソコンでクレジットデータの更新をしたので、今度は、だいじょうぶだが。)

いつもの、アマゾンで、購入。ワンクリック。

 

というわけで、今日の通勤電車では、電子書籍読みふけって通勤。なんと、途中で、寝込んで、終点で起された。

と、いっても、終点が下車駅なので、問題はないのだが。そのひとつ前の駅まで、電子書籍を読んでいた記憶があるので、

一駅間の数分で寝込んでしまったらしい。

本を読むのが疲れる年齢になったらしい。

(いや、そうではないらしい。いままでは、いっしょに通勤する妻がいたので、起されていたのだが、妻が退職してしまったので、一人通勤に

なったので、起す役が駅員さんに変わっただけだった。)


テーマ:

古本募金ビジネスは、安泰のようですね。

 

 

せどりから古本屋で年商16億円!? amazonでよく見る「バリューブックス」の正体

 

 

 

アマゾンのバリューブックスのフィードバック数をみると 年間75万回

すると、売上数は、100万冊越えか。

 

アマゾンのフィードバック数

 

  30日間 90日間 12ヵ月 全期間
肯定的 99% 99% 99% 97%
普通 1% 1% 1% 2%
否定的 0% 0% 0% 1%
8,325 25,820 103,326 748,778

テーマ:

古本募金を運営するバリューブックスのホームページをみると

 

https://www.valuebooks.jp/

 

 

「おためし査定」を用意しました。

私たちのもとには、毎日約2万冊の本が届きます。
実はそのうちの約半数、1万冊の本を、
「オンラインでの販売がむずかしい」という理由で古紙回収に回しています。

古紙回収に回る本の数を減らしたい。

でも、これまでは「どんな本であれば買い取れるのか」を、
私たちはお客様にしっかりとお伝えすることができていませんでした。
そこで、「おためし査定」をご用意しました。その本がいくらぐらいで買い取れそうか、
目安となる金額をかんたんに確認いただけます。

------------

1日2万冊の本を集めているのか。

もう、とんでもない量の本ですね。

 

で、どこから送られてくるかというと

 

https://www.furuhon-bokin.jp/

 

金城学院大学古本募金「きふるん」が2018/12から開始されました。
東京聖徳学園「Seitoku古本募金」が2018/11から開始されました。
大妻学院古本募金が2018/10から開始されました。
駒澤大学古本募金が2018/10から開始されました。
佐久大学古本募金が2018/10から開始されました。

 

 

 

毎月毎月、すごいどんどん参加して、たいへんな量になっている。

これは、成功していると言えると思いますが、急激に拡大している感じもしますので、ちょっと、心配。

(倉庫代と人件費が心配だけど。大丈夫かな?)

 

 

 

 

 

 

 

 


テーマ:

世の中には、本を捨てることができない人たちがいる。

問題は、死んだ時に、本をあの世にもって行けないことである。

さて、どうする。

そこで、古本募金の登場だが、古本募金は、ゴミ箱でも、慈善団体でもない。

古本募金は、ビジネスとして、成り立つことを前提に活用すべきだが、

本とか、雑誌の名前がついたものをなんでも、押し込めようとする。

ビジネスとして、成り立つことが前提なんだけど。

 

残された本ほど、処分にこまるものはない。

 

電子ブックはその点いい。場所を取らないから。

 

古本募金は、ゴミ箱ではありません。

不要な本は、ちゃんと捨てる癖をつけましょう。

さもないと、たいへんなことになりますよ。


テーマ:

かつて図書の目録は、目録カードというカードに書かれていた。

その目録カードは基本白カードで、なにも書かれていなかった。それを、図書館員は、手書き、タイプライター、和文タイプライターなどというものを使って格闘してきた。

現在は、目録カードを使うことなく、コンピュータを利用して作成しているので、データ量には、制限がなくなった。

なので、最近は、著者名の数やコメントの数に制限がなくなった。

そして、NIIのデータベースには、日本中の大学図書館が所蔵する図書の目録データ、1140万件以上になっているので、全世界の図書のデータがありそうだが、やはり、マイナーな言語やフランス語、ドイツ語、イタリア語などになると、なかなか、国内に所蔵がないものも多い。

参照マークもあるので、そちらからデータをとってこれるものもあるが、来れないもの多い。

 

中国や韓国など、言語自体を変更してしまった国もあるので、それらの遡及もいろいろ難しい面もありそうな気がする。

戦争や国家の変化、文化の変化、文化の崩壊で、その国での本がないものも日本にはたくさん残っている可能性もあるようにおもうが、

それらを整備するのは、なかなか難しいに違いない。

 

マイナー言語の表紙をデジカメで撮影して、NIIの目録分析ソフトにおくると、自動的に目録データを作り出すというAIなどが、いつか登場するかもしれません。登場するといいな。

 

もし、それができるようになると、古本屋さんでも、活用されるかもしれない。

図書をいっても、いろんなパターンや年代、地域などいろいろな問題があるので、どれだけたくさんの画像を読み込みさせられるかが勝負だと思うが、実用化になるには、少なくても、数十万件という蓄積が必要だと思うが、その手間を行うのは、難しいだろう。

 

もしかすると、すでに、Google が、図書のデジタルスキャン済なのだから、そのデータを、うまく活用できると、いいかも。

 

なかなか難しいかな。

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス