どうも、竹下健人です。


Pickaroon!
大阪公演が終わりました。


7/5〜7/7、全6公演
たくさんのご来場ありがとうございました。


竹村さんが描くピカルーンの世界、楽しんでいただけましたでしょうか。


演じさせていただいている力石も
演じれば演じるほど愛着といいますか、大好きになっていきます。


公演中、観に来てくれた知人が


御姫と出会う前と後での力石の変化を指摘してくれたんですが気づいてくれたのが嬉しかったですね。


もっと作品のために尽くせる自信になりました。


そして私事ではございますが
7/7は、本当に特別な日になりました。


人生は何が起こるかわからない出来事の連続で
嬉しいことも哀しいことも


その積み重なりがその人の道になっていくんですね。


お芝居という世界に一歩踏み出さなければ
今の僕の人生はないわけです。


今まで進んできた道があるからこそ
出逢い、別れを繰り返して前へ歩み続けることができました。


舞台は、思い出づくりの為にやっているわけでも
自己満足のためにやっているわけでもありません。


ただ、ピカルーンは
死ぬまで僕の背中を押してくれる作品になりそうです。


大好きな言葉が散りばめられていて
その言葉に救われて来ました。


そんな作品に関わることができて幸せです。


僕自身がこのように作品からたくさんのものを感じたように


東京公演を観に来てくださる方にも
心て頭で全身で感じていただきたいのです。



届けられる歓びを
お芝居の楽しさを



残りの8公演にぶつけます。
宜しくお願いします。


さぁ、これから稽古へ。


それでは。

シャキッといこう。

今日も笑顔で。