今年から改名してスタートらしいです@釣りフェスタin横浜

 

とりあえず九ちゃんに挨拶して。。。(笑)

 

さっそく本日のメインのFishmanブースへ。

 

本日の目的は、39Limitedを用いたピン打ちマスター!

つまり、数投ですが実物を試すことができるんですねー。

ただ、的が。。。

結構小さくて厳しいっス。。orz

5投のうちに、中央の的に当たると非売品のバッカンが、周辺の大的だとポーチが貰えるのですが、去年は枠外残念賞でした。

 

んで、実際振ってみると、短尺の割に思いのほかしなやかで、とても投げやすいものでした。

まぁ、これはFishman初採用のガングリップの扱いやすさも、かなり寄与していそうですが。

製品版はLimitedの名に恥じない、光沢のある素晴らしい仕上げがニクイです。。

ちなみに、西村さんに聞いたところでは、3pcでも藪漕ぎとかにはカバー等したほうが無難、と仰ってたので、ちょっと思案をしなきゃかもです。

 

んで、ピン打ちの結果は。。。

大的のみ1回あたっただけだったので、ポーチゲットまででした。

まぁ、昨年の残念賞ステッカーよりはずいぶんマシですが。。。

 

 

んで、もう一つの目当てのSMITHはルアー新作が楽しい感じ。

とうとうDシリーズに重心移動型が登場だそうです。

 

ただ、

厚さがどうにも嵩んでしまうので、今まで通りのDの動きがどこま期待できるかは、正直試してみないと、って感じでしょうか。

 

あと、

大美蝉のボディ内にシェルを仕込んだタイプとか、

 

ネイティヴトラウト用メタルバイブなんかは、結構面白いかも。。。

 

ちなみに、先に廃盤になったマジカルトラウトのテレスコシリーズは「Dagger Stream」シリーズとして、以前と変わらず50と55の設定で生まれ変わったそうです。

まぁ、アクションはマジカルトラウトとほとんど変わらない気がしましたが。。(ぇ

 

 

ちなみに、DUOでは、スピアヘッドの新作でジョイントタイプを出すそうです。

お話では、ヘビーシンクタイプでアクションさせたときの艶めかしさがスゴいらしいです。(笑)

ただ、まだ詰めの作業らしく、5月ごろには何とか発売したい、とのことですが、ちょっと今シーズンに間に合うか微妙かも。。流通の関係もありますので。。

 

 

 

あと、会場を回っていたら、福島のバッグメーカーのネルエピックというところが、面白そうなバッグを出してました。

バックパックの胸前に装着するタイプのバッグって、なかなか良いものが無いんですよねー。。

 

 

なお、今回の日釣振ブースは、創立50周年だそうで、釣りキチ三平の大規模な展示がありました(笑)

 

中国では、天才小釣手なんだそうです(笑)

。。。やっぱり「キチ」を訳すと差別用語になっちゃうんでしょうか。。。(ぇ

 

 

 

んでー

フライロッドのほうはというと、天竜のブースとshimanoのブースにあるだけで、あとは展示されている風がありませんでした。。。orz

 

まぁ、三平くんがフライロッド持ってたから良しとしますか。。。

 

 

過去のFly Fisherを自炊していたら、大昔の付録でこんなのを見つけてしまいました。

やっぱりAida≒ラブレスデザインはイカス!!

 

ラムユーティリティーは、ほぼ本科デザインのままですし。。

まぁ、今どきではまず入手できないグレードのサンバースタッグを割り引くと、シンプル過ぎる?かもですが(笑)

んでも、シースを考えると、革製よりはカイデックスなんだろーなー。奈良定さんみたいに。

 

うーん。。

Aidaのラムユーティリティーはキットがあったはずなので、それにカイデックスシースを自作するか??(ぇ

すげぇ時間掛かるのがアレすぎますが。。。

 

今日は なごみ さん主催のツキイチ練習会だったのですが、店長私物の7Xを振らせてもらえるってことで、参加してきました。

 

9ft6in #5と

 

13ft #7のダブル

 

トラウトフェスタでは、足場の関係上、変則的なキャストでしか確認ができなかったので。。

特にダブルでウェーディング環境ならどうか?と。

 

やっぱり9ft6inは文句なしに良いですねー。

オーダーしたのはクラウスフェバリット?の#6ですが、これなら#5でもよかったかも。(ぇ

 

で、ダブルのほうはさすがの飛距離です。

ダブルのアンダーハンドは詰めた練習は全くしていないですが、ちょいと投げで25~30ydは楽に出るようです。

値段がアレなので、振らなきゃよかった感がありますけど。。。(爆

 

 

んで、今日は画像撮ってチェックしてたのですが、ホールが小さ過ぎて、荷重が掛けられていないようだったので、それを大きめに心がけること。また、ハーフサークル終了直前のひと返り(バックストップ直前部分)に不足があり、ロッド荷重に転換できていないようなのでそれに注意する。

以上2点の注意で、驚くほどフライトしていきます!

 

。。。が、店長曰く、リストが閉じてロングストロークになっているそうで。。。

まだまだ先は長いです。。。orz

 

→実釣では、飛距離がある程度期待できればそれほど気にする必要ないですが、ショートストロークキャストのほうがナローループになるので、対候性からするとこちらが望ましいのは言うまでもないです。。

ただ、ストロークが短くなるほどホールのタイミングも短くなり、難度はさらに上がるんですよねー。

 

あと指摘されたのは、手首をシュート方向にかぶせる癖があるそうで。。。

このへんからショートストローク化するのはかなり難しそう。。。(笑)

 

 

 

ちなみに、お茶沸かしに中華風防を試してみたら、かなり具合良いです。

200ml程度の少量だったこと&微風で条件が良かったこともありますが、1分50秒程度で沸騰してました。

これなら解禁当初の中禅寺湖でもイケるかな???

 

 

リコプテラさんが記事にされていた「つめかえ君」の類似品をゲットしたので、さっそく充填してみました。

NET110gの旧赤缶ですが、2回ほど使用すると重量比で50%ほど減っていたので、ユニフレのプレミアムガス@イソブタン95%を使用。これでおおよそコスト1/2くらいかな?

夏場ならもっと廉価なノーマルブタンで無問題ですが、さすがに冬場はアレなので。。。

 

受け側を冷やせば、ホントに容易に充填できるんですねー。

 

あとは実際の使い具合がどうかな???

ま、問題起きないようにわざわざ高価いイソにしたんですが。。。

 

昨日からオーダー受付開始だったのですが、

@Fishmanの新作

 

同時予約受付の他3種は、まだオーダー可能なのですが、39Limitedは早々にオーダーストップのようですね。

 

いちおう昨年に引き続きオーダーはしてみたのですが。(ぇ

 

今度のフィッシングショーで現物触れるみたいなので、ぜひ試してみたいと思います。

あとは藪漕ぎ対策のカバーをどうするか。。。