追善供養 | 吉祥院 ~茨城県石岡市で約900年続く真言密教の寺(お寺ブログ)~

吉祥院 ~茨城県石岡市で約900年続く真言密教の寺(お寺ブログ)~

茨城県石岡市にある真言宗豊山派の摩尼山吉祥院です。
ふるさと茨城路百八地蔵尊霊場第九十一番札所に指定されており、
開山約900年の歴史を持つ由緒ある寺です。
境内の四季折々の風情や仏教について、幅広い情報を発信するお寺のブログです。

追善供養の際には、死者の冥福を祈るために、

善事として法要などを行います。

 

一般には、十三仏に対応する七七日(四十九日)や

百ヵ日および一、三、七、十三、三十三回忌、

さらには命日やお彼岸に塔婆を建立し、

法要を行います。

 

それによって功徳を積み、死者の冥界(死後の世界)での

安穏を祈ります。

民間の信仰では、死者が先祖の魂へと昇華していく

ための通過儀礼でもあります。

 

十三仏とは、追善供養のために初七日から始まる

十三の仏事のそれぞれに割り当てられたほとけさまの

ことで、中国における十王思想から発展したといわれます。

 

ちなみに、初七日は、不動明王

七七日は、薬師如来

一周忌は、勢至菩薩

三回忌は、阿弥陀如来

七回忌は、阿閦如来

などとなっています。

 

十王とは、地獄において亡者の審判を行う、閻魔王などの

十人の王のことをいいます。

日本では、十王のそれぞれに本地仏として、

上に示したように、仏教の仏・菩薩が定められました。

 

本地とは、本来のあり方、本来の境地の意で、

本地垂迹の説では、衆生救済のために、

かりに現れる姿に対して、本来のほとけのあり方を

本地といいます。

 

このように、亡者を裁く厳しい冥界の王は、

本来は、仏教における悟りを得た如来などのほとけさまが

姿を変えて現れた存在なのだという信仰となったと

考えられます。

 

このようにして十三仏の信仰が成立しました。

法事などでは、その回忌に応じたほとけさまを

本尊として、そのほとけさまの力を借りて、

亡者の安穏を祈り、供養を行うのです。