欧州視察研修の旅 その13

テーマ:

3月に行ったドイツ・オーストリア視察のレポートも、気付けばもう半年掛かっています。

 

意識高い系の住宅系建築雑誌「建築知識ビルダーズ」の最新号はなんと、フォアアールベルク特集が組まれています。

 

 

フェルトキルヒァー邸

 

フェルトキルヒァー邸

設計はククロヴィツク・ナハバウアーというフォアアールベルクの建築設計事務所。

施工は地元工務店施工。内装は木工会社のオーナーであり職人でもある施主自身によるもの。

 

今回の建築知識ビルダーズでも紹介されていました。

 

暖房方式は地中熱ヒートポンプ熱源の温水床暖房。

 

 

キッチンシンクや浴槽まで木製でした。

木工会社の経営者であり職人である施主のハンドメイド。

 

 

 

フェルトキルヒァー夫妻と今回のフォアアールベルク視察に参加した11人全員で記念撮影。

シャッターを押してくれたのはフォアアールベルク視察をコーディネートしてくれた環境ジャーナリストの滝川薫さんです。

 

名前は忘れましたがキツーい酒を頂きました。

何かしらのスピリッツに何かしらを漬け込んだ真っ赤な酒です。

 

西方先生にはやはり酒が似合います。