週末は牛窓へ行って来ました。

 

昨日のブログはコチラ↓

 


「まだ1度も牛窓へ行ったことがないキースを牛窓に連れて行ってあげる」という名目で、実は宿泊したプチホテルラハイナさんの「牡蠣の食べ放題」を楽しみにしていたのです。



いつもは夕食が夜10時近くになる我が家ですが、ラハイナさんの夕食は午後6時。

どこかで昼食を取ろうにもなかなかお店が見つかりません。

やっと見つけたのが「道の駅一本松展望園」にあった「ブルーライン一本松」というレストランナイフとフォーク

入口に「祝開店 魔法のパスタ ブルーライン一本松店」と書かれたお花が置いてありました。


「石焼き生パスタ」が売りのようです。

 

 

 

 

パスタだけなのかと思ったらパスタ以外の普通のメニューもありました。(こちらは魔法のパスタとは関係ないようです)

 

折角なので私は「ささみと小松菜、甘酸っぱい柚子香るペパロンチーノ。トッピングにフレッシュトマト」と書かれた「柚子ペペ」をオーダーしてみました。



確認しなかった私が悪いのですが、1,480円でパスタのみです。

私が行く生パスタのお店では、パン、サラダ、ドリンクがついてもこのお値段以下です。

石焼きが珍しいのかもしれませんが、ウルトラ猫舌の私にはむしろ石焼きでないほうが有難く・・・(この日も舌を焼いてしまいました)



お味自体は悪くなかったですが、気になったのがお店の方達の話し声。

客は私達を含め6人。

厨房にいたのも6人。

がらんとしたお店の中で、厨房の話し声が大きくて驚いてしまいました。



道の駅だから仕方ないのかもしれませんが、食券制でセルフサービス。

 


セルフサービスでパスタのみで特に珍しい食材を使っているわけでもないので、パスタ1,480円は高いと思いました。

主人が選んだ「からあげ定食」のほうが美味しそう・・・



調べてみたら、滋賀県に「石焼き生パスタ専門店 魔法のパスタ」というお店があるようです。

こんなお店が道の駅のレストランの中にあることに違和感を感じました。

あくまでも私個人の感想ですキョロキョロ



 

1月最後の土曜日は、うっすらと雪が積もりました。

 

そんな極寒の昨日、岡山県の牛窓まで1泊旅行に行ってきました。

 

目的はペットと泊まる宿 ラハイナ さんに泊まって、「蒸し牡蠣の食べ放題」を食べること!

 

私達夫婦は牡蠣が大好きなのですが、市内にあった牡蠣食べ放題のお店が閉店してしまったので、ラハイナさんに行くことにしたんです。

 

たまたま「瀬戸内市宿泊応援キャンペーン」をやっていて、半額で宿泊することが出来ましたウインク

 

 

前回ラハイナさんにお邪魔したのは20年以上前なので、キースはラハイナ初体験。

 

 

晩御飯は「鴨鍋と蒸し牡蠣食べ放題セット」。

 

最初に鴨肉を頂いて、

 

鴨の出汁が出たところでお野菜を頂きます。

 

〆は雑炊かうどんを選べます。

 

小さな冷奴が運ばれて来ました。

 

冷奴を食べようとお醤油に手を伸ばしたら・・・

 

えっ?ポーンポーンポーンポーン

 

ビックリしました!

 

お醤油のビンがうちのキースではありませんか!

 

そういえばチェックインした時に、キースの写真を撮って下さいました。

 

勿体なくてお醤油のビンを開けられませんでした。

 

賞味期限まで2年以上あるので、もう少し目で楽しんでから開けることにします。

 

 

 

そして私達は蒸し牡蠣の食べ放題に突入。

 

お代わりすると毎回これくらいの牡蠣が出て来ます。(多分これが2人前)

 

多分ですがこの日の宿泊客の中で、一番牡蠣を食べたのは私達だったと思います。

 

〇〇皿食べて、私達も大満足!

