今年度はコロナの影響もあり、思うような釣行にならなかった感があるんですが、集計してみるとそこそこ行ってましたねー。。(笑)
 
 El Dorado brook   1回
 Shangri-La brook  1回
 Bifrost brook    1回

 Nirvāṇa brook    3回

 Wāqwāq pond    4回
 
 犀川         2回
 潤井川        3回 
 
 中禅寺湖      2回
 芦ノ湖        3回
 
 Fishing Field 中津川 5回
 うらたんざわ渓流釣り場 2回
 

 【年度総計:27回】

 

 

 回数集計では、昨年比+6回!

 この状況下で回数が増えるとは、如何に???(笑)

 

 

遭難なく、今年も尺を大きく超えるネイティヴイワナに逢えたので、まずは満足ですかね。

あとは、本流系の釣りを始めてしまったこともあり、水難事故に気をつけなきゃです(笑)

 

なにはともあれ、次年度はコロナの心配なく釣行にいきたいものですね。。。

 

 

火曜日あたりにふと気づきまして、確認してみたくなったことをようやく試してみました。

 

EVOTEC CAST490で理想的な状態でキャストできた時、こんな感じのライン軌道とロッド荷重となります。

これを取り出すために、ではどういう動きなのか、ということなんですが。

 

少なくともバックストップ→シュートに急激な動きはそこまで必要ではない(ただし7Xを除く)。

 

つまり、7Xの反発の速さに対応するためには、急激な入力(力が必要なシュート動作)が必要となりますが、通常のロッドの反発力(もしかするとSage系のファストアクションは7X的な入力が必要かもですが。:次回要確認)で急激な入力をしてしまうと、荷重を与え切る前に入力時間が終了してしまうことにより、結果的には荷重未了状態でシュートが終わってしまうことになるようです。

 

ただ、そうなると絶対的な飛距離を求めるときには、相応のロッドに頼らざるを得なくなるわけで、ラインやキャスト方法でどうにかなるわけではなくなってきます。

 

ちなみにこのキャストメソッドでEVOTEC CAST490では15yd超、ガッツリ曲げに行った7X596だと20yd超が期待できるのですが、、、

 

 

 

ちなみに、ロングロッドになるほど急激な動きの弊害は如実に表れるようで、MicroSpeyでかなり慎重にキャストしても、御法度のVループになってしまうのですね。

(これでも20yd超出てはいるのですが)

 

なかなか奥深いものです。。。。

 

3,200kmオーバーまでMOTUL300Vを引っ張ってみましたが、何ら問題なく新東名120kmも走行できていました。本来、3,000kmオーバーで高負荷掛けるのは、ちょっと勇気が要るんですが。

 

 

そこでふたたび300V!(笑)

 

これで夏まではガンガンいけるぜ!!

今日はしっかり時間をとって、道場でEVOTEC CAST490と7X596を振り比べてみました。

 

↑EVOTEC CAST490

 

↑7X596

 

EVOTEC CASTのほうがバットまでガッチリ荷重を掛けられているのですが、9ftで#4だと15yd超えるのがせいぜいですかね。ヘッドがOH&Dヤマメだから、ってのもあるんですが。

 

いっぽうで、7Xのほうは、このくらいまで荷重を掛けられると20ydオーバーまでフライトしていきます。そこまで荷重を掛けられるのは、いまのところ打率3割程度ですが。。(笑)

荷重を掛けられる動きそのものは、ショートストロークのシュート動作なのですが、その荷重に見合うラインスピード≒丁寧なハーフサークルによるリーダータッチと、動作後半でのホール入力 それぞれが必要になってきます。

 

 

ちなみに、このあとWinston Micro Speyを試したのですが、油断したこともあって(?)、前回ほどのカッコイイ飛び方にはならなくなってました。やっぱり追い風参考だったのかなぁ???orz

 

 

 

 

今日は定例の6Pチーズスモークを作りに、いつもの道場とは違う河原へ。

 

子供に仕事@児童労働(笑)をさせて

早々に煙を焚いたらソッコーでキャス錬(爆)

 

。。。とはいえ、1時間チョイだけですが。

前回、TCX6119が想像以上にイイカンジに運用できたので、今日はWinston Micro Speyを持ち出してみました。適合ヘッド重量を考えると、これがちょうどLoopの#6(AFFTAの#7~#8相当:200gr)に適合しそうなので、7X696で練習に使用したラインを試してみました。

 

結果からすると、追い風参考ながらこれで20ydオーバーはポンポン出せてしまいます。

もう、シングルハンドであれだけ難儀してたのが一体何だったのかと。。。

以前、Rioのシングルスペイ200grではいまいち適合しなかった感があったのですが、少々短くなって荷重点が集中した(Rio:33ft→Loop:31ft)ことにより、これだけ投げやすさが変わるようです。

。。。むろん、この間のスキルの向上も大きいのですが。。。

 

 

やはりアンダーハンドのメソッドは、シングルハンドの難度があまりにも高く、逆説的には、その理論さえ掴んでしまえば(仮にシングルで出来なくとも)、ダブルでは比較的容易になる、と言えるでしょう。

また、キャストメソッドとしては、最小の動きで荷重を生じさせるため、フルパラボリックで比較的しなやかなロッドであるほど、「前に飛ばす」ことは容易になります。ただし、振れの増幅によるアキュラシーの低下や絶対的なパワー≒飛距離を求めるには、反発スピードを高めざるを得ず、ハイラインのCROSSシリーズや7Xのような設計になってしまうのかと。

つまり、アンダーハンドを習得または心地よく使うためには、ミドルラインのEVOTECのようなロッドこそが必要なんだと思います。

 

ま、練習すればガチムチの7Xでさえ手懐けることができ、それがまた楽しさなのではありますけども。。。