龍を極める

龍を極める

木彫刻、仏画 制作

倶利伽羅龍画の制作

絹本にて彩色







こちらはとあるお祭り用ののぼり旗

厚手の絹布に墨にて






雨上がりのあとの夕日は特別きれいなように感じます。

龍の彫刻パネルの制作DVDを実演、監修させて頂き

龍の木彫パネルの彫り方DVD『龍 パネル』が木彫り広場より発売されました。

 


こちらのDVDでは
ヒノキ材で龍の頭をモチーフに、透かし彫りのパネルの彫り方を解説付きで実演しています。

道具の使い方から各過程の彫り方までわかりやすく解説、また手元をアップして撮影しており、実際に彫る様子も繰り返して見る事ができますので、初めて彫刻をされる方でも、ご自宅でお気軽に挑戦していただけるものとなっております。


https://youtu.be/HKKqSPqZ7sI 

龍パネルDVDダイジェスト龍は東洋において各地で信仰の対象となってきました。日本でも古くは中国からもたらされ神格化し社寺で祀られてきました。 架空の生き物ですが今日でも多くの人々に人気があります。 今回はその龍をモチーフに透かし彫りと言う伝統技法を使用してパネルを制作していきます。 本来透かし彫りの彫刻は欄間や唐狭間など大きなものに施され...リンクYouTube

 


字幕付きですので、耳の不自由な方でも取り組んで頂く事が可能です。


木彫り広場ホームページ【リンク】(株式会社平原堂)

 

または

 

Amazon【リンク】

からご購入頂けます。

 

ご興味のある方は是非ご覧になってみて下さい。




最後になりますが

DVDを制作させて頂きました師匠の 関先生、株式会社平原堂様に厚く御礼を申し上げます。


屋台欄間の粗彫り中です。



ケヤキ、厚み5寸。
欄間としては立体彫りに近い厚みがあります。
面を取り方を考えつつ掘り進めていきます。



















この度、師匠の関 侊雲先生と紺野 侊慶先生が監修された、六冊目となる仏像彫刻の教本が出版されました。

 

 

細部を美しく仕上げる仏像彫刻  表情・頭部・手・足

株式会社メイツ出版発行。監修:関 侊雲 紺野侊慶

各部位の表現力を高めるポイントを抽出し、写真と図解で分かりやすく解説されております。
Amazon、または全国の書店(店頭又は注文販売)にてお買い求めいただけますので、よろしければどうぞご覧下さい。
株式会社メイツ出版様に厚く御礼申し上げます。

 

「祈龍」

色々と描かせていただいております。

↑絹本に
掛け軸になります。


↑ケヤキ板に
木目と相まって面白い雰囲気です。


↑ケヤキ板に。
上とは違う板です。
お客様がご用意された黒檀の額、なかなか無い形です。
山桜に流水

浮き彫り(レリーフ)
サイズ:F3
材:カヤ










ご依頼を頂き
江戸時代後期の脇差、
流水に桜ただよう
刃文 「吉野川」に合わせて
山桜に流水のレリーフを制作致しました。









龍とたんぽぽ


お客様が4月の結婚記念日の記念にと
ご依頼くださいました。

材:カヤ
サイズ:F3号


龍とたんぽぽ
なかなかない組み合わせですが
たんぽぽのアスファルトを突き破る生命力と力強さ、
それに反してのほほん、とした顔。
好きな花のひとつです。



ケヤキにて制作中です。
もうすぐ桜の季節です。





↑↓カヤの材で制作しております。
想像以上に硬いです。







井波の雲の動きは美しいです。
春雷と山風の季節。
「十三佛」

ご依頼いただき
十三佛画を描かせて頂きました。














十三仏とは…

亡くなられた方を極楽浄土に導く13の仏を指します。


初七日から三十三回忌まで、それぞれの守護仏があります。



初七日         不動明王
二七日         釈迦如来
三七日         文殊菩薩
四七日         普賢菩薩
五七日         地蔵菩薩
六七日         弥勒菩薩
七七日         薬師如来
百カ日         観音菩薩
一周忌         勢至菩薩
三回忌         阿弥陀如来
七回忌         阿閃如来
十三回忌     大日如来
三十三回忌 虚空蔵菩薩

ご自宅での法要のため
ご依頼くださいました。







蝋梅を頂きました。
美しく、かぐわしく、おいしそうな匂いがします。



次の作品
カヤの木、堅いです。


図面制作