どうも、竹下健人です。


お盆休み真っ只中。
暑い日が続いていますが皆さんいかがお過ごしでしょうか。


夏の風物詩の花火大会。
今年も結局行く機会はなさそうです。


淀川花火大会の日は
かすかにきこえてくる音だけ楽しんでました。


いや、それは楽しんだとは言えないか…


さて。
おとといですね。


大学時代の大切な友人の結婚式に参列してきました。


初めて招待状をもらってドキドキしていたのが数ヶ月前。
月日の流れは早いものですね。


以前、親族の結婚式にも行ったんですけど
今回は何だろう…緊張していた気がします。


数少ない友達の新たな門出。
おめでたい気持ちと、どこか少し寂しい気持ちが混在していました。


大学のとき
お芝居を始めて稽古だったり仕事だったりで
正直大学生活を上手く満喫できてはいませんでした。


サークルには入らなかったし
いわゆる飲み会とやらにも行くことはなかったし
キャンパス内でゆっくり過ごすことも少なかったんです。


でもそんな時
彼が、そばにいてくれました。


僕を友達として、
同級生として普通に接してくれました。
時に背中を押してくれました。


感謝してもしきれません。
ありがとう。


そんな大好きな友達が
かけがえのない大切な人と出会い
共に歩む道を選びました。


自分のことのように嬉しかった。


たくさん幸せになってね。
お嫁さんをたくさん幸せにしてあげてね。


乾杯の挨拶を任せてくれてありがとう。
ガッチガチだったなぁ…でも良い思い出です。


はなむけの言葉を
ちゃんと届けることができて良かった。


このたくさんもらった幸せを
明日の活力に変えて。


僕もお芝居で少しでも多くの人に
幸せをとどけられるようにがんばります。



改めて、結婚おめでとう。


それでは。

シャキッといこう。