 

 

ラハイナさんではワンちゃんも一緒に食堂に行けます。

 

チェックインの時にキースのために「ワンちゃんミートローフ」をお願いしていました。

 

このミートローフ、キースがメチャクチャ気に入ってしまいましたラブラブラブラブグリーンハーツ

 

キースの喜び方が凄いので朝食にミートローフをお願いできないかを聞いたところ、今言ってくれたら用意できますとのことだったので、朝食にもミートローフをお願いしました。

 

 

ラハイナさんではワンちゃん用のアメニティグッズも揃っています。

 

ドッグランにはウンチ用のポリ袋もあるし、オシッコにかけるお水もあります。

 

ドッグランは24時間利用出来るそうです。

 

急階段の上にあるドッグラン、キースは主人に抱っこして貰いましたが、帰りは坂道を見つけたので坂道から帰りました。

 

階段にしても坂道にしても夜中は辛いですが、フロントを通らなくていい出入口も24時間出入り自由。

 

キースは室内でトイレをしないので、朝5時に「オシッコしたい」と訴えて来た時は、この出入口から外へ出ました。

 

でもドアを開閉する音で、どこかのお部屋のワンちゃんが鳴いてしまいました・・・

 

 

 

朝食は洋食スタイルで、パンはコッペパンか白パンのどちらか1つは無料でお代わりできます。

 

キースは前夜に続いてミートローフ。

 

夕食の時はキースは隅っこで寝ていて誰にも気が付かれなかったのですが、今朝は通路側にいて皆さんに気が付いて貰えたので可愛がって頂きました。

 

私達夫婦もキースも大満足の1泊2日でした。

 

ラハイナさん、キースがミートローフを忘れられないと言うので、またお邪魔させて頂きますねニコニコ

 

 

 

 

ある日、会社の人が言いました。

 

お父さん「うちの犬、認知症になったわ」

 

16才のポメラニアンで、一晩中鳴き続けているそうです。

 

お父さん「うちの犬はてんかん持っているから、薬飲まされへん。夜中もずっと鳴いてるから、うちの奥さんが寝不足になってる」

 

 

私も同じ経験があります。

 

一番最初に飼ったマルチーズのペペちゃんが13才になった時、ヒンヒンと鳴くようになりました。

 

母は「年だから仕方ない」と言って病院にも連れて行きませんでしたが、今思えばどこか痛くて鳴いていたのではないかと思います。

 

父は「うるさくて眠れない」と言って、さっさと2階へ避難しました。

 

私と母が1日交替でぺぺと一緒に寝ることにしましたが、ぺぺは1~2ヶ月ほどして亡くなりました。

 

 

そのことを思い出したので、

 

お母さん「奥さん1人が面倒見ているから寝不足になるんでしょう。うちも同じ経験あるけど、家族が交代で面倒みてあげたら?」

 

お父さん「えっ、俺が? 無理、無理。絶対無理! 寝られないから安楽死させようかって話も出てるし」

 

安楽死?

 

驚きました。

 

そのポメラニアンが痛くて苦しんでいるとかならわかりますが、人間が寝不足になるから犬を安楽死させる?

 

私だったらうちのキースが一晩中鳴き続けても、絶対に安楽死なんて考えられません。

 

人間だったら認知症になったからと言って安楽死なんてしないのに、動物だったら安楽死させられてしまうのでしょうか?

 

 

それからその方にはお会いしていないので、その後どうなったのかは聞いていません。

 

そんなに親しくない方なのに、私が大の犬好きだと知っているから犬の話題を振ってきたのでしょうが、正直聞きたくなかったです。

 

そういえば私が野良猫のさきちゃん を病院に連れて行った時、獣医さんから「えらいですね」と言われたので、何がえらいのかと聞いたら、

 

「犬や猫が病気になると治療費がかかるから捨てる人が多いんですよ」って言われたことを思い出しました。

 

今、ペットブームのようですが、犬や猫達が年をとっても、病気になっても、最後まで傍にいてあげてほしいです